夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS これって恋?

<<   作成日時 : 2007/10/28 20:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Sさんは、中央高速の某パーキングエリアの売店で働く、若くてとてもチャーミングな女性でした。僕は、こちらの方面にツーリングに来た際は、Sさん見たさに、必ずこのパーキングに立ち寄っていました。

画像

       当時のツーリングスタイル。このバイクは事故で廃車に。

1990年7月21日

この日、僕がパーキングエリアに着いたのは、夜9時をまわった頃でした。さっそく休憩所に足を踏み入れると、仕事明けらしいSさんが、私服に着替えて、同僚の女性と歓談しているところでした。私服の彼女を見るのは初めてだったので、なにか得したような気分です。

休憩所は閑散としていました。僕はいつものように、休憩所内をうろうろして、無料のお茶を飲んだり、Sさんの方を時々盗み見たりしていました。

僕が、休憩所の一番外寄りのすみを、自販機コーナーに向かって歩いていた時のことです。後ろからいきなり、誰かにドスンとぶつかられたんです。驚いて足をとめると、僕を追い越して、そそくさと足早に自販機コーナーの方に向かって歩いていく、Sさんの後ろ姿が目に入ったんです。

僕はあっけにとられて、しばらくのあいだ、遠ざかっていく彼女の姿を呆然とながめていました。頭の中は、???状態。休憩所の中はガラガラだったし、僕は一番はしっこの壁ぎわを歩いていたし・・・。状況からいって、誰かとぶつかるなんて考えられなかったからです。まったく、きつねにつままれたような思いでした。

しかし、そのような混乱もほんの一時的なものでした。突然、僕の心に、“喜び”がこみあげてきたのです。そして、その“喜び”は、胸の高鳴りへと変わっていきました。


 真夏の夜の夢!!

 
1991年8月9日

相模湖方面にツーリングに行った帰りのことでした。渋滞する国道を、すり抜けしながら走っていた僕は、コンビニの駐車場に入ろうとして、突然左折してきた乗用車と衝突。駐車場のコンクリートにたたきつけられ、全身打撲、左腕骨折の重傷(全治3ヵ月)を負ってしまいました。そして、以後11月末までオートバイに乗れなくなりました。


1991年12月1日

今日、某所へツーリングに行ってきました。これによって、8月9日の事故以来約4ヵ月ぶりにライダーとしての復活を果たしたのです。

その帰途、Sさんのいるパーキングエリアに立ち寄りました。ここを訪れるのも4ヵ月ぶりです。僕は休憩所の前に愛車を停めました。エンジンを切ってふと見ると、休憩所の大きな窓ガラスを、中側からこちら向きになって拭いているSさんの姿が目に入りました。ヘルメットを脱いだ瞬間、彼女と目が合いました。彼女の手が止まり、その目が大きく見開かれました。彼女はまるで時間が止まったかのように、そのまましばらく動こうとしませんでした。


今、パーキングエリアの売店にSさんはいません。ちょっと事情があって、しばらくのあいだツーリングに行けなかった時期があったのですが、その間にSさんは、いなくなってしまいました。寿退社でもしたのでしょうか?美しい彼女は、しょせん高値の花で、“単なる憧れの人”と、わりきっていたつもりなのですが・・・。このさびしさは、なんなんでしょう。やっぱり、これって恋?


 Sさん

画像

       1990年8月12日、石川パーキングエリア(上り)にて。

 UP

画像



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                       Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
これって恋? 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる