夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 湖さんのブログのこと

<<   作成日時 : 2007/11/25 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


 あるブログに魅了されました。

 それは、「湖のほとりから・・・」さんのブログ、「湖のほとりから・・・」です。

 そして思いました。

 このブログを見ることで、救われる人がいるのではないかと。

 そのブログにあるものは、慈愛にあふれた言葉(詩)と、

 風景や、いきものたちの姿。

 四季折々の自然は美しく、いきものたちのいとなみはけなげです。

 湖は輝き、

 木々は雄々しく(また、やさしく)、

 動物たちは、生命力にあふれています。

 みな、ごく普通のモチーフなのに、

 湖さんの手にかかると、

 まるで魔法にかかったかのように、

 新しい生命を吹き込まれる。

 樹木は、親切で面倒見のよいおじいさん、

 小鳥は、生命の讃歌を歌う天使たち。


         *   *   *

 
 一羽のすずめがいます。

 彼は頭に、霙の水滴をつけています。


 彼は元気です。

 初冬の寒さもなんのその、

 水滴のついた頭を動かして、

 あっちきょろきょろ、こっちきょろきょろ。


 彼は何も持っていません。

 お金も、地位も、名誉も。

 そんなものは、

 彼には必要ないのです。


 その日食べるだけのものがあれば、

 彼にはそれで十分なのです。


 あとは森の仲間たちと、

 歌ったり遊んだり。

 
 時には、

 恐い思いをすることもあります。

 大きな鳥に追いかけられたり、

 人間におどかされたり。

 
 そんな時は、 

 彼の胸もちょっぴりふるえるけれど、

 でも、すぐ元気になって、

 再び陽気に歌いだします。


 冬の寒さにも、

 夏の暑さにも、

 雨にも、雪にも、嵐にも、

 彼はへこたれません。


 どんな試練も、

 それが過ぎれば、

 いつものように、

 穏やかな日々がもどるのですから。


 こうして彼は、

 生きられる限り、

 たんたんと、迷うことなく、

 生きていくことでしょう。


 また、死すべき時がくれば、

 当然であるかのように、

 死んでいくでしょう。

 自然に抱かれ、何の恐れも、疑いもなく。


         *   *   *


 僕は、湖さんが撮影された、この“すずめ”の写真を見た時、なぜか救われたような気がしました。そして、“このすずめのように生き、このすずめのように死にたい”と思いました。

 また、前述のように、湖さんのブログは、僕だけでなく、多くの人の心を癒せるのではないかと、思うようになりました。

 そこで、湖さんのブログを紹介するタイトルを、書こうと思いたったのです。

 人生にいきづまった時、何かに追いつめられた時、やるせない時、湖さんのブログを開いてみてください。そして、そこにいる“すずめ”に問いかけてみてください。

 「どうすればいいの?」って。

 彼は答えるでしょう。

 「気にするなよ。

 一回きりの人生じゃないか。楽しくやろうよ。

 なるようになるさ」ってね。



 湖さんのブログをご覧になりたい方はこちら。
  湖さんのブログを見る



  *画像は、「冥府のオルフェウス」(Wikipediaより)



                                       Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね〜ほんとに写真や詩にかなり引かれますね(^^)不思議な魅力のあるものですよね…
私もつい見てしまう一員になりました!(^^)!
アレックス
2007/11/27 23:30
 アレックスさん、コメントありがとうございます。湖さんのブログの魅力は、このブログでは、半分も描けていません。それというのも、湖さんのコメント対応に触れていないからです。膨大な数のコメントに対し、すばやく、的確に、しかも、真心のこもった返事を書いていらっしゃる。とても人間わざとは思えません。湖さんのブログの、中毒になりそうです。お互い、湖さんのブログに、ドンドンコメント書いちゃいましょう。!(^^)!〜♪
旅人
2007/11/28 00:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
湖さんのブログのこと 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる