夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 親孝行しなきゃね(S)

<<   作成日時 : 2007/11/05 00:07   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 メガネって涙でくもるんですね。

画像

       僕がおふくろにプレゼントしたダイヤモンドの指輪です。

 ん10年も前の話で恐縮なんですけど、

 当時、僕は入社したばかりの会社員でした。

 冬のボーナスで、両親にプレゼントをしようと思って、

 おやじには、皮のコートを、おふくろには、ダイヤの指輪を買ったんです。

 といっても、就職したての若造のことですから、そんなに高価なものは買えません。

 まあ、経済力にみあった、それなりのものを買いました。

 実はおふくろは、宝石類が好きなんです。だけど、僕たちこどもには、いろいろ買ってくれましたが、自分のものはめったに買おうとしない人でした。ましてや、宝石など高価なものはなおさらです。

 それを知っていた僕は、一生涯の親孝行のつもりで、おふくろに宝石をプレゼントしようと思ったんです。


 ある日、会社から帰った僕は、おふくろにケースに入ったそれを渡しました。

 おふくろは、受けとったケースを開いてから、あわててメガネをかけ、それを見つめ始めました。手はかすかにふるえていました。

 その時なんです。おふくろがメガネをかけて指輪を見た瞬間、おふくろのメガネが、みるみるうちにくもってきちゃったんです。僕はびっくりしました。湯気でくもるのは知ってたけど、涙でくもるなんて。

 この話はこれでおしまいなんですけど、僕が孝行息子だったかというと、残念ながらそうじゃないんです。

 僕はオートバイに乗ってたんですが、その頃、僕には、不思議に思うことが一つありました。

 僕が帰宅して、車庫でオートバイに施錠とかしていると、必ずおふくろが玄関から出て来るんです。そして、僕の姿が見えるところまで歩いて来るんです。

 その当時は、何のためにそんなことをするのか、僕には理解できませんでした。

 それから十数年。最近、ようやくその意味がわかってきました。

 要するに、心配してたんですね。

 当時、おふくろは、僕がオートバイに乗ることについて何も言わなかったので、心配してるなんて夢にも思わなかったんです。

 きっと、エンジン音は聞こえるけど、本当に僕が無事に帰ってきたのか、姿を見るまでは不安だったのでしょう。

 今考えると、つくづく親不孝してたんだなって思います。


 現在、おふくろは高齢で、だいぶ身体が弱ってきました。昔、オートバイであちこち走り回っていた僕は、今、おふくろの車椅子を押して、病院中を走り回ってます。

 かつての罪滅ぼしです。

 これからも、親孝行しなきゃね。

画像

         元気な頃のおふくろです。



 関連するブログ“ダイヤモンド”をご覧になりたい方はこちら。
  “ダイヤモンド”を見る



                                      Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
良い話ですね。私も病気や入院で、お袋には心配ばっかで(T_T)未だに何の親孝行もしてあげれません。ほんとに親孝行しなきゃね〜です(^^)
アレックス
2007/11/06 09:57
アレックスさん、ありがとうございます。アレックスさんのご両親は、きっと、まだ若くてお元気なのでしょうね。年月がたてば、きっと親孝行のチャンスもおとずれると思います。今は、奥さんや、子供さんたちに孝行されたり、温泉や、プラモデルなど、ご自分の好きなことに励んでみてはいかがでしょうか。でも、これらはみな、アレックスさんのブログを読むかぎり、十分されてるみたいですね。これからも、ご両親と、ご家族を大事にされて、明るく楽しいファミリーライフをすごされんことを。
旅人
2007/11/07 00:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
親孝行しなきゃね(S) 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる