夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝霧高原ツーリング

<<   作成日時 : 2008/06/14 17:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 梅雨。ライダーにはゆうつな季節。雨はライダーにとって、決してありがたいものじゃない。だけど、ちょっとしたアイテムが、雨中の走行を楽しいものにしてくれることもあるんだ。


 1996年8月1日

 僕は富士五湖、朝霧高原方面へのツーリングに出かけた。

 一度いいと思うと、何度でも繰り返し行きたくなるたちの僕は、

 ここへはもう何度も足を運んでいる。

画像

         中央高速談合坂S.A(下り)にて。愛車も一休み。

画像

    河口湖付近にて。針葉樹の森が高原の雰囲気を演出しているかのよう。

画像

         朝霧高原にて。オートバイには草原がよく似合う。

 お昼頃、朝霧高原にある“もちや”のパーキングに到着した。

 まずは、“もちや二輪車会館”を訪問。

 ここを訪れるのは、言わば恒例行事のようになっている。

 しかし、実際に何回来ても楽しいのだ。

画像

         もちや二輪車会館の正面入口付近。

画像

         もちや二輪車会館の内部。雑然としたところがいい。

画像

         もちや二輪車会館の内部。その2。

 この二輪車会館というのは、いわばオートバイの博物館のようなところ。

 第二次世界大戦で使用された、ドイツ軍の側車付きオートバイや、

 かつての日本を代表する名車「陸王」など、

 時代を超えてライダーたちに愛され続けた、

 内外を代表する名車・旧車がズラリと顔をそろえる。

 オートバイ好きにはたまらない必見の場所だ。


 しかし、そんな貴重なオートバイたちも、

 ここでは、きわめて雑然と、

 まるで駅前の放置自転車のように、ところせましと並べられている。

 モーターショーなどで見るような、

 シャレた、あかぬけした展示のしかたとは、だいぶおもむきが違う。

 だが、そういう自然で、かざらないところが、

 ラフ&ワイルドなところが、

 何となく親しみがもてて、僕は好きなんだ。\(^^)/


 ひととおり見終えると、外に出て、

 朝霧高原の、広々とした草原の中を歩き始めた。


 しばらく歩いて、サーカスのテントのようなカラフルな建物のそばにさしかかったところ、

 近くにいた二人の若者に声をかけられた。

 “お兄さん、パラやりませんかあ。”

 パラとは、パラグライダーのことだ。

 このあたりには、パラグライダーの練習場が多くて、

 遠くの丘の頂上付近には、

 まるでヤブ蚊のように、パラグライダーが群れをなして飛んでいた。

 あいにく僕は高所恐怖症だし、

 そんなもの習ってるひまも(金も)ないので、

 お断りした。


 その時になって初めて、僕は自分がパラグライダーの練習場に入り込んでいることに気づいた。

 あらためてまわりを見回すと、先ほどのサーカスのテントみたいなド派手な建物に、

 “ソフトクリーム”の文字を見つけた。

 「よし、食べてみよう。」

 僕はその建物の方に向かって歩いて行った。

画像

         パラグライダーの練習場。

画像

         サーカスのテントみたいなド派手な建物。

 そもそも、今回の富士五湖、朝霧高原ツーリングの目的は、

 アイスクリームを食べることだったのだ。

 というのも、以前にブログにも書いたが、

 僕は「ジョニーの夏」というテレビ朝日で放送されたドラマが大好きだ。

 そのドラマに、主演のジョニーこと俳優の地井武男さんが、パラグライダーの練習場でアイスクリームを食べるシーンが出てくる。

 そのアイスクリーム(クレープみたいな形をしたやつ)が実にうまそうだったのだ。

 それを見て以来、僕はいつかそのアイスクリームを食べてみたいと思うようになった。

画像

        ドラマでアイスクリームを食べるシーン。

 ドラマの設定では、そのパラグライダーの練習場は清里にあることになっていたが、

 清里でパラグライダーを見たことはない。

 周囲の景色から推察して、

 おそらく朝霧高原に間違いないだろう。

 僕は決心した。

 “朝霧高原にそのアイスクリームを食べに行くぞ!”

 てなわけで、今回の“アイスクリーム食べたいツーリング”とあいなったわけだ。


 しかし、残念ながら、そのサーカスのテントには、ソフトクリームしかなくアイスクリームは置いてなかった。

 しかたなく、僕は何種類かのソフトクリームのうちから、地名にちなんだ“あさぎり”というソフトクリームを選んで注文した。

 だが、ひと口食べると、そのソフトクリームのうまいのなんの!

 ものすごくクリーミーで、ミルクとバニラの濃厚な味がした。

 まあ、考えてみれば、

 朝霧高原には牧場がたくさんあって、

 新鮮なしぼり立ての牛乳がいつでも手に入るので、

 それも当然のことなのかもしれない。

 とにかく都会では味わえないような超ワイルドな味に、

 すっかり感動してしまった。

 *この当時は、まだブログを書くなんて思ってもみなかったので、そんなにたくさんの写真を撮っていない。そのため、かんじんなソフトクリームの画像などがお見せできない。ごめん。

 例の、“クレープ形アイス”は、残念ながら食べられなかったけど・・・

 ・・・まあ、いいや。

 あれは撮影のために、よそから持ってきたものかもしれないし。

 今度来た時、またさがしてみよう。


 帰途、本栖湖付近を走行中、

 雨が降ってきた。

 そこで、さっそく買ったばかりで、まだ一度も使用していない“雨用グローブ”をはめてみた。

 これがすこぶる具合がいい。

 手によくフィットするし、ハンドルやレバーを握ってもまったくすべらない。

 おかげで雨中の走行が楽しくなった。


 これなら雨なんかいくら降ってもへっちゃら。

 おお、いとしのマイグローブよ!

 おまえは何ていいヤツなんだ〜 (^▽^)♪

 浮かれ気分で走るうちに、

 中央高速の河口湖インターに到着。

画像

         すぐれものの雨用グローブ。

画像

 ちなみに、雨が降っていない時にはこんなグローブをはめている。ごらんのとおり大穴が空いている。この、穴の空いている部分に、ガムテープを貼って手に装着しているのだ。“マルビライダー旅人”の衝撃的映像なり!

 しかし、その時にはすでに雨はやんで日が射してきた。

 う〜む、山の天気は変わりやすい。

 せっかく身にまとったカッパやグローブだけど、

 また脱がなければ。

 僕はインターの端の方にオートバイを寄せて、

 カッパとグローブを脱ぎ、ていねいにたたんで、

 タンデムシートにくくりつけた防水バッグに収納した。


 雨が降るのもよし、晴れるのもよし。

 どっちにしても、ツーリングって楽しい!

 さあ、おふくろの待つわが家に帰ろう。(^^)v

画像

         途中立ち寄った藤野P.Aで見かけたネムの花。 

画像

 ツーリングって楽しい!(この写真は、1994年に撮影されたもので、本ブログの内容とは直接関係ありません。)



 もちやパーキングのHPをご覧になりたい方はこちら。
   もちやパーキングのHPを見る
 同じ場所を舞台にしたブログ“ピースサイン”をご覧になりたい方はこちら。
   “ピースサイン”を見る
 破れグローブに関する記述のある、僕のブログ“大垂水峠、ある男の思い”をご覧になりたい方はこちら。
   “大垂水峠、ある男の思い”を見る  
 僕のブログ、“「ジョニーの夏」をご存じですか?”をご覧になりたい方はこちら。
   “「ジョニーの夏」をご存じですか?”を見る



                                      Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ん〜ソフトクリームの話が出たのに画像がない〜(((o(>_<)o)))

グローブよりソフトクリームが大事なhanaでした
hana
2008/06/16 22:53
 hanaさん、ごめ〜ん。m(_ _)m
 確かに、ソフトクリームの替わりに、ゴミ箱行きみたいな汚らしいグローブの写真があったんじゃねえ。(^^;)
 hanaさんのブログで、いつもおいしそうなものいっぱい見せてもらってるのに・・・。
 旅人大いに反省しとりますです、ハイ。
旅人
2008/06/17 17:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朝霧高原ツーリング 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる