夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 1985年!旅人グラフィティー

<<   作成日時 : 2008/08/29 12:24   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 このところ気分がどん底状態で、このままでは衰弱死も時間の問題なので、その前に自分の人生で一番楽しかった年のことを回想し、多少なりとも元気を引き出そうと、こんなブログを書いてみました。

 この1985年という年は、僕のライダー人生がスタートした年であるとともに、年間を通じて、足の向くまま気の向くままに、いろいろなところにツーリングに行き、オートバイからたくさんの感動をもらった年でした。
 とにかく、ツーリングに夢中でした。あっ、この“夢中”って言葉いい言葉ですね。なんかハッピーな感じで。

 また、この年は母(2008年8月3日他界)がとっても元気でした。前年の過酷な父の看病から解放され、僕のために、はりきってごはんのおかずを何種類もつくってくれました。

 1985年、それは僕にとって驚異の年であり、これまでの人生の中で最高の年でした。

 ○写真が小さくてごめんなさい。よかったら、写真の上でクリックして拡大して見てください。1回クリックしたあと、もう一度クリックすると特大写真になります。

            *        *        *

 前年の9月に、二輪の中型免許を取得した僕ですが、

 父が亡くなったり、仕事が忙しくなったりで、

 その年はほとんどオートバイに乗れませんでした。

 明けて、1985年3月10日、

 “湘南の海にオートバイで行きたい!”という、かねてからの念願をかなえるべく、

 江の島への初ツーリングを実施しました。

 その日の早朝、

 僕は下の写真のようないでたちで自宅前を出発しました。

 しかし、その時になって初めて気づいたのです。

 “3月の朝は寒い”ということに。

 ろくな防寒対策もせずに走る僕の身体の中を、

 寒風は容赦なく吹き抜けていきました。

 途中、何度引き返そうと思ったことか。

 目的地の江の島に着いた時は、半分凍死してました。

 ○詳しくは、ブログ“初ツーリングは、極寒!”をご覧ください。
    “初ツーリングは、極寒!”を見る

画像

 生まれて初めて買ったオートバイ、ホンダCBX250RSと。初ツーリングには、このかっこうで行きました。

画像

 空は曇り空でも、心の中は着ているジャケットのように青空でした。うれしそうな顔してるでしょ。

            *        *        *

 4月になると気温も高くなり、

 僕は毎週のように湘南の海に通うようになりました。

 砂浜に腰をおろして、

 近くのコンビニで買ってきたおにぎりをほおばりながら、

 一日中海をながめたり、

 風にのって水面を走る、

 カラフルなウインドサーフィンのセイルで目を楽しませたり・・・。

 それだけで満足していました。

 ピュアでしたね。

画像

        江の島の公園にて。

画像

        藤が満開でした。(江の島の公園にて)

画像

        つつじも花盛り。(江の島の公園にて)

画像

             鎌倉由比ガ浜にて。カッコつけてます。

画像

     ウインドサーフィンのセイルがカラフルできれい。(鎌倉由比ガ浜にて)

            *        *        *

 7月6日に、平塚の七夕に行ってきました。

 神奈川県の平塚市で毎年行われるこの七夕祭りは、

 関東地方ではけっこう有名で、

 祭りの時期になると、NHKの全国ネットのニュースなどでもよくとりあげられます。

 平塚の七夕飾りは、仙台のそれと違って、

 プラスチックやビニールを原料として作られた人形、ミニチュアの小道具などが飾られ、

 派手で豪華なのが特徴です。

 しかし、僕が一番気に入ったのは、

 近隣の幼稚園児たちが、幼い字で願い事を短冊につづり、

 本物の竹につるした、

 ごくオーソドックスな竹飾りでした。

 帰りは小田原まで行って、小田原城などを見てまわりました。

画像

             平塚の七夕を見物。

画像

        カラフルで豪華な七夕飾り。

画像

        幼稚園児の素朴な竹飾り。これが一番。

画像

             小田原城にて。逆光でよくわからん。

            *        *        *

 7月7日には、前年亡くなった父との思い出の場所、

 静岡県沼津市の千本浜公園にツーリングに行きました。

 この時が、僕の“高速道路デビュー”だったのですが、

 雨の降る中、東名高速を時速130キロくらいで走りました。

 ちょっと、コワかったです。

 海岸は以前のイメージと違って、ゴミが多くてあまりきれいじゃありませんでした。

 残念です。

 今回、雨の高速を走ったことで、一つの教訓を得ました。

 それは、カッパは安物を買ってはダメだということです。

 安物は縫い方が雑なので、

 縫い目から雨がしみ通ってきちゃうんです。

 ちなみに、のちに縫い目の裏側がゴムでコーティングされている、

 少し値の張るものを買ったら、

 ぜんぜん雨がしみてこなくてとても快適でした。

画像

    千本浜公園にて。安物のカッパは、縫い目から雨がしみ込んできました。

            *        *        *

 7月下旬には、

 静岡県の三保の松原や、

 静波海岸にツーリングに行ってきました。

 東名高速の御殿場インターから清水インターまでの各インター間は距離が長く、

 精神的にも肉体的にもしんどかったです。 

 三保の海は、瀬戸内海のような浅緑色をしていて波もほとんどなく、

 少し靄のかかった晴れた空のもと、

 “ひねもすのたり”という言葉がぴったりあてはまるようなのどかな光景でした。

 羽衣の松などを見物したのち、

 一泊するつもりで近くの旅館に予約の電話を入れてみました。

 しかし、どの旅館も、こちらが一人だとわかると、

 みな一様に部屋が空いていないなどと言って断ってきました。

 結局、どこにも受け入れてもらえず、日帰りすることにしました。

 がっかりしながら、オートバイをとめていた場所まで戻ってくると、

 茨城県から一人で自転車で来たという、20代とおぼしき男性に話かけられました。

 彼は京都まで行くと言っていました。

 お互いのカメラのシャッターを押して写真を撮り合ったあと、

 僕がやむなく日帰りせざるを得なくなったいきさつを話すと、

 彼は「どうしてなんでしょうねえ?」と言って、同情してくれました。

 その後、ここまで来て、このまま帰るのもばからしいと思い、

 静岡市のビジネスホテルに宿泊することにしました。

 そして、時間がまだ十分にあったので、

 そこからさらに登呂遺跡や静波海岸に行くことにしました。

画像

        僕のうしろに見えるのが、羽衣の松です。

画像

        茨城県からきた男性に撮ってもらった写真。

画像

              気分は弥生人?(登呂遺跡にて)

画像

 静波海岸にて。関東の海水浴場では、家族づれや幼い子供たちの姿が目立つのですが、ここは若者ばかりでビックリ。

            *        *        *

 7〜8月は、毎週のように湘南の海に行ってました。

 別に泳ぐわけではないのですが、

 ギラギラと光る太陽のもと、

 遠くかすむ水平線や、

 白く輝く波、

 周囲の人たちのうれしそうな様子などをながめながら、

 夏の海のふんいきを、のんびりと楽しんでいました。

画像

     ビーサンはいて・・・、ただの、あんちゃんですね。(鎌倉由比ガ浜にて)

            *        *        *

 9月下旬には、名古屋までツーリングに行きました。

 このツーリングで、東名高速の浜松付近を走っていた時、

 なんと、スピード違反でつかまってしまいました。

 たった100キロしか出していなかったのにです!

 20キロオーバーだそうです。

 あと5キロオーバーしてたら、一発免停だったと言われました。

 なんか、納得いかん。

 ついてないなあ。

 ○詳しくは、ブログ“ズッコケ名古屋ツーリング”をご覧ください。
    “ズッコケ名古屋ツーリング”を見る

画像

        名古屋城にて。

            *        *        *

 10月には体育の日の連休を利用して、

 東京から京都までの片道約500キロのツーリングを敢行しました。

 500キロは、さすがにきつかったです。

 このツーリングで特に印象に残ったのは、

 宇治平等院の鳳凰堂でした。

 殿上にあがり、ゴロリと横になると、

 庭の池の方から、涼風(すずかぜ)が吹いてきて、

 なんともいえないような、清々(すがすが)しい気持ちになりました。

 まさに、極楽にいるような気分でした。(^^)v

 ○詳しくは、ブログ“京都ツーリング”をご覧ください。
    “京都ツーリング”を見る

画像

        宇治平等院鳳凰堂前にて。

画像

        鳳凰堂前の美しい庭園。ここから涼風が・・・。

画像

 身も心もリフレッシュ。スッキリとした顔になって?出てまいりました。CBXよ、次はどこ行こうか?(宇治平等院南門前にて)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
行動力は心のエネルギーが起こす力だと思います。
心にエネルギーを貯めて下さい(^^)
待ってますよ〜(^^)
走りましょう!!
いつか語り合いましょう♪お待ちしてます(^^)
アレックス
2008/08/30 15:04
 アレックスさん、ようこそ旅人ワールドへ。

 そう、これが僕の世界なんです。夢と冒険とロマンの。

 今、少しづつ気持ちがオートバイの方に傾いてきています。“買うとしたら、どんな車種がいいかな〜、やっぱりスズキかな〜”なんて考えてます。

 昔(数年前だけど)のように走れるかわからないけど、また、ツーリングから帰ってきても待っててくれる人がいないのはさびしいけど、とにかく自分らしく生きるために、一歩を踏み出そうと思っています。
旅人
2008/08/30 15:42
良いですね〜応援しますよ(^^)私のポリシーとして…『体の老いは認めよう…でも心の輝きはあの頃のままに…』昔みたいに乗れるかよりも今の自分がどう走りたいか?が大切だと思います(^^)私も遅いですが、気分はビュンビュンです(^^;お待ちしてます(^^)
アレックス
2008/08/30 17:56
 アレックスさん、ありがとうございます。

 僕がオートバイを降りてから、まだ数年が経過しているだけなのですが、数年のブランクとはいっても、やはり若い時のそれとは違うと思うのです。
 正直言って、不安は大ありだったのですが、今回アレックスさんからコメントをいただいて、なんとなく勇気が湧いてきました。

 ライダー復活の夢、実現させたいです。
旅人
2008/08/30 18:48
コンニチハ!
貴重な『青春グラフィティー』をありがとうございます。
湘南、鎌倉、江ノ島、京都、小田原、三保の松原・・どの写真も、私にとっても一度は行ったことのある懐かしい場所ばかり、楽しく拝見しました。
いよいよライダー復活ですか?
今の時期、どうしてもオチコミ勝ちになってしまうと思うので、是非是非好きなツーリングを再開することをおススメします。
年齢なんか関係ありません。きっと当時の気分が甦ってきますよ。
夢見る引きこもり☆
2008/09/01 15:48
 夢見る引きこもり☆さん、ご訪問いただいてとってもうれしいです。

 未来も、現在もなく過去ばかりの僕のブログ。書くたびに、“訪問してくださる方々に申しわけない”って思ってるんです。
 しかし、今の僕には思い出しかないもんですから・・・。
 早く、今の自分自身をモチーフにした、もうちょっとコメントしやすい、“生きたブログ”が、書けるようになればと思います。

 夢見る☆さんも、いろいろなところに行かれたようですね。そのような、夢見る☆さんのたどってこられた人生、さまざまな冒険談やロマンチックなお話も、おうかがいしたいような気がします。

 最後にライダー復活ですが・・・したいですね。
旅人
2008/09/01 16:36
こんばんは☆
旅人さんの“生きたブログ”を楽しみにしています。
となこ
2008/09/01 22:31
 となこさん、ご訪問いただき光栄です。

 “生きたブログ”、書きたいですね。

 しかし、生きたブログを書くためには、自分自身が生きてないとダメなんですよね。

 恥も外聞もなく(最初からそんなものないブログですが)言うと、その点に関してはあまり自信ないです。一応呼吸もしているし、ちゃんと三度三度食事もとってはいるのですが・・・。

 今は、頭の中をいろいろな思いがグルグルめぐって、それがすべて空回りしている感じです。どうしたらいいのか見当もつきません。

 こうなったら、考えてもしかたないのかもしれませんね。なんでもいいから、行動するしかないのかもしれません。当たってくだけろって感じで。なんせ僕には、もうコワイものなんてないですから。

 こんな返信ですいません。となこさんは、気持ちの整理がおつきになりましたでしょうか?
旅人
2008/09/01 23:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
1985年!旅人グラフィティー 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる