夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS コケたおかげで命拾い(前編)

<<   作成日時 : 2008/11/04 02:55   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 コケたことで、重大な事実が明らかに。おかげで命拾いしたというお話です。前編は、Ninjaツーリング波乱のスタート&高速デビューの巻。


 2008年11月3日、

 僕は前日から、この日、大垂水峠(おおだるみとうげ)に行くことに決めていた。

 午前中、洗面所で髪をとかそうとして、

 くしを持った腕を上げたところ、

 左の首筋の筋肉に強い痛みが。

 以後、左の首筋が痛んで、左側を向くことができなくなった。

 “出かける前の大事な時に、いやだな”と思いながらも着々と準備をすすめる。

 万端整って、いざ出発と玄関のガラス戸を開けようとしたところ、

 今度は、このガラス戸がビクとも動かない。

 まるで僕に、“行くな”と言っているかのようだ。

 この戸は日頃から具合が悪く、

 今までにも、たびたびこのようなことが起こっていたのだが、

 今日は、ほんの数分前まで、

 何度も開け閉めしていて、何も問題はなかったのだ。

 チッ、こんな時に限って・・・・・

 僕は、何となく不吉なものを感じながらも、

 いったん出かけると決意したからには、

 出かけないわけにはいかないと思い、

 懸命になって、開かずのガラス戸と格闘した。


 さんざん苦労したあげく、

 やっとのことで戸を開けると、

 すでに、車庫から自宅前の道路に出してあったNinjaにまたがった。

 いざ出発!

 一路、大垂水へ!


 道路は比較的すいていた。

 国道20号に出て、調布インターから中央高速に入る。

 料金所で500円(高い!以前は400円だった)を払い、

 Ninjaでの高速初体験へ。

 それにしても、料金所でライダーたちが、

 みな一様に、料金の支払いにもたついていた。

 ハイウエイカードがなくなってたいへんだと思うが、

 僕なんかハイカのない頃から、

 料金所でもたついたことなどなかった。

 プライド高いかんね。(^^)v


 高速もすいていた。

 慣らし運転中なので、時速80キロ、6000回転をキープしながら走る。

 あとからくる車に、次々と追い越されるが、

 気にしない、気にしない。

 しかし、左の首筋の筋肉がメッチャ痛い。

 まったく左に向けない。

 首を動かさなくても痛くてたまらない。

 これじゃあ国道16号や、20号の渋滞をかいくぐって、

 峠道まで行くのはしんどい。

 それどころか、今すぐウチに帰って寝ていたいくらいだ。

 出発する前の不吉な出来事の連続といい、

 今日のところは、峠はあきらめた方がよいと、

 判断せざるを得なかった。

 それでも一応、八王子インター(峠に行く時は、いつもここで降りていた)まで行き、

 そこでいったん高速を降りて、再びすぐ乗ることにした。

画像

        中央高速八王子インターの料金所。

 八王子インターから上り方面に向かうと、まもなく石川パーキングエリアがある。

 僕が、こちら方面にツーリングに来た時は、帰りに必ず立ち寄るおなじみの場所だ。

 昔からのこだわりもあり、思い出の場所でもあるということから、今回も立ち寄った。

 オートバイは、2〜3台いる程度だった。

 食堂や売店のある建物の前でNinjaを止め、建物の中に入る。

画像

        食堂や売店のある建物。

 休日とあって、中は非常に混雑していた。

 立ち食いのカレーでも食べようかと思っていたが、

 行列ができていたので断念した。

 しかたなく、サービスの無料のお茶を給茶機からついで、いつもの休憩場所へ。


 いつもの休憩場所とは、僕がここに来ると必ずそこで休憩した、

 屋外の、木のベンチがずらっと並んだ場所のことだ。

 ここには、ベンチが横一列に7つくらい並んでいて、

 その前には、ケヤキの木の並木があり、

 夏の頃など、ツーリング帰りにこのベンチに寝ころぶと、

 木漏れ日のもれる木陰に、

 やさしく涼風(すずかぜ)が吹いて、

 とっても気持ちのいい場所だった。

 ツーリングで来ただけではなく、

 おふくろとのお墓参りの帰りにも、

 いつもこのパーキングエリアに立ち寄って、

 ここで休むのが常だった。

 二人で仲良く並んでこしかけ、

 お茶を飲んだり、昼食のサンドイッチを食べたりした。

 自分から外出することのないおふくろにとって、

 このお墓参りの帰りにすごすひとときは、

 最高に楽しい時間だった。

 僕の隣にこしかけて、

 目を輝かせ、

 心から幸福そうにしているおふくろを見るのは、

 僕にとっても、何よりもの幸せだった。


 このように、

 この場所は、僕がライダーになって以来の、

 20年も昔からの、

 僕にとって、心安まる癒しの場であったのであり、

 同時に、

 母と楽しい時間をすごした場所でもあった。

 そして、今年8月、

 その最愛の母が亡くなってからは、

 母との素敵な思い出のつまった、

 神聖な場所となった。


 しかし、今ここにはベンチが二つしかない。

 数年前、ここに女子専用トイレができて、

 ベンチはほとんど取り払われ、

 ケヤキの木も1本を残して、ほかはすべて切られてしまったのだ。

 なんということだろうか。

 僕にとって貴重な思い出の場所が・・・

 ・・・悲しい・・・


 ・・・とはいうものの、


 休日の女子トイレの大行列、

 窮したあげく、男子トイレにまで触手を伸ばしてくる、

 彼女たちの悲惨なトイレ事情を考えると、しかたないのかなとも思う。

画像

 数年前までの、休憩場所の光景。ここは僕にとって、たくさんの思い出がつまった大切な場所だ。1991年5月撮影。

画像

 それが、今はこんな具合に。この写真は、上の写真とは反対方向から撮ったものだ。僕の思い出は、無残にも蹴散らされてしまった・・・(T_T)

 さて、僕はそのベンチにこしかけ無料のお茶を一口飲んだ。

 まじ〜 (>_<)

 なんだこりゃー、粉っぽくてまず〜い!

 僕は一口飲んだだけで、残りを捨ててしまった。


 さて、

 オートバイは少ないし、

 お茶はまずいし、

 自販機には、自分好みの飲料がないし、

 トイレのわきは環境悪いし・・・

 そろそろ帰るか。


 ということで、

 調布インター目指して出発。

 あいかわらず、80キロ、6000回転のスローペースだ。

 途中、オートバイやビッグスクーターに、

 同じ車線から(追い越し車線からではなく)追い抜かれた。

 これはマナー違反だ。


 僕は、例えオートバイを追い越す場合でも、

 相手を驚かさないよう、

 必ず、いったん車線変更して、追い越し車線に出てから、

 追い越したものだ。

 昔は、みなそうしていた。

 僕が見るところ、

 近頃のライダーやドライバーには、

 かつてより、

 “運転は下手”

 “マナーは悪い”

 という人が増えているような気がする。


*高速道路を走行している時には、例え相手がオートバイであっても、同じ車線から追い抜くのはマナー違反です。絶対にしないでください。特に四輪で二輪を同じ車線から追い抜いたりする時は、二輪のライダーが初心者だった場合、自分のすぐわきに車を見つけてパニックになり、瞬間的に車線変更してしまうことがあります。高速走行している時に、いきなりすぐそばに四輪が現れるというのは、ライダーにとって非常に恐怖心を起こさせることなのです。これは、二輪に乗った経験のある人にしかわかりません。ただし、渋滞時に二輪が車線と車線の間を走ったりして、いわゆる“すり抜け”をすることは、二輪の持ち味を生かすためにやむをえないことなので、ご容赦願います。


 なんて、腹を立てながらも、

 7年ぶりの、

 オートバイでの高速走行は、

 すこぶる快適だった。

 ほどなく調布インターに到着。

画像

        調布インター。

 調布インターを出て、

 そのままわが家に向かおうと思ったのだが、

 これだけではあまりに物足りない。

 で、多摩川沿いの、いつもの散歩コースを走ることにした。

 だが、これが災難の始まりになろうとは、

 いったい誰が予想しただろう。


 後編に続く
  ↑
 痛めた身体がなんとかなるようだったら、書く


 にほんブログ村 バイクブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
待望の旅人さんの
ツーレポですね、
楽しみにしてましたよっ(^^)!!


…って


いきなりディープな内容なんですね(・ω・;)??

続きが待ち遠しいですが、
旅人さん、
意外にバイク乗ると
アグレッシブになるんですね〜!!
びっくり!!


よっ珍
2008/11/04 13:35
タイトルからして・・・・コケたの?

痛めた身体がなんとかなるようだったらって・・・
けいつ〜
2008/11/04 17:21
 よっ珍さん、こんばんわ。

 ツーレポですか・・・ (^^;)
 コタツに入ったままで書けるような記事だったらよかったのですが。
 高齢者には寒さがこたえて・・・腰イテテ

 不本意ながらディープな内容となってしまいました。
 自分の乗り方と、オートバイの性能が合わないのがその原因です。しかし、このような状況でそれがわかってよかったです。詳しくは、後編をご覧になってください。

 僕は、かつて走り屋まがいのことをやっていました。今でもコーナーを前にすると、チャレンジャー精神がふつふつと湧いてきます。もともと熱い人間なんです。ただ、運の善し悪しだけはどうにもなりません。
旅人
2008/11/04 20:29
 けいつ〜さん、いらっしゃい。

 結論から言うと、コケちゃいました。
 新車で、しかも買ってからまだ2週間くらいしかたっていないのに。
 でも、そのことによって、今まで不審に思ってきたことが、はっきりしました。
 まあ、それと同時に非常に深刻な悩みを抱えることになってしまったのですが・・・。
 詳細は後編にてお話したいと思います。
旅人
2008/11/04 20:35
旅人さん、今日は♪
たくみな文書力で、最後まで読みましたよ.。o○
前にも書きましたが、私はせっかちなので、長い記事が苦手です(/_;)
それでも、小説は好きで読んでいますけど・・・
何かあったのではないかと、”ドキドキ!!”でしたが〜取りあえずは、後編に持越しですね(笑)
つんちゃん
2008/11/13 12:52
 つんちゃん、こんばんわ。

 一つの記事を何回かに分けてUPすると、例えば後編だけというように、後の方の記事しか読まれない方も多い中、ちゃんと前編から読んでいただきありがとうございます。前編には、後編に移行するための大事な伏線なども含まれていますので、みなさんには、ぜひとも最初から読んでいただきたいです。
 ところで、今回の出来事にも、少し不思議な事象がからんでいます。後編にご期待ください。
旅人
2008/11/13 17:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コケたおかげで命拾い(前編) 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる