夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 根っからのライダー

<<   作成日時 : 2008/12/24 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 9

 愛車を運動させるため、また第三京浜を走ってきた。ただ、“高速を走って終点のパーキングエリアまで行き、折り返して帰ってくる”、それだけのことなんだけど、そんな単調な走りにも“旅情”を感じてしまう旅人だ。

 12月20日土曜日、お昼過ぎに自宅を出発。

 多摩沿線道路を通って、

 第三京浜川崎インターへ。

 第三京浜の高架下では、

 あちこちで工事が行われていて若干渋滞したが、

 それほど苦労もせずインターに着く。

 自動発券機から通行券を受け取り、

 路肩でウエストバッグにしまうと、
 (ウエストポーチではない。オートバイ用品としてこれが出始めた20何年か前には、そんな言い方はしなかった。)

 まっすぐで急な上り坂をいっきに駆け上がり、

 いざ本線へ。


 本線上はかなりすいていた。

 先日、初回点検をしてオイルも交換したので、

 もう慣らしの80キロ走行はしなくていい。

 その分、すごく気が楽になった。

 しかし、ゴールド免許を保持したいという思惑から、

 制限速度の80キロをベースに走行した。

 ここは、覆面パトカーがとても多いところなのだ。


 順調に走行して保土ヶ谷パーキングエリアに到着。

 料金所で通行料150円を支払う。

 前にもブログで触れたが、

 僕はこの際、うしろの車をほとんど待たせない。

 20年も前から、

 自ら工夫した、“料金所スムーズ通過法”を実践しているからだ。

 後続車に迷惑をかけないというのは、

 僕のライダーとしての誇りになっている。

 うしろに並ぶドライバーに、

 “これだからオートバイはいやだ” とか、

 “オートバイのうしろには並びたくない” とか、

 思われたくないもんね。


 パーキングに着くと、

 ブログのお仕事というわけで、

 さっそく料金所の写真を撮る。

画像

        保土ヶ谷インターの料金所。

 そのあと、デジカメのストラップを腕にひっかけた状態で、

 オートバイを走らせ、

 パーキング内に入って駐車させた。

 ヘルメットを脱ぎ、

 その中に、グローブとデジカメを入れる。

 そして、ヘルメットを抱えて愛車を離れようとした・・・

 まさにその時である。

 僕の耳に“ガシャン”という鈍い音が響いたのは。

 あっ、いっけねー!

 デジカメ落としちまった!!

 デジカメは無残にも、コンクリートの上にたたきつけられてしまった。

 “ブログ危うし!”

 一瞬あせった。

 しかし、拾い上げてみると、

 外観上はほとんど損傷ないみたい。

 電源ボタンを押すと正常に作動した。

 ホッ、これでブログが書ける。(^^)


 安心したところで、

 “まずは腹ごしらえ”と、いつものホットドッグを購入。

 ミルクティーを飲みながらおいしく食べた。

画像

        保土ヶ谷インターのホットドッグ屋さん。

画像

        毎度お馴染み、超うまいホットドッグ。

 食後は、愛車やパーキング内の写真を撮ったり、

 他のオートバイやライダーたちを眺めたりしながらのんびりと過ごした。

画像

        いつも休憩する場所。

画像

        このあたりで休む。

 午後3時頃、保土ヶ谷パーキングエリアを出発。

 横浜新道に入り、

 すぐに峰岡インターから一般道に出る。

 このインターは一時閉鎖され、

 ドライバーは藤塚インターまで行かされて、

 料金を払って出るしかなかった。

 これには、利用者から猛烈な批判があびせられた。

 その批判に屈してか、

 今は昔に戻って、この峰岡インターから無料で出ることができる。
 

 国道16号をへて再び第三京浜へ。

 今度は上り方面へ向かう。

 こちらもすいていた。

 時速100キロほどで走行。


 しかし、このオートバイ、

 たかだか100キロ程度しか出してないのに、

 エンジン音や振動のすごいこと!

 かつて、スズキのGF250というオートバイに乗って、

 東名高速で時速160キロ出して走ったことがあった。

 あっというまに前方に車が迫って来て、

 それ以上は出せなかったが、

 その時でも、こんなにおおげさな騒ぎじゃなかった。

 このことだけからでも、

 環境対策でパワーを減らされた、

 現在の250ccオートバイの実力が、

 見てとれるような気がする。

 なるほど、これじゃ250に乗る人間もいなくなるわけだ。

 メーカーも、250を作らなくなるわけだよ。

 国をあげて250つぶしか!

 ていうか、オートバイそのものの息のねを止めるつもりなんだな、こりゃ。

 愚かな!

 なげかわしい!

 果たして人間は、どこに行こうとしているんだろう?  


 確かにオートバイは、人員、物資ともたいした量を運べない。

 見方によっては、省エネやエコロジーブームに逆行する、

 時代遅れの乗り物ということになるのかもしれない。

 しかし諸君、イエス・キリストも言っているではないか。

 “人はパンのみに生きるにあらず” と。

 実用的なものや、効率的なものがすべてではないのだ。

 人間が生きていくには、

 物質的なものだけでなく、

 精神的なもの、

 “夢や、ロマンや、情熱”といったような心の栄養が必要なんだよ!

 そのようなものがなければ、

 人は希望をなくし、活力を失い、

 人間の進歩は止まってしまう。

 そして、間違いなく人類は滅びてしまうんだ!


            *        *        *

 これが往年の250ccオートバイだ!

画像

 スズキGF250。水冷4ストローク並列4気筒16バルブのエンジン。最高出力45馬力!スロットルをちょいとひねれば、時速160キロなんて朝飯前!!(1987年9月撮影)
 Ninja250Rは、最高出力が31馬力しかない。ZZR250のエンジンを使っているとのことだが、僕が7年前まで乗っていたZZR250は、40馬力(馬力規制40馬力の上限)あったのだ。
 情けない!ここまでくると、怒りを通りこして悲しくなってくる。


            *        *        *

 そうこうするうちに、

 都筑(つづき)パーキングエリアに着いた。

 保土ヶ谷と同じく、

 このパーキングにも、何人ものライダーたちがいた。

 その中には、女性ライダーも何人か含まれていた。

 彼らのほとんどは、年齢が40才代と思われた。

 少なくとも20代以下の若者は皆無だった。


 彼らのうちで、

 女性ライダーは特筆すべき存在だった。

 40才代とおぼしき彼女たちの、

 存在感と迫力には圧倒されるものがあった。

 彼女たちは、みな強烈なオーラを放っていて、

 近づきがたいような威厳と、一種独特の雰囲気をもっていた。

 とにかく、カッコよかった!

 アラフォー世代恐るべし!!


画像

        女性ライダーたちのオートバイ。すごいのに乗ってる!

 すでに4時近くになっていたが、ここで遅い昼食をとることにした。

 食堂でカツカレーを注文し、例によって屋外のテーブルで食べる。

 味は、前回のハンバーグカレーと似たようなものだった。

 まあまあってとこ。

画像

        カツカレー。けっこう量がある。

 食後は、ベンチに寝転がって空を眺めたり、

 他のライダーたちを観察したり、

 彼らとちょこっと会話してみたり、

 そんな、ソロツーならではのゆったりとした時間を満喫した。

画像

        都筑PAで。女性ライダーの姿も。

画像

        紅茶花伝ロイヤルミルクティーで一服。

 さて、ゆっくり休憩したのち、都筑パーキングエリアを出発。

 ほどなく川崎インターに着いた。

 インターを出て多摩沿線道路に入る。

 ここまで来ればわが家はもうすぐそこだ。

 途中スーパーに寄って、

 晩ご飯のおかずを買っていく。

 4時頃食べちゃったんで、どうせそんなに食べられないだろうと思い、

 ちゃんとしたおかずは買わず、

 わかさぎの佃煮とカボチャの煮付けを買う。

 昨日炊いたごはんが残っているので、弁当というわけにもいかないのだ。


 スーパーの袋を右手にひっかけて走行するうち、無事帰宅。

 家は門灯も点いておらず窓もすべて真っ暗。

 いつもながら、待っていてくれる人のいない寂しさを痛感する。

画像

        無事帰宅。

 帰宅して後片付けをし、テレビを見ながら休息していたが、

 やはり、なかなかおなかがすいてこない。

 そこで、一口でも二口でも食べて、残ったら捨てちゃおうと決め、

 どんぶりのごはんを温めて、

 その上に梅干しと、買ってきたわかさぎとカボチャをのせて食べ始めた。

 われながら情けない晩メシだな。

 ところがである、

 一口食べてみると、これがうまい!

 やっぱりご飯は、自分が炊いたのが一番だな。

 水加減によるご飯の硬さが自分にあっているのか、

 元々のお米が違うからか、

 外食したあとに食べて、そのうまさを格別に感じたのだ。

 それに、わかさぎの佃煮の甘辛い味付けと、

 カボチャの甘い味が、ご飯とよくマッチしている。

 どんどん食べていくうちに、完食してしまった!

画像

       予想に反してうまかった晩ごはん。

 う〜ん、おいしかった〜♪

 感動した〜♪

 食後、こんなに充実した気分になるのはひさしぶりだな。

 生きてる喜びのようなものを感じちゃったよ。

 食べる喜びって、値段や、食材の豪華さじゃないんだ。

 いや〜、勉強になりました。


 今日は愛車の運動のために、

 第三京浜を往復してきただけだけど、

 それだけでも、けっこう楽しかったな。

 いつも思うんだけど、オートバイって、

 ほんの10分か20分走っただけでも、

 旅なんだよな。

 なんか、ロマンとか旅情みたいなものを感じちゃうんだ。

 それに僕の場合、

 こうしてオートバイを降りて普通に生活している時より、

 オートバイに乗っている時の方が、自然な感じがする。

 オートバイに乗っている時の方が本来の自分で、

 降りている時は仮の自分というような・・・

 ・・・・・・・・・・。

 てことはさ、

 根っからのライダーなんだな、オイラは。


 にほんブログ村 バイクブログへ



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
慣らし運転終わったんですね〜♪
やっぱ自分のペースのほうが楽しく走れるよね(^^)

デジカメ大丈夫でよかったですね。
私も何度か落としたせいか画面にヒビが入っちゃってね。
水滴がつくだけで壊れちゃうよねー(^^;

これだからバイクの後は・・・
って言われるのは嫌だよねぇ
私も料金所はなるべく時間がかからないように気を使います。
と言っても、料金所を出てからチケットをしまいこむくらいなんですが(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
旅人さんの“料金所スムーズ通過法”って、どんな通過法ですか?

カボチャとワカサギの甘露煮!
美味しいよねぇ〜♪
甘辛い→甘い→酸っぱい→甘辛い→甘い→酸っぱい
ってな感じで
ご飯がすすんじゃいますよね(*^^*)
月子
URL
2008/12/24 01:25
メリークリスマス
月子
2008/12/24 01:27
 月子さん、メリークリスマス!

 クリスマスが祝えるなんて、思ってもみませんでした。とってもうれしいです。ありがとうございました。

 自分で炊いたご飯と、わかさぎ、カボチャのおかずは、本当においしかったです。実際、母を亡くしてからは、何かを食べて口の中ではおいしいと感じても、心まで満足することはありませんでした。これから先どんなものを食べても、おいしいと思うことなど死ぬまでないだろうと思っていました。ところが、こんな粗末なもので、心からおいしいと感じてしまったのです。心の奥底から喜びが湧き上がってきたんです。その喜びによって、自分がまだ生きているんだって気がつきました。
旅人
2008/12/24 03:15
メリークリスマス、旅人さん!
愛車を運動させるためのツーリング・・いかにも旅人さんらしいですね。
そして「人はパンのみに生きるにあらず」ではあるけれど、生きてゆく上にはパンも必要。しかも出来るだけ美味しいものを・・と願う人間の「本質」に拘るところなんかも、旅人さんらしくて面白いと思いました。
ホットドッグも、カツカレーも、かぼちゃの煮付けも、ワカサギの佃煮も、白い御飯も・・み〜んな美味しそうで食欲をそそられました。
お母様の写真を添えてあるところなんかも、またまた旅人さんらしくて心憎い構図・・。
それにしても、最近のライダーは、若い人が少なくて40代の女性が多いんですね。知りませんでした。
これも時代の流れなんでしょうかね〜。
夢見る引きこもり☆
2008/12/24 15:54
 夢見る引きこもり☆さん、こんばんわ。
 そして、メリークリスマス!

 オートバイに乗っていると、気持ちがピュアになって、想像力が大きく広がります。だから、ほんのささいなことにでも、すぐに感動してしまうのです。例えて言うなら、梅干しご飯でも、たいへんなごちそうに変身してしまったりするのです。
 夢見る☆さんは、夢やロマンを心に秘めた情熱的な方ですので、きっと僕のこんな拙い感動物語にも、寛大な微笑みを浮かべながら共感してくださっているのではないでしょうか。

 僕は、夢見る☆さんのブログによって、古今東西の文学を巡るという、非日常的な世界の旅を楽しませていただいています。
 夢見る☆さんにはこれからも、こんなささやかな記事でよろしければ、オートバイで走るという非日常的な世界を、僕といっしょに楽しんでいただきたいと思います。
旅人
2008/12/24 21:35

仕事も終わって
会社のPC落とそうと思ったら、
更新してらっしゃった(^^)♪


料金所で後ろを思いやる気持ち、
さすがですね!!
逆の立場を思えば自ずから
皆さん、スムーズに
事が運ぶんでしょうけどね^^;


って、カメラ落として
真っ先にブログが脳裏を過ぎった
旅人さんって(爆)


もう、根っからのブロガーですねwww


そうそう!小さい事で感動するのが
実は、本当の幸せかもしれませんね(^^)!

とにかく、リターンして
良かったですね旅人さん♪


よっ珍
2008/12/25 18:28
 よっ珍さん、お仕事お疲れ様です。

 料金所の通過に関しては、カッコつけ屋の性格が出てるのかもしれません。

 なんせブログネタに不自由してますんで。ツーリングは絶好の機会ですからね。デジカメ壊れたらツーレポ書けなくなっちゃうし。

 オートバイに乗ってると感性が鋭くなって、普段気づかないようなところにも美を発見してしまうんです。女性ライダーのオーラに感動したのもその一例かもしれません。
 あっ、女性ライダーと言えば、ブログの画像で何度か拝見した、よっ珍さんのライダー姿、
 メッチャカッコイイですよ!

 リターンに際しては、峠を攻めてる写真をブログに載せたいと思っていたのですが、自分が20年ずれていることを思い知らされました。
旅人
2008/12/25 22:49

旅人さん、
たびたび失礼します(-人-)

色んなとこに同じ事書いてるのですが、
今日で仕事納め…

明日から来年の始めにかけて
ネットが出来ない環境になってしまいますので

今日のうちにご挨拶を…

旅人さん、
今年後半からバーチャルですが
バシバシ殴ってスミマセンでしたm(_ _)m

とはいいながらも
来年もキャラの扱いは今のままですので(笑)
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

良いお年を〜(*´ω`)ノ

よっ珍
2008/12/26 17:34
 よっ珍さん、今年はありがとうございました。
 おかげさまで、どれだけ元気づけられたかわかりません。

 殴られキャラ、むしろ光栄に思ってます。
 ていうか、
 よっ珍さんの顔文字が面白くて、自分であるのも忘れてつい笑っちゃってました。

 来年もオートバイに乗れて、ブログが書けて、
 よっ珍さんやお仲間たちの、軽妙なやりとりに参加できたら最高です。

 ネットができない環境とは、海外にでも行かれるのでしょうか?
 今日で年内は、よっ珍さんの返信が読めなくなるというのは非常に寂しいです。年末年始をエンジョイされたあとでの、お早い復帰をお待ちしています。

 では、お身体に気をつけて、
 良いお年を!
旅人
2008/12/26 19:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
根っからのライダー 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる