夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS たわごと

<<   作成日時 : 2008/12/31 18:58   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 12月30日火曜日、今年の走り納めに第三京浜を走ってきた。

 慣らし運転が終わり、特に制限がないので(もちろん法的には、80キロという速度制限があるが)、

 スピードを自由にコントロールできて、

 精神的にずいぶん楽になった。

 しかし、速度が時速120キロに近くなった時、

 リアタイヤが左右に振られるような動きをしたのは気がかりだ。

 まさか、こんなところに限界があるんじゃないだろうな。

 もしそうだとしたら、

 このオートバイは、時速100キロくらいが事実上の速度の限界ということになってしまう・・・・・

 そんなばかな!

 かつては、自分も他のライダーたちも、

 高速道路では時速140キロくらいで走るのが普通だったのに。

 自分が昔乗っていたホンダCBX250RSなんか、

 空冷4ストロークの単気筒エンジンだったけど、

 時速130キロくらい余裕で出てたよ。

 いったいどうなってるんだろ・・・・・

 ・・・・・このオートバイ・・・・・。


 まあ、100キロは出せるので、

 当たり前のことだが、80キロで走ってた時よりずっと早く保土ヶ谷パーキングに着いた。

 時間的に、半分くらいしかかかっていないんじゃないかと思われるくらい早く感じた。


*リアタイヤが左右に振られたのは、その後、風のせいだとわか
 りました。愛車Ninja250Rよゴメン!


画像

        保土ヶ谷パーキングエリア。

 ここで、定番のホットドッグ&ミルクティーを食す。

 相変わらずうまい (^^)

画像

        定番、ホットドッグ&ミルクティー。

 食後、休憩していると、

 1台の真っ赤なCBRが駐車場に入ってきた。

 ヘルメットの後ろから金髪の髪を出し、

 背中に何か描かれた白っぽいジャンパーを着ている。

 背中がビシッと伸びていて、

 ライディング中の後ろ姿がメチャクチャカッコイイ!

 てっきり男性かと思っていたら、

 ヘルメットを脱いだ姿を見ると、

 なんと、20代の女性だった!

 これには、びっくり。

 背中に力があふれていたので、男性だとばかり思っていた。


 彼女は自らの愛車のそばに立って、

 誰かを待つような仕草をしていたが、

 しばらくすると、そこへ黒いCBRがやってきた。

 ライダーは、背が高くすらっとした、ハンサムな20代の男性だった。

 彼女は彼に話しかけ、お互い親しそうに話し始めた。

 はは〜ん、

 彼らは、色違いではあるが同じ排気量(1000ccくらいか?)の、“おそろいのCBR”に乗ったカップルなんだな。

 いや〜、しかし絵になるカップルだな!

 カッコよすぎ!!

 ということで、彼らのオートバイを写真に撮らせてもらった。

 無断で。

 すいません。

画像

 アベックの乗ってきた赤と黒色違いのCBR。左端に女性ライダーが写っている。髪が黒っぽく見えるが、実際は金髪。二人とも、とにかくカッコよかった。

            *        *        *

 3時頃保土ヶ谷PAを出発。

 いつもどおり峰岡インターから横浜新道に出て、

 第三京浜の上り線に入る。

 途中なりゆきで、時速120キロ近いスピードが出てしまったが、

 やっぱりケツを振る。

 困ったなあ。

            *        *        *

 都筑パーキングエリアに入って遅い昼食をとる。

 いつものパターンだ。

 今回はパスタ。

 ていうか、うどん。

 海鮮天玉うどんを注文した。

 例によって屋外で食べたが、

 味はまあまあだった。

 昔はどこでも生のうどんだったけど、今はみんな冷凍もの。

 僕は、生のうどん特有の風味が好きだったので、

 冷凍ものでは、正直言ってうどんの味を感じない。

画像

        都筑パーキングエリア。

画像

        海鮮天玉うどん。

 ベンチに腰かけて休憩していると、

 乾式クラッチ独特の金属音を響かせながら、

 1台のNSRが入ってきた。

 車体をよく見ると、かつての愛車NSR250R’90年式モデルと同型のNSRだ。

 なつかしくなって、オートバイのそばに立っていたオーナーの方に歩み寄り、年式を聞いてみた。

 ’92年式だという。

 ホンダNSR250Rは、’90年から’93年までモデルチェンジをしていないので、

 やはり自分の乗っていたマシンと同じモデルだ。

 メッチャうれしくなった。

 オーナーにお願いして写真を撮らせてもらった。

 そのあと、オーナーである男性(20年前大学生だったというが、まだ20代にしか見えない)と、

 NSR談義に花を咲かせ、すっかり意気投合してしまった。

 30分も話してたろうか。

 そのうち、彼が待ち合わせしているという、

 やはりNSRに乗った男性(初対面だという)が到着したのを契機に、

 彼と別れ帰路についた。

画像

        ホンダNSR250R(’92年式SE)。

画像

        同NSR。ヨコから。

            *        *        *

 ここで、NSRとNinjaのスペックを比較してみよう。

  最高出力   NSR 45馬力   Ninja 31馬力

  最大トルク  NSR 3.7キロ  Ninja 2.1キロ

                             以上

 なお、これは決してNinjaを誹謗するために書いたものではありません。オートバイというきわめて価値の高いアイテムを、そしてその文化を、このような状況に追い込んだもろもろに対して、抗議の意味を込めて書きました。

            *        *        *

 帰りの多摩沿線道路は、いつもに較べればスムーズに流れていた。

 思ったより早く帰宅できそうだったが、

 そんなに早く帰ってもしかたないし、まだ明るかったので、

 オートバイ用品の店、Nap`s世田谷店に寄ってみることにした。

 ここに来れば、いつでもオートバイやライダーたちに会えるのだ。

 Nap`sに着くと、店の前のベンチに腰かけ、

 自販機で買ったミルクティー(好きだな)を飲みながら休憩した。

 今日はライダーが少ない。

 みんな里帰りしちまったのかな。


 しばらく休んで出発。

 いつものスーパーに向かう。


 スーパーで夜のおかずに、

 揚げ出し豆腐と、わかさぎの佃煮、カボチャの煮付けなどを買う。

 まったくのワンパターンだ。

 われながら貧相な食生活だなあ。(T_T)

画像

        スーパーの駐車場で。

 そして、無事帰宅。

 オートバイを車庫に入れると、

 真っ暗な中、鍵穴をようやく見つけて玄関の戸を開ける。

 暗く静まりかえった屋内。

 さびしさがこみ上げてくる。


 確かに今日は楽しかった。

 夢中になって走った。

 体調もよくなったし、

 日頃のストレスからも解放された。

 しかし、帰ってくればひとりだ。

 亡き母が生きていた頃は、家は温かく僕の帰りを迎えてくれた。

 母は僕に、無償の愛をそそいでくれたし、

 僕も母を、こよなく愛していた。

 家中の空気には愛が充満し、

 僕はこの家で、愛を呼吸して生きてきた。

 僕はもともと、愛がなければ生きていけない人間なんだ!

 ところが、今家にあるのは、

 柱や壁、

 そして、悪意に満ちた運命の神の、残酷な仕打ちばかり。

 死ぬまでこんな生活が続くのだろうか?

 こんな状態で、いつまで生きていけるというのか?


 僕はこの世でたった一人。

 さびしい!

 限りなくさびしい!


 と、まあたわごとはこれくらいにして、

 ごはんでも食べるか。

 去年の今頃は、

 母の作ってくれた年越しそばを食べていたけど、

 今年はご飯と、スーパーで買ってきた天ぷらだ。

 ではみなさん、よいお年を! (^^)v


 にほんブログ村 バイクブログへ



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今年最後のツーリングに行ってきたんですね〜♪
いいなぁ〜o(*^▽^*)o~♪
北海道はどこを見ても真っ白!
春が待ち遠しいです(^^)

120キロでお尻振るんですか( ▽|||)サー
私のバリオスは120でも安定してる気がするんですけどね
と言ってもバイクのことはまるっきりわからないんですが(^^;;

すっかりワカサギとカボチャの虜になっちゃいましたねー
ぬくもりを感じる味ですよね(^^)

今年はブログでお世話になりました。
きっかけはよっちさんの愛のパンチでしたが(笑)
旅人さんの温かいコメントうれしかったですよ。
来年は、いい年だといいですね♪
月子
URL
2008/12/31 22:16
あけましておめでとうございます。
お母様のご存命中はずっと自己犠牲なさってたんですからこれからはご自分の人生をエンジョイしてくださいよ。
Ninja君、とてもかっこいいですよ。カワサキが他のメーカーに放った渾身の一撃だと思います。
居士
2009/01/01 01:42
 月子さん、昨年はいろいろとお気遣いいただきありがとうございました。
 おかげさまで、ずいぶん気持ちが明るくなり、月子さんのやさしさを身にしみて感じました。

 12月30日にツーリングに行ってきました。遠くに行くというわけにはいきませんが、オートバイは乗っているだけで楽しいので、いい気晴らしになりました。早く春が来て、北国の方々も乗れるようになるといいですね。

 Ninjaの不具合については、メーカーにも問い合わせてみます。

 食事はワンパターンになりがちなので、できるだけ栄養のバランスをとるよう気をつけます。

 今年1年が、月子さんファミリーにとって素晴らしい年となるようお祈りしております。
旅人
2009/01/01 09:56
 居士さん、昨年は自分の危機的状況に際して、親身な励ましのお言葉をいただきありがとうございました。言葉ではうまく表現できませんが、お言葉に真心を感じました。

 母が生きていた頃は、家事でもなんでも母に喜んでもらいたい一心でがんばってきました。しかし、その母のいない今、どうやってモチベーションを維持していったらいいか悩んでいます。自分のためだけに生きるってことのむずかしさを痛感しました。

 Ninjaについては、まだわからないことだらけですが、当分は乗っていこうと思っています。

 居士さんのプライベートなご事情はよくわかりませんが、今年が居士さんにとってさらなる飛躍の年となるようお祈りしております。

 ブログの再開お待ちしています。
旅人
2009/01/01 10:47
旅人さん、あけましておめでとうございます。
若い、格好良いカップルとの遭遇、見知らぬ人との会話から生まれたちょっとした一体感・・
好きなバイクを操りながら、その時々の風景や人との出会いを楽しんでいらっしゃる旅人さんの気持ち、解かるような気がします。
そして不運だとおっしゃる旅人さんが、懸命に淋しさや孤独から脱出すべく努力していらっしゃる姿に、尊敬の念さえ抱いてしまいます。
願わくば、今年が旅人さんにとって実り多き一年になりますように・・。
夢見る引きこもり☆
2009/01/02 11:32
 夢見る引きこもり☆さん、こんにちわ。

 昨年は、自分のピンチの時に声をかけていただき、また、温かく見守っていただきましてありがとうございました。

 自分が真情を吐露できるのはブログだけなので、その思いを真摯に受け止め、誠実なコメントを寄せてくださった夢見る☆さんには、いくら感謝しても感謝しきれません。

 夢見る☆さんが、大変なご苦労をされているにもかかわらず明るくふるまわれているお姿を拝見すると、自身の苦しみを述べるのがためらわれるくらいです。こちらこそ、夢見る☆さんの心の強さに敬服しています。

 自分は人生もオートバイライフもソロですので、行く先々での出会いだけが楽しみです。

 こんなコメントしづらいブログですが、これからもよろしくお願いします。
旅人
2009/01/02 16:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
たわごと 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる