夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤いNinja250R

<<   作成日時 : 2009/03/22 23:49   >>

トラックバック 0 / コメント 9

 3月21日・土曜日、天気がよかったので、どこかに行ってみようと多摩沿線道路に出てみた。すると、これが大渋滞。道幅が狭いので、すり抜けもままならない。こんな時、いつも思ったもんだった。“連休なんかに出かけるもんじゃない”。

 僕は即予定(特になかったんだけど)を変更して、

 そのまま多摩川沿いを走り、

 二子玉川の橋を渡って、

 オートバイ用品ショップ・ナップスに行くことにした。

 そこでお茶でも飲んで、そのあとのことはその時考えようというのだ。

画像

       ナップス駐車場。

 結局、ナップスでいつもの“午後の紅茶スペシャル茶葉2倍”を飲み、

 しばらく休憩したのち、お昼と夜の弁当を買いにスーパーへと向かった。


 スーパーからいったん自宅に戻り、お昼の弁当を食べる。

 そして、そのあと再び走りに出た。

 今度は、同じ多摩川沿いでも、川崎側ではなく東京側を走る。

 そして、またまたナップスへ。


 ナップスで駐車場にオートバイを停めようとしたが、

 なかなか空きスペースが見つからない。

 しばらく見回して、かろうじて1台分だけ空いているところを見つけた。

 そこに愛車を停め、エンジンを切ってふと左隣を見ると、

 なんとそこに、赤いNinja250Rがあるではないか!

 赤いNinja250Rを見るのは初めてだ。

 というか、青だとか黒だとかは知っていたが、

 赤があるなんて今日初めて知った。

 偶然にも隣同士で駐車することになったことに驚き、

 かつ、その赤い色の美しさに魅せられて、

 しばらくのあいだ見入ってしまった。

 そして、さっそく写真を撮らせてもらった。

画像

       隣に赤いNinja250Rが・・・

 Ninja250Rにお目にかかったのはしばらくぶりだ。

 同車種に乗る者として、オーナーにいろいろ聞いてみたいと思い、

 オーナーが戻るのを待つことにした。

 よく見ると、ホルダーに真っ赤なヘルメットがさがっている。

 もしかしてオーナーは女性か?

 もしそうだったら、話を聞くのはやめにしよう。

 恥ずかしいから。

画像

     赤いNinja250Rのメットホルダーに赤いヘルメットがさがっている。

 僕は、駐車場のすみにあるベンチに腰かけて、

 オーナーが戻ってくるのを待つことにした。

 どんな人物が乗っているのか興味津々だった。

 ところがオーナーはなかなか戻ってこない。

 待つこと1時間半。←ひま人

 もはや限界だ。

 僕はあきらめて、愛車のもとに行き帰り支度を始めた。

 すると、隣に人の気配が!

 なんと、タイミングよく赤いNinjaのオーナーが戻ってきたのだ。

 オーナーはやはり女性だった。

 驚いていると、

 こんどは、右側に停めてあるオフ車のところにも人の気配がするではないか。

 こちらにも、やはりオーナーが戻ってきたのだ。

 こっちの方も女性ライダーだった。

 しかも若い。

 20才そこそこじゃないだろうか。

 僕は、せまくるしい場所で、

 女性ライダーによってサンドイッチ状態になってしまった。(嬉)

画像

       赤いNinja250Rとオフ車にはさまれて立つわが愛車。

 赤いNinjaのライダーはなかなか素敵だった。

 彼女は真っ赤なジャケットを着ていた。

 すなわち、

 真っ赤なオートバイに乗り、

 真っ赤なヘルメットをかぶり、

 おまけにジャケットまで真っ赤なものを着用していたのだ。

 全てを赤で統一したスタイル。


 オッシャレー!

 自分こういうの大好き。

 なにか本人の、

 “オートバイに対する愛情”や、

 “オートバイライフを楽しもうという姿勢”が、

 ストレートに伝わってくるような気がするからだ。

 自分もほんの8年くらい前まで、

 ピンクのジャケットを着て、ピンクのオートバイに乗っていたもんだった。

画像

 ピンクのジャケットにピンクのオートバイ。赤一色に見えるが、実際の車体の色はキャンディーレッド&ローズピンク♪

 ところで、彼女たち二人は、

 僕よりほんの少し遅れてきただけなので、

 僕たちは、ほぼ3人同時にここに戻ってきたことになる。

 3台並んだオートバイの別々(連れではなく)のオーナーが、

 ほとんど時を同じくして集まるなんて奇遇だ。


 僕が出発の準備をしている最中、

 赤いNinjaの彼女は、

 彼女のそれと同車種色違いの僕のオートバイを、

 ニヤニヤしながら眺めていた。

 一方、オフ車の彼女も、

 何がうれしいのか、しきりにニコニコしながら出発の準備をすすめている。

 何かいい雰囲気だ。


 さて、準備が整った僕は、

 彼女たちより一足先に駐車場を出た。

 オッサンは去るのみ。(笑)


 P.S.

 この3ヵ月後、赤いNinja乗りの女性ご本人から、

 当ブログあてにコメントをいただきました。

 その顛末を、

 ブログ「赤いNinjaの女性♪」に書きましたので、

 よろしかったらご覧になってみてください。


   ブログ「赤いNinjaの女性♪」を読む

            *        *        *

 春は誰にとっても、心はずむ季節だが、

 とりわけライダーにとっては、

 厳しい寒さから解放されるこの季節は、

 うれしいものだ。

 先ほどの、女性ライダーたちの口元がほころんでいたのも、

 もしかしたら春のせいかもしれない。


 ところで、春といえば、

 うちの庭の黄水仙が、先週くらいから花を咲かせ始めた。

 これは今から6〜7年前に、

 僕が母の誕生日(1月24日)祝いにと買ってきたものを、

 母が庭に地植えにしたものだ。

 それ以来、毎年花を咲かせて僕たちを楽しませてくれていた。

 でも、今年は僕ひとりでながめる。

 昨年までは、

 まさか、こんな年がくるなんて想像もしていなかった。

 母は、ずっと僕の母としてそばにいてくれるものと思っていた。

 なんか・・・・・

 僕は母を亡くしてからも、

 一度も涙を流したことはなく、

 感情を爆発させたこともなかった。

 いつも、考えられないくらい冷静だった。

 でも、いつでも悲しかった。

 心の中はいつも曇っていて、

 晴れることなど一度もなかった。

 おそらく、死ぬまでこのままじゃないかな。

画像

       今年も花を咲かせた黄水仙。

 とにかく、どんなに悲しい場所にも春はくる。

 容赦なく。

 でも、

 桜だけは咲いて欲しくなかった。


 そんなちゃらちゃらした気分にはなれないんだよ!

 ・・・・・・・・・・   

 俺は。


 昨年までは、

 桜前線と言う言葉を聞いただけで、

 なんとなく心がうきうきしたものだったが・・・


 今日、3月21日、

 ついに東京で桜の開花宣言が出された。

 けったくそ悪い!


 実際、春になるとろくなことがない。

 雑草は生えてくるし、

 芝はのびるし、

 道路は浮かれた連中で大渋滞。

 彼岸の連休なんてひどいもんだった。


 さて、話をもとに戻す。

 ナップスからの帰り、

 僕が右折車線で右折待ちをしていると、

 1台のオフ車が直進車線を通って、

 僕を追い抜いていった。

 ライダーは女性だ。

 どうやら、先ほどナップスで見かけた女の子のようだ。

 遠ざかっていく彼女の、

 ひときわ細くてきゃしゃな後ろ姿を見ているうち、

 僕は、心の中でエールを送っている自分に気づいた。

 “がんばれよ!”

 “事故に気をつけろよ!”


 なんか、父親のような気持ちだった。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時


赤Ninja、自分も初めて見ましたが
素敵ですね(^^)!

って、あ〜ぁ、勿体無い、
話かけなかったんですね(>_<)!!
ロマンチストなのに
シャイなんですね、旅人さん(笑)

自分もですね、
実は春と言う季節は
正直好きじゃないんですけど
四季があるのが日本の特徴、
受け入れるしかないですね… ( ´ω`)

アングルの関係もあるんでしょうが、
黄水仙、
何だか、ひっそり
健気な感じが愛おしいですね(^^)


よっち
2009/03/23 11:42
 よっちさん、こんばんわ。

 話しかけませんでした。
 ライダー同士だと、年齢性別関係なしに親しくなれるってとこもあるんですが、相手が若い女性の場合、やはりオッサンにとってハードル高いです。時間的に遅かった(午後6時頃)というのもありますけど。

 春ってイメージはいいですが、気温が低い状態から高い状態に移行していく課程で、人間は自律神経のバランスをくずしやすくなるそうです。そのため、この時期に心身の病を発病するケースも多いようです。木の芽時とか、5月病とか、よく言われる“春はおかしなのが出てくる”的なものも、それによって起こるみたいです。

 水仙、通常は年数がたつにつれ次第になくなってきちゃうんですけど、これはがんばって咲いてくれてます。
(^^)
旅人
2009/03/23 20:43
旅人さん、コンニチワ!
赤いバイク・・何となく情熱的で良いですよね〜。
そういえば、子供たちがまだ小さい頃、私も真っ赤な車(スカイライン)に乗っていた時期がありましたっけ・・。
でも、現在の旅人さんの緑のバイクもステキですよ。私は赤いのも、緑のも大好きです。(笑)
春を待ちかねたように走り出すライダーたち・・そしてその渦中にいながら、常に冷静に観察している旅人さんがいて・・その視線の奥にあるものは・・
やはり常に温かい視点から見つめている旅人さんの優しさが窺われます。
旅人さんのブログにお邪魔するたびに、ほんのりと温かい気持ちになるのは、多分そのせいかも知れません。
どんなに哀しい場所にも春がくる・・まさに同感です。
それにしても、お母様の忘れ形見のような黄水仙の花・・その儚げな風情が、一層の「切なさ」を誘います。
願わくば、いつか旅人さんにも「本物の春」が訪れますように・・
夢見る引きこもり☆
2009/03/24 10:09
 夢見る引きこもり☆さん、こんにちわ。

 赤いスカイラインですか!
 さすが、活発な若奥様だったんですねえ。
 スカイラインというと、ドーナツ形テールランプがトレードマークの、峠を疾走する車というイメージがあります。
 夢見る☆さんはやはり情熱的な方だったんですね!

 自分も赤い色は大好きです。今まで乗ってきたオートバイも着ていたウエアも、ほとんど赤系統のものばかりでした。赤は気持ちを高揚させてくれる色です。

 最近は少なくなりましたが、女性ライダーは、ドライバーから面白半分にいやがらせをされることがあるんです。なので、男としては守ってあげたいという気持ちがあります。

 自分に春・・・
 来て欲しいですね。
旅人
2009/03/24 13:46
ドキドキしながら拝見させていただきました。
「ライダーさんは男性なのか女性なのか」
「旅人さんは話し掛けるのか」
って。

赤いNinjaの女性、素敵ですね。
同性から見ても魅力的な方のように思います。
またどこかで逢えるかも知れませんね(^^)

季節のなかで、春というのは始まりであり、「何か」が変わるときのような気がします。
旅人さんにワクワクするような春が来ますように(*^^*)
風になれ
URL
2009/03/25 15:13
 風になれさん、こんばんわ。

 女性ライダーは、ライダー以外の人からは、けっこういろいろなところで話かけられることが多いみたいですね。しかし、互いに見ず知らずの男女のライダーが、声をかけ合うという光景はあまり目にしたことがありません(北海道などでは、別かもしれませんが)。男女間では同じライダー同士だと、返って意識してしまい、遠慮してしまうのではないでしょうか?
 自分も、女性ライダーにはなかなか話しかけることができないでいます。今回のように、同じ車種のオートバイに乗っている場合は、共通の話題があるわけですから、絶好のチャンスではあるのですが。

 おっしゃるように、春は、始まり、あるいは変革の季節ですよね。
 風になれさんにとっては、文字通りライダーとしての、新たなる出発の季節だと思います。
 自分は今完全に煮詰まった状態なんですが、
 何かが変わってくれさえしたら・・・

 夢をもち続けます。
旅人
2009/03/25 21:18
ずいぶん前の日記のコメントになりますが、
赤忍乗っていたのって私だったりします。
日付も間違いないし、写真から見ても。

何気なく検索してこのページにたどりつきました。
折角なのでコメントもさせていただきました。
このときのことはもうあまり覚えてないのですが、
ナップスに行ったのは覚えていましたので(*^_^*)

ブログやっているので、遊びに来てくださいね(^_-)-☆
くろこ
URL
2009/06/04 20:28
 くろこさん、こんばんわ!


 ヒョエーーーッ!!
 ( д )◦ ◎ (*^_^*)

 な、なんという偶然の連鎖!!
 自分が赤いNinjaの隣に愛車を停めたのも偶然!
 二人とも帰る時間がいっしょになったのも偶然!
 くろこさんが、僕のブログを訪問され、しかも2ヵ月も前の記事に出会われたのも偶然。!!

 こんなことってあるんですねえ。
 自分、オフ会とかに参加したことないので、ブログに関連した方と会ったのも、お話するのも初めてです。
 なんかブログの世界が急に現実味をおびてきたようで、わくわくしてしまいました。
 ただ、ブログの記述に失礼がなかったかいささか気になります。

 くろこさんのことはよく覚えてます。
 若くてスポーツウーマンタイプの美しい女性でした。
 続く
旅人
2009/06/05 00:06
 ところで、くろこさんは当時のことをあまりよく覚えていらっしゃらないようですね。
 内心ホッとしました。
 というのも、自分、ブログには主に若い頃の写真を載せていて、今の写真はフルフェースのヘルメットを被って撮ったものばかりなんです。だから、ブログの読者は誰も自分の現在の顔を知りません。ということで、くろこさんは唯一人、旅人の現在の顔をご存じの方ということになるのです。ところが、そのくろこさんが当時のことを覚えていらっしゃらない。すなわち、僕のブサイクな顔もバレなくてすむというわけです。(笑)

 冗談はさておき、コメントいただいてすごくうれしかったです。
 久々に感動しました。
 これも出会いのロマンだと思います。
 今度どこかでお会いできたら、お互いピースを交わしましょう。

 くろこさんのブログにも訪問させていただきます。

 では、赤いNinja250Rでのバイクライフ大いに楽しんでください。
ピース!(^^)v
旅人
2009/06/05 00:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤いNinja250R 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる