夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS チェーンの錆び落とし♪

<<   作成日時 : 2009/07/01 00:25   >>

トラックバック 0 / コメント 24

 僕のオートバイの師匠に、よっ○さんという方がいらっしゃるのですが、

 このお方がなかなかきびしくて・・・ ( ´д`)=3 ハア
  ↑ ウソです!ホントはとってもやさしい方なんですよ(^^)


 “あの〜、チェーンが錆びちゃったんですけどお〜”

   ( ;^ ^)


 て言ったら・・・


          “手入れしないからじゃああ!オラア!!”

   (  ノ.) ヒーッ     バンバン ヾ(`д´メ)ノ 


 て怒られちゃいました。 (T_T)



 つーことで本日(6月27日・土曜日)、

 しかたなく、(ほんとはそれじゃいけないんですけどね^^;)

 チェーンの錆び落としをすることにしました。

画像

 赤い整備ツナギを来て作業しました。作業終了後は、このカッコのまま走りに出かけたのですが、やたら目立っちゃいました。自分としては、単に暑苦しいライディングウエアしか持ってなかったので、これを着ていっただけなのですが。画像はすべて、クリックすると拡大して見られます。

画像

       真っ赤に錆びたチェーン。

 当初、チェーンクリーナーを吹きかけて、

 ウエスでこすって落とすつもりでしたが、

 頭が混乱気味の旅人は、

 間違ってルーブ(ホワイトグリース)を吹きかけてしまいました。

 で、こすってみると・・・

 これがけっこう落ちるんです。

 完全にとはいきませんが。

 とにかく落ちるので、

 ルーブで全部やっちゃいました。

画像

       間違ってチェーンにルーブを・・・

画像

       ウエスでごしごしこすって錆を落とします。

 あとで、クリーナーでも試してみましたが、

 それ以上は落ちないようなので、

 これでよかったんだと思います。


 そのあと、

 チェーン全体にホワイトグリースを入念に注油して、

 作業終了です。

画像

       注油後のチェーン。

 さて、なんとか作業を終えましたが、

 この日は、メチャクチャ暑かったです。

 スタンドがなく、

 オートバイをあっち転がし、こっち転がしで、

 やってたので、

 よけい暑さが応えました。

 熱中症になるんじゃないかって、

 マジで不安に思ったくらいです。


 ということで、

 作業が終わり、

 道具類を片付けると、

 水を何杯も飲んで、

 あらかじめエアコンを点けてあった部屋にかけこみました。

 18°に設定してあったので、

 部屋の中は快適でした。

 バタンキューで、そのまま30分くらい横になってました。


 さて、体力が回復すると、

 最後に、オイルをチェーンになじませるため、

 近所を何周かまわりました。


 ところが、走ってて、

 何となくリアブレーキの効きが

 あまいような気がしたんです。

 それで、

 “あっ、こいつはもしかしたら・・・”

 “いつかみたいに、またブレーキディスクにかけちまったかな”

 なんて思って、

 あわててまた道具を引っぱり出して、

 チェーンクリーナーとウエスで油を落とすことにしました。

 ディスクにチェーンクリーナーを吹きかけて、

 乾いたウエスでしっかり拭きとり、

 それが終わると、

 また、リアブレーキのテストを行います。

画像

       ブレーキディスクにクリーナーを噴霧。

画像

       乾いたウエスでディスクをよく拭きとります。

 いざ、スタート!

 4〜5メートルくらい走り、

 リアブレーキだけかけてみます。


  !!!!!!!!!!

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



 あの〜



 ブレーキ・ ・ ・



 じぇんじぇん利かないんですけどお〜〜〜 (T_T)



 どうしてくれるんですか師匠!

 ・・・て、自分でかってにやったんですけどね。 (^^;)


 ブレーキペダル踏んでも、

 ぜんぜん抵抗感がない。

 スルスルスルって進んで行っちゃう。


 よわったな、こりゃ。

 いつかと同じだ。

 吹きかけたのはチェーンクリーナーだったのに。

 しかも、よく拭きとったのに。


 バイク屋に持って行くしかないか。

 徐行しながら走って行って。

 しかしあのバイク屋、

 カワサキの正規取扱店なのに、

 1人しかいなくて、

 いつでも仕事が満杯なんだよな。

 すぐにはやってもらえないかも。

 どうしよう。

 ついてないなあ。


 僕はガックリきて、

 またエアコンの効いた部屋で横になってしまいました。

 しかし、横になって休んでいるうち、

 あることがひらめいたのです。


 吹きかけたのはチェーンクリーナーなんだから、

 絶対にディスクがすべるようなことはないはずだ。

 きっと、クリーナーの液でまだディスクが濡れているため、

 一時的にすべりやすくなっているだけだろう。

 何回かかけてるうちに、

 必ず元に戻るはずだ!!



 そう思った僕は、

 もう一度試してみることにしました。

 オートバイに乗って、

 少し走ってリアブレーキだけかけてみます。


  


 前よりいい!

 ほんのちょっとだが効いている感じだ。


 僕は走りながら、何度も何度もリアブレーキをかけてみました。

 あまいのはわかっているので、

 躊躇せずブレーキペダルを思いっきり踏みました。

 そして、そのたびに少しづつ制動力が増していくのを感じました。

 こうして何回かかけるうちに、

 ほとんど元の状態に戻ってしまったのです。


 やれうれしや。

 これでバイク屋に行かないですむ。


 ということで、

 一応メンテも終わったので、

 買い物がてら、

 オートバイでナップスまで行くことにしました。

 ナップスに行って露店が出てたら、

 そこで、昼食にカレーでも食べるつもりでした。


 ナップスの露店は不定期出店らしいので、

 いつ出るかわかりませんが、

 行って、出てたらラッキーってなもんです。


 ナップスに着いてみると、

 うれしいことに出店してました。

 “土曜日でもやるんだあ”

 僕はさっそく店に行って、カレーを注文しました。

 店のオーナー(いつもビッグスクーターで来る)は、

 常連の僕が顔を見せると喜んでくれました。

画像

       Ninja in ナップス 6,27

 数分待って出来上がり〜。

 店の前のテーブルでおいしくいただきました。

 食後はフランクフルトを食べ、

 自販機でパインジュースを買って飲みました。


 たくさんのオートバイやライダーたちに囲まれながらの、

 憩いのひとときです。

 ハア〜、

 ささやか過ぎる幸せ。ナサケナ

画像

       ナップスカレー。

画像

       ナップスフランクフルト。

画像

       ナップスパインジュース。

 帰りは、

 スーパーに寄って、

 夕食のお弁当を買いました。ナサケナ


 家で何時間か過ごしたのち、

 これだけでは、

 愛車がかわいそ過ぎるので、

 夕方5時頃になって多摩川べりを走りに出かけました。


 そのようにして、多摩沿線道路を走っている時のことです。

 道路わきに大きなネムの木を見つけました。

 枝いっぱいに花をつけています。


 実は、先週の日曜日にここを通った時見かけて、

 ぜひ写真に撮りたいと思ったのですが、

 その時は道路が混雑していたし、

 路肩というものがない、

 この狭い道路の端にオートバイを停めるのも気が引けたので、

 そのまま通り過ぎてしまったのです。


 来週撮れればいいなとは思っていたのですが、

 一週間も先では、もう花はついていないんじゃないかと、

 半ばあきらめていました。


 そして、いろいろトラブった今日は、

 そんなことは、すっかり忘れていたんです。

 ところが走行中に、

 まださかんに花を咲かせている、

 件(くだん)の木の姿が、

 突然目に飛び込んできたんです。

 “おお!まだ咲いてる!!”

 とてもラッキーな気分でした。

 幸い道路も空いていたので、

 迷わず道路の端に愛車を停めました。

 堤防ギリギリにです。

 乗り降りは、

 堤防の斜面に左足をかけるようにして行いました。


 僕は堤防の上に上がって、何枚か写真を撮りました。

 花は盛りを過ぎていましたが、

 まだなんとか見られる状態でした。


 ネムの花って、

 変わった花ですよね。

 なんか、妖精のオシロイ刷毛(ハケ)みたいで。

 メルヘンチックで好きです。


 ところで、画像をご覧になるとわかると思いますが、

 この木には、

 根本に近い幹のところに傷があります。

 大きくて深い、えぐられたような傷が。

 傷の様子からして、

 まだ新しいのではないでしょうか。

 見ていると本当に痛々しくて、

 こちらの胸まで痛くなってきます。

 しかし、そんな状態にもかかわらず、

 この木は、枝いっぱいに美しい花を咲かせています。

 大きな試練に耐えながらも、

 懸命に花を咲かせて、

 僕たちの目を楽しませてくれているのです。

 なんてけなげなんでしょうか。

 僕はこの木が、

 見る者に、生きる勇気を与えてくれているような気がしました。

 そして、自分もこの木を見習わなければと思いました。

画像

  多摩沿線道路沿いのネムの木。幹の大きな傷が痛々しい。胸が痛みます。

画像

 幹の大きな傷にもめげず、メルヘンチックで素敵な花をいっぱい咲かせています。けなげです。

 さて、多摩川を渡り、

 神奈川側から東京側に移ります。

 そして、多摩堤通りを通って再びナップスへ。

 多摩堤通りは、週末になると必ず渋滞します。

 意味もなく。

 たいした道でもないのに。


 僕は、いつものようにセンターライン上を走って、

 スリ抜けをしていきます。

 バスがいなければなんとかなります。

 対向車は、

 センターライン上を突き進んでくるオートバイに恐れをなし、

 多くが左に寄ってくれます。

 マナーがいいので助かります。

 ・・・て、

 自分のマナーが悪いんですけどね。 (^^;)


 ナップスに着いて、

 駐車場をふらふらしていると、

 よく日に焼けた浅黒い肌の、

 若い男性(20代)に話しかけられました。

 彼は、僕のNinjaを褒めてくれたり、

 すぐ前に停めてある、自分の愛車について話しました。

 彼の愛車は、

 見たこともないような変わった形の、

 コンパクトな感じのオートバイでした。

 彼は、愛車のあらゆる部分にカスタムをほどこしているようでした。

 お椀型のヘルメットには、

 ドクロの浮き彫りがしてありました。


 話ながら、

 ちょっと発音が違うなと思っていたら、

 なんと、

 彼は、日本人ではなかったのです!

 インドネシアのバリ島から来たということでした。

 そこで僕は、テレビなどで仕入れた知識を総動員して、

 バリ島の自然や文化や伝統を褒め、

 また、いろいろ質問もしてみました。

 彼はそれに、にこやかに応えてくれました。

 驚いたのは、

 彼が日本語ペラペラなだけでなく、

 日本のオートバイについて、

 とても詳しかったことです。

 自分がかつて、

 NSRというオートバイに乗っていたことを話すと、

 彼の口から、

 88(ハチハチ。1988年式ホンダNSR250R。非常に速いので有名だった。)とか、

 SP(スペシャル。特別仕様。)とか、

 日本人でも、

 今の若い人は知らないような言葉が次々と飛び出してきたのです。

 僕は、それを聞いて驚くとともに、

 頭の中には、いくつもの疑問が浮かんできました。

 彼は、いったいいつ頃から日本で暮らしてるんだろう?

 仕事は何をしてるんだろう?

 なんで日本のオートバイ、

 しかも昔のオートバイにこんなに詳しいんだろう?

 けれど、初対面の彼に、

 それらの謎が解けるような、

 立ち入った質問はできませんでした。


 彼は小柄で、

 柔和な感じのする、優しそうな男性でした。

 くせがなく、素直そうで、

 とても話しやすいタイプの人でした。

 僕たちは、

 とても初対面とは思えないようなうち解けた感じで、

 お互いリラックスしながら、

 会話を楽しむことができました。


 そのようにして、30〜40分も話した頃でしょうか、

 彼は、家が遠いのでこのへんで失礼すると言ってきました。

 僕も、そろそろ帰ろうかと思っていたところだったので、

 その言葉は、グッドタイミングでした。

 彼は、東京ドームのそばに住んでいると言っていました。

 文京区だそうです。

 けっこういいところに住んでますねえ。

 お金持ちなのかな?

画像

       バリ島から来た人の愛車。

 彼を見送ると、

 僕も帰途につきました。

 帰りは、多摩川沿いの、

 細くて、ほとんど車の通らない裏道を走ることにしました。


 僕は、

 自然豊かな河原の風景や、

 遠く丘陵地帯の、

 緑したたる山々を眺めながら、

 自由気ままに走りました。

 目的も、目標も、気負いもなく、

 のんびりとさすらいました。

 身体が、愛車と一体になったような、

 快適な気分を味わいながら。


 オートバイって、

 ただ乗ってるだけでも、

 美しい景色や、

 温泉や、グルメなどなくても、

 それだけで、

 楽しい乗り物なんだってこと、

 いまさらながらに、実感しました。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                     Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
さび落とし、何を使っておられますか?
私は自転車の錆に苦労しています。
この自転車、そく湾症でリハビリ通院していた時に、父が買ってくれたのです。
(父が何かを買ってくれるという事はホントにホントに珍しいことなのです。)
CRPSを発症してしまったので、またのれる日が来るかどうか解らないですが、大切に管理しておきたいと思うのですが、ほとんど新品同様(乗っていない)、でもさびは凄い
どうにかしなきゃ、と思っている所です。

カレー、フルト、美味しそうですね。
旅人さんのブログを訪問する前に訪問した人のブログ記事もカレーをアップされていました。
暑い時のカレーもいいですね。
食べたくなりました。
旅人さんはご自分でも作ったり(お料理)されるのですか?
ビオラ
2009/07/01 07:10
 ビオラさん、こんばんわ。

 少し前にうかがった時、体調が非常にお悪そうだったので心配しました。
 その後は快方に向かわれたようですが、半夏生と言われる今の季節は体調をくずしやすいので、ブログも無理なさらないでください。

 自転車の錆びですか・・・
 素人なのでよくはわかりませんが、基本的には紙ヤスリやワイヤーブラシなどで落とすしかないのではないでしょうか。
 車体を傷めるといけないので、自転車屋さんにまかせる方がよいかもしれません。
 予防としては、これも素人考えですが、ワックスなどを塗っておくとよいのではないかと思います。
 力になれなくてすいません。
 気分転換になるし、リハビリにもなると思うので、早く自転車に乗れるようになるといいですね。
 続く
旅人
2009/07/01 18:35
 以前に「夏カレー」と題してブログ(2008年8月)に書いたのですが、僕は母の作るカレーが大好きでした。「夏カレー」とは、母の考案(たまたまそうなっちゃったのを、好評だったので続けた)した夏向きの汁気の多いカレーのことです。食欲が減退しがちな夏には、このカレーが一番でした。
 料理がまったくできない僕には“夢のまた夢”なのですが、いつか勉強してこの「夏カレー」を作ってみたいです。この味は僕しか知らないので。

 でも、
 もし作れて、それを食べたら・・・


 泣いちゃうかも!
旅人
2009/07/01 18:45

旅人さん、こんばんは(*´ω`)ノ

って、ちょっとちょっと!!


> “手入れしないからじゃああ!オラア!!”


…コレって捏造じゃないですか(爆)


ここにいらっしゃる方が
まるで私が怖い女だと
勘違いされちゃいますから〜www

って、感心ですね〜(^^)!
私が言った、あんなひと言に
ちゃくと聞く耳持ってくださって
おまけに掃除を実行させたなんて。

あ、そーそー
ルーブで汚れとれますよ(^^)

なので、自分は
外から戻って来て
まだチェーンが温かいウチにルーブ塗ってウエスで磨くとまとめて掃除する手間が省けるんですよ(^^)




よっち
2009/07/02 19:30

何か一部、
入力ミスあってスミマセンでした(-人-)ハズカシッ…
よっち
2009/07/02 19:32
こんばんは、僕も、kawasakiGPX750Rに乗っている時同じ様な事有りました。 旅人さんのブログ観覧すると、バイクに明け暮れた青春時代思い出します。

山女魚
2009/07/02 20:46
 よっちさん、こんばんわ。

 あっ、師匠!
 わざわざありがとうございます。
 おかげさまで、グータラな旅人も愛車を整備することができました。

 ところで自分、リターンしてまだ8ヵ月です。
 したがって、キャリアはよっちさんの方が長いです。
 それにメンテは、よっちさんの方が僕より詳しいし、オフ車も経験されてるし・・・
 ですから、よっちさんは師匠と呼ぶにふさわしい方なんです。
 これからもご教示よろしくお願いします。

 顔文字と言葉遣いはできるだけご本人に似せて・・・

 ・・・・・・・・・・

 ・・・ませんから。

 みなさん誤解されないように。
 ご本人はとってもやさしい方です。

 変換ミス?
 気にしないでください。
 自分も、“師匠”って打つところを、
 “支障”って打ってて、
 しばらく気づきませんでしたから。(´∀`)
旅人
2009/07/02 21:29
たしかに見事に錆びてますね・・・うちのGSX-Rも結構放ったらかしですが、ここまではいきません。やっぱりコストダウンのせいでしょうか・・・錆はチェーンオイル塗ってしばらくしてなじめば、とれると思うけどなぁ・・ムリかなぁ・・・

それより、このカスタムバイク・・・何がベースか考えるのが面白かったです。気がつけばすぐにわかるのですが、ちょっと時間がかかりました。

コレ、CB400 SUPERFOURですね。ほとんど原型とどめてないです。テールをこんなにショートにして、ナンバー横につけて・・・しかも「norton」なんて書いて・・・あまりに個性的で・・・面白いですね。本当にこのバイクが好きなのが伝わってきます。



けいつ〜
2009/07/02 23:08
まぁ、バイクは気のみ気のままフラッと目的もなく走って、いろんなものに出会うのが醍醐味ですから・・・遠出しなくても、ただ近所やそのヘンを走ってもいい・・・それを考えれば旅人さんのバイクとの付き合い方は正しいですよ。
けいつ〜
2009/07/02 23:11
 山女魚さん、こんばんわ。

 そうでしたねえ、山女魚さんもNinjaに乗ってらしたんですよね。
 青春時代ですか。
 山女魚さんはどちらの方を走られてたんですか?
 ビーナスラインなんかいいみたいですね。
 まあ、青春は年齢とは関係ないと思うので、バス釣りに夢中になっていらっしゃる現在の山女魚さんも、青春時代まっただ中にいらっしゃるのだと思います。
 ライダーとして復活されて、オートバイで釣りに行くなんてどうでしょうか。
 江の島の岸壁に行くと、原付で海釣りに来てる人、けっこう見かけますよ。
旅人
2009/07/03 00:54
 けいつ〜さん、こんばんわ。

 この錆びには、実際びっくりしました。
 長年乗ってますが、こんなの初めてなんで。
 これは本当に異常ですよ。
 おっしゃるようにコストダウンの影響があるのかもしれません。
 とにかく、これからは頻繁に注油していきたいと思います。

 えーっ!
 マジっすか?!

 CB400スーパーFOURっていえば、オーソドックスな形をした一番オートバイらしいオートバイじゃないですか。
 全然そんなふうに見えませんでしたよ!
 ガチガチにカスタムされてて、まったく得たいの知れないしろものになってました。
本人は、相当いじるの好きそうでしたけど。
 メットもオリジナルみたいだし、ウエアにも相当凝ってました。
 全体の印象として、彼の趣味は日本人のそれとはちょっと異なるような感じでしたね。

 でも、さすがけいつ〜さん。
 すごい眼力です!
 続く
旅人
2009/07/03 02:44
 僕にとってはオートバイって、
 ただ乗ってるだけで楽しい乗り物です。
 それに、楽しもうという気持ちさえあれば、
 どんなことにも楽しみは見つけられますよ。
 楽しみを作り出すのは、
 条件や環境ではなく、
 自身のマインドですからね。
 でも、できればツーリングもしたいです。
 近場でもいいから。
 河口湖から本栖湖まわって、
 朝霧高原にもう一度行ってみたいと思ってます。
 ウチからだと、1時間ちょっとで行けるんで。
旅人
2009/07/03 02:54
そうですよ。ヨーロピアンなスタイルのCB400です。フレームの形状と水冷4気筒のエンジンでわかりました。

あら?そうなんですね。河口湖あたりならうちからも行けそうですね。いつかいっしょにツーリングできたらいいっすね。
けいつ〜
2009/07/03 17:00
 けいつ〜さん、こんばんわ。

 やはりCB400なんですか。
 それにしても恐ろしいカスタムですね。
 まったく原形とどめてなくて、
 いったいなんのために、購入時にCBを選んだのか、
 疑問に感じちゃいますよ。
 あれはナントカ改じゃなくて、
 もはや、まったく別のオートバイです。

 富士五湖とか、その先の朝霧高原は、
 昔しょっちゅう行ってました。
 好きなところだし、
 母との思い出の場所でもあります。

 いつかいっしょに走れたらいいですね。
 もっとも、Ninja250Rじゃ、
 GSX−R1100の加速には、
 とてもじゃないけどついていけませんよ。
 ジェット戦闘機とセスナくらいの違いがありますから。
旅人
2009/07/03 19:12
旅人さん、今晩は〜♪
恥ずかしながら〜オートバイのことはチンプンカンプンで、全く分からないのですが、、、
「チェーンが錆びた!!」ということは分かりますよ(笑)
バイク好きな旅人さんらしからぬ事態ですね.。o○
いつも〜いつも〜事故やお怪我のないことだけを祈っています
そう、、、お母様の代役で〜ね

つんちゃん
2009/07/03 22:35
旅人さん、コンニチワ!コメントが遅れてしまい、ごめんなさいね。
何しろ昨日と一昨日、自分のブログで七転八倒していたものですから・・。(笑)
それにしても、バイクを愛する人って、我々には分からない苦労が尽きなくて大変ですね〜。
そうそう、多摩沿線道路沿いのねむの木、一見立派そうに見えますが・・近くで見ると幹の傷が痛々しくて可愛そうですね〜。何とかならないものなのでしょうか・・。 
可憐で美しい花々が、たわわに実る光景は、見ているだけで「逞しい生命力のおこぼれ」に預かるようで元気が出てきます。   
また、「一期一会」とは言いますが、旅人さんのようにバイクに乗っていると、色々な風景や、色々な人々との出会いを楽しむ事も、魅力のひとつなのかも知れませんね〜。羨ましい〜・・。
さて、ワタクシ、今から娘と病院に行って来なければなりませんが・・その後旅人さんの体調は如何ですか?
夢見る引きこもり☆
2009/07/04 13:03
 つんちゃん、こんばんわ。

 つんちゃん、よくわかってるじゃないですか。
 おっしゃるとおりです。
 チェーンが錆びちゃったんですよ。
 それだけのことです。
 あとは例によって、
 ドジな自分がドタバタやってるだけなんです。

 チェーンやタイヤは“足回り”と言って、
 問題があると大事故につながる、
 非常に大事な部分です。
 ライダーにとっては、生命線みたいなものなんです。
 だから、みんな神経を使うわけです。

 今日は母の一周忌の法要をとり行いました。
 神仏に篤く帰依されているつんちゃんに見守ってもらえれば、僕も安全に走ることができるというものです。
 母も喜んでくれると思います。
旅人
2009/07/04 19:20
 夢見る引きこもり☆さん、こんばんわ。

 ブログの更新で苦労されていたのですか。
 夢見る☆さんのように、定期的に同じ曜日に更新される方が更新されていないと、こちらとしては何かあったのではないかと気になってしまうのですが、ご本人としては、それがプレッシャーになってしまう場合もあるかもしれませんね。
 しかし、こちらとしては夢見る☆さんがお元気ならそれでよいので、無理して更新されなくてもよろしいのではないかと思うのですが。
 夢見る☆さんのブログは、すべて渾身の作ばかりなので、気の向かない時は2回でも3回でもお休みして、心身ともにコンディションのよい時に書かれるようにしてください。

 オートバイのメンテは、好きだからこそやるものなので“苦労もまた楽し”です。
 続く
旅人
2009/07/04 19:34
 何か趣味みたいなものをやっていると、そのつながりで様々な人との出会いがあります。
 ブログもまたしかりです。
 こうして夢見る☆さんと交流することができるのも、ブログという趣味のおかげですから。
 ブログを通じての夢見る☆さんとの一期一会に、僕はとても感謝しています。

 病院に行かれるのは、定期的な通院としてでしょうか?
 体調がお悪いわけではないですよね?

 多摩沿線道路沿いのネムの木については、その美しさとは裏腹な痛々しい姿に心底心が痛みました。
 そして、大きな試練に遭遇しながらも、凛として美しい花を咲かせているそのけなげな姿に、夢見る☆さんを連想してしまいました。
旅人
2009/07/04 19:48
旅人さん、コンニチワ!
実は今回の私のブログ、更新するのに苦労したことは事実ですが・・
旅人さんが心配してくださったように、更新するプレッシャーと同次元で、今現在私が「生きている証」を残したい思い、だからこそ、こんな私が今何を感じ、何を苦しんでいるのか、出来るだけ後世に(主に子供たちに)残したいと思っているからです。
あ、それからもう一つ、(これが最も大きな要因の一つですが)やっぱり「自分自身」のため、ということになるのでしょうかね〜。
続く・・



夢見る引きこもり☆
2009/07/05 11:29
つまり生きる「糧」とでも言えば良いのでしょうか。
従って、私のような〈地味な)ブログなど、読んでくださる方も限られているも重々承知していますから・・良いことも・・悪いことも・・恥ずかしいことも・・出来るだけ格好つけずに曝け出すようにしているつもりなのですが・・。
とは言っても・・今回のように「辛いな〜」と思ってしまうこともあるわけです。(笑)
ところで、今回の私のブログ、旅人さんにしては珍しく、(もしかして初めて?)読んでくださらなかったようですが・・(号泣!)
実は昨日病院に行ったのは、昨年来苦しんでいた「痺れ」がひどくなり、二週間前から専門医の「脳神経外科」で点滴を打って貰うためでした。
で、今回、二回の通院で色々問題点も浮かび上がってきて・・その辺のことは、いずれまた機会があれば発表したいと思っています。
というようなことで、今回は何故か旅人さんのご機嫌を損ねてしまったようで心苦しく思っていますが・・
何分にも鈍感な私としては、戸惑うばかりです。
もし、失礼があったのならごめんなさいね。
夢見る引きこもり☆
2009/07/05 11:34
 夢見る引きこもり☆さん、こんばんわ。

 夢見る☆さん、
 機嫌を損ねてなんていませんよ。(笑)
 夢見る☆さんのブログは日曜にならないと更新されない、という思い込みがあったので、うっかりして読むのが遅れてしまっただけです。
 それに、4日の土曜日は法事(母の一周忌法要)で一日留守にしてましたし、その前日は準備でなにかと急がしかったんです。
 今日の午前中に更新に気づいて、あわててコメントを書いた次第です。
 コメントが遅れたおわびに、外出の予定時間を繰り下げて書かせていただきました。
 なにしろ、夢見る☆さんは僕にとって大切な方ですから。
 そして、それを書いている途中で、夢見る☆さんから再度のコメント(本コメント)をいただいたというわけです。
 なにはともあれ、ご心配をおかけして申しわけありませんでした。
 m(_ _)m

 ブログに対する思いは、僕も夢見る☆さんと同じです。
旅人
2009/07/05 20:12
「チェーンクリーナー」ですよね。
パーツクリーナーと違って、油分が入っていて、
揮発成分が飛んでしまえば油分が残ります。
間違ってフロントのローターにも噴霧していたら・・・
NOBU
2009/08/29 20:41
 NOBUさん、こんばんわ。

 コメントありがとうございます。
 そうですか、
 ぜんぜん知りませんでした。
 チェーンクリーナーって、
 油分を含んでて、
 それが残るんですね。
 どおりで、ブレーキディスクにかけたら、
 ブレーキが利かなくなるわけです。
 てっきり、油を溶かすだけだと思ってました。

 これからは、チェーンルーブ同様、
 周辺に付着しないよう気をつけます。

 貴重な情報ありがとうございました。
旅人
2009/08/29 23:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チェーンの錆び落とし♪ 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる