夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS オートバイについて思うこと

<<   作成日時 : 2009/09/01 03:26   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 オートバイってなんなのだろう?旅人なりに考えてみました。動画では、20年前の旅人の顔が見られます。若いです。

画像

       20年前の動画の一場面。当時の旅人の顔。

画像

 スズキGF250と旅人。1987年12月29日、箱根大観山山頂にて撮影。写真は、画像の上でクリックすると拡大してご覧になれます。

画像

       8バルブ、音最高!スズキGF250。

 旅人はかつて、

 スズキGF250というオートバイに乗っていました。

 このスズキGF250、

 動画の音声ではわからないけど、

 8バルブで、

 音が最高によかったんですよね。

 現在のようなエコの時代には、

 考えられないようなオートバイです。

 当時は、

 マシンそのものに、

 ロマンが感じられましたね。

 いい時代でした。


 オートバイって、

 危険だし、

 汚れるし、

 非効率的で実用性に乏しいし・・・

 ロマンを愛する心がなければ乗れない乗り物だと思います。

 人の心が変わり、

 人生にロマンを求めなくなれば、

 当然、必要とされなくなります。


 今、オートバイの世界全体に、

 その衰退を思わせるような兆候が、

 広く見られるということは、

 すべてのものには、

 寿命というものがあるので、

 オートバイにも、

 それが近づいてきているということなのでしょう。


 そのうち、オートバイなんて、

 博物館にでも行かなければ、

 見られなくなるかもしれません。


 時代が遷(うつ)っていけば、

 得るものも多いでしょうが、

 それと同じだけのものを、

 人間は、失っていくのです。

 進歩とは、

 幻想にすぎないのかもしれません。


 人間は、より無機質に、

 “生き物”ではなく、

 単なる“物”に近づいていくような気がします。


 寿命と言えば、

 地球にも、

 太陽にも寿命があるように、

 人類にもやがてそれが訪れます。

 この世で一番人間に近いマシン、

 オートバイの衰退は、

 人間精神の週末を、

 暗示しているように思えてなりません。


 ライダーのみなさん、

 オートバイというカルチャーにとって、

 厳しい状況が続いていますが、

 未来への明るい見通しなど皆無ですが、

 それでも、

 僕たちは、

 今、

 まさに今!

 オートバイに乗ってますよね!

 楽しんでますよね!


 それだけでいいのかもしれません。


 この一瞬を大切にしていきましょう。

 乗って、

 乗って、

 乗りまくりましょう。

 いずれ誰にでも、

 乗れなくなる日がやってきます。

 その日がくるまで、

 心ゆくまで楽しんじゃいましょう。

 今、僕たちが味わっている喜びは、

 誰にも奪うことはできないのですから。


 みなさんの、

 オートバイとのおつきあいが、

 末永く、

 楽しく、

 安全に続いていくことを、

 心から願っています。


 ピース! (^^)v



 下の動画は、今から22年前(1987年)の旅人と、その当時の愛車スズキGF250の動画です。内容は、旅人がスズキGF250に乗ってきて、エンジンを切りヘルメットを脱ぐというだけのものです。その際、一瞬顔が見えるのがミソです。上映時間、たったの21秒。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時


この前、レース観戦した時に聞いたんですが
250の開発も終了、
125のツーストも終わり、
いきなり600クラスでは敷居が高いとかで

ますますバイクの世界は
狭まって行ってる気がしますね… ( ´ω`)

旅人さんがおっしゃってるような
「ロマン」は
何処に??


よっち
2009/09/01 11:24
 旅人さん、コンニチワ!
 見せて頂きましたよ、22年前の旅人さんのお顔。しかも3回も。
 さすがに大きな画像で見ると迫力ありますね〜。 
 でも・・いまいち一瞬すぎて分からなかったかな?
 う〜ん、残念!(笑)
 願わくば今度は現在の旅人さんのお姿なんぞを。
 って・・無理ですよね〜、モチロン。(笑)
夢見る引きこもり☆
2009/09/01 12:54
 よっちさん、こんばんわ。

 昔聞いたことがあるんですが、250って、メーカーにとっては薄利な商品なんだそうです。
 ということは、多売しないとダメなんですね。
 でも、今、乗りませんからね、250。
 あと、400や750もあまり製造しないみたいです。
 ユーザーが減ってきてるのは明らかなんで、しょうがないのかもしれませんが。
 オートバイにかぎらず、最近は、モータリゼーションそのものに興味のない若者が増えてきてるっていう話ですね。

 オートバイって、その不便さも魅力のひとつなんですよね。
 しかし、世の中が加速度的に便利になっていく中、その便利さに慣れてしまうと、不便なものは徐々に敬遠されていくのでしょうね。
 確かに生活は、年々便利で快適になっていきますけど、それによって失うものも大きいと思います。
 例えば、生きてる実感とか、夢とかロマンとか・・・

 まっ、暗くなっててもしょうがないんで、
 お互い、今を楽しく走りましょう。
旅人
2009/09/01 17:53
 夢見る引きこもり☆さん、こんばんわ。

 夢見る☆さん、お元気ですか。
 体調の方は、よくなられましたでしょうか。
 くれぐれも無理なさらないでくださいね。

 旅人の顔、見えなかったんですか?
 それは残念でしたねえ。
 ほんの一瞬ですからねえ。
 でも、そこがいいところなんですけどね。
 アラがわからなくて。 ニヤリ ( ̄一+ ̄)
 しかし、それとなく、
 雰囲気?みたいなものは、
 つかめたのではないでしょうか。

 現在の顔ですか?
 動画の顔に22年の歳月をプラスすると、現在の顔になります。

 ・・・て、
 当たり前ですね。

 まあ、以前にも申しあげましたが、
 夢見る☆さんのイメージを壊したくないので、あまりハッキリさせない方が・・・(笑)
 もっとも、
 “そんなたいそうなイメージ抱いてない”って、言われればそれまでですけどね。 (^^;)
旅人
2009/09/01 18:09

また来ましたよ〜(^^)

そーそー、
旅人さんにお願いがありますが
旅人さんのブログにリンク貼らせてくださいね(^人^)
よっち
2009/09/02 13:34
 よっちさん、こんばんわ。

 いや〜っ、
 お忙しいところを、
 2度までもコメントを寄せていただき、
 恐縮です。m(_ _)m

 しかも、うれしいことに、
 旅人のブログに、
 リンクを貼っていただけるとのこと。

 願ってもない幸せですよ〜♪
 よっちさんファミリーの一員になれたような気がして、すっごくうれしいです。

 ところで自分、
 「リンクを貼らせてください」なんて、
 おそれ多くて、
 お願いできないたちなんですが、
 リンクを貼っていただいた方のブログについては、こちらからもリンクを貼らさせていただきますので、
 ご了承のほど、よろしくお願いします。(-人-)
旅人
2009/09/02 18:20
こんばんは、あの頃のオートバイは、凄くオートバイらしい感じしました。 クラシック的で。今も、たまに
旧オートバイ見ると懐かし感じします。あの頃、良かった、今もクシタニジャンバー僕も、たまに着ますよ。青春時代の宝モノだし、落ち着いたらライダー復帰したいと考えて降ります。
山女魚
2009/09/02 22:12
 山女魚さん、こんばんわ。

 クシタニ!
 よくおわかりになりましたね。
 山女魚さんのそのお言葉を聞いて、
 懐かしさで胸がいっぱいになって、
 涙が出そうになりました。

 かつて、
 オートバイの黄金時代があって、
 そして、
 青春を謳歌しましたね。
 とにかく若かったし、
 毎日が楽しかったですね。

 まだ、クシタニのジャンパーをお持ちだそうで、
 うらやましいかぎりです。
 自分は、
 思い出のいっぱいつまったこのジャンパーを、
 どこかへやってしまいました。

 山女魚さんのライダー復帰、
 心からお待ちしています。
旅人
2009/09/03 00:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オートバイについて思うこと 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる