夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 編集中

<<   作成日時 : 2009/11/01 00:03   >>

トラックバック 0 / コメント 12

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

お墓参りお疲れ様でした。

おばあさんの車。
あれじゃ通れないもんね。
逆走しなきゃいけない羽目になったとは
走るとき怖いよねー。

どんな人が運転しているのか
車を見ただけじゃわからないもんね!
そういうことも気を付けて運転しないと
危ないですよね。
私も気をつけますね♪


月子
URL
2009/11/02 02:47
お墓参り、お疲れさまでした。
草取りも何方かがなさって下さっていたようで、「良かったね」と思っていたら・・・

とんでもない事が起きてしまいましたね。
おばちゃんになると皆がこうではないけど、こうなる人がいますねぇ〜
困ったおばちゃんですねぇ。
こうならないように気をつけなきゃ、と思いました。
私は運転はしないけど、運転だけの事ではないですよね。
ビオラ
2009/11/02 08:33
旅人さん、コンニチワ!
お墓参り、お疲れさまでした。
ご両親もさぞお喜びだったことでしょう。(*^_^*)
それにしても、異星人・・じゃなくて(笑)オバアサンの件(くだり)では、思わず笑ってしまいました。
瞬時に相手の素性や本性まで見抜いてしまう旅人さんの観察眼には、改めて敬服するばかりですが・・
 おかげで、そのオバアサンの姿がまざまざと浮かんできて、何ともユーモラスに映ったからです。
 でも車の運転に限らず、自分では気づかぬうちに人サマに迷惑をかけていることって間々ありますから、「他人事」だと思って笑ってばかりもいられませんよね。私も気をつけなきゃ。(笑)
 お母様との思い出のベンチ、母子像、木の実の風景・・
>季節はうつろい、時は容赦なく流れていきます。<
 深まり行く秋・・今年もいよいよ11月ですね〜。
夢見る引きこもり☆
2009/11/02 12:03
 月子さん、こんばんわ。

 いろいろな人が運転してますからね。
 寝不足の人
 悩みがあって、もの思いにふけりがちな人、
 頭にきてカリカリしてる人、
 体調が悪くて集中力が持続しない人、
 常識のない人、
 それに、認知症の人。

 どんな人が運転してるか、
 外からではわからないので、
 ライダーは自身を守るために、
 さまざまな工夫をする必要があると思います。
 そのひとつが、視認性の悪さをカバーする努力。
 相手のミラーに映るドライバーの顔を手がかりに、
 できるだけ自分を目立つ位置に置いて、
 存在をアピールすることが、
 安全走行にとって重要なポイントになるのです。

 北海道の場合は渋滞が少なく、
 スリ抜けをする機会もあまりないようなので、
 その点、不安材料が少なくていいですね。
旅人
2009/11/02 20:32
 ビオラさん、こんばんわ。

 お墓に着いて、
 草があまり生えていないのを見た時、
 そんなことは初めてだったので、
 かなり驚きました。
 これまで何十年ものあいだ、
 草とりや掃除をしてきたので、
 たまにはこういうことがあってもいいかな、
 なんて思っちゃいました。

 車の運転以外でも、
 いろいろなところで、
 ほかの人に配慮しないお年寄りを見かけます。
 従来は、このような人々は、
 元々がそのような性格で、
 高齢になって、
 それが一層顕著になってきたものと、
 考えていました。
 しかし、実際はどうなのかわかりません。
 みんな、年をとると、
 ある程度はそうなってしまうのかもしれないし。
 今、厳しいことを言っている自分だって、
 将来はどうなるかわかったもんじゃありません。
 ただ、他人の行いを見て、
 自らをふり返り、
 自戒することは大切なことだと思いました。
旅人
2009/11/02 20:49
 夢見る引きこもり☆さん、こんばんわ。

 時の流れは、
 年々速くなっていくような気がします。
 夢見る☆さんと交流させていただくようになったのが、
 確か2008年7月。
 あれから1年と4ヵ月がたちました。
 お互い励まし合ってきたこの年月ですが、
 僕たちの出会いも、
 前世から決まっていたことのような気がします。
 秋という季節は、
 そんなことも考えさせてくれます。

 例のオバアサンについては、
 元気そうな身のこなしや、
 生き生きした表情から、
 高齢による衰えはないものと判断しました。
 逆に、よい身なりや、
 どことなく品のある顔立ちから、
 “世間知らず”という言葉が浮かんできたのです。
 あくまでも憶測に過ぎないのですが。
 いずれにしても困ったものです。
 このような、はた迷惑な行為については、
 自戒のきっかけにしたいと思っています。
旅人
2009/11/02 21:05
世の中いろんな人がいますから最低限の注意と緊張感は必要ですね(`・ω・´) b

それでも事故にあうときはありますが、生きていたならそのあと何をするかが大事ですね(`・ω・´)シャキーン
白玉ネコ
URL
2009/11/02 21:57
 白玉ネコさん、こんばんわ。

 さすがは白玉ネコさん!
 お若いのによく考えていらっしゃる。
 緊張感をもって運転すること、
 そして、もし事故にあってしまった場合、
 そこから何を学ぶかということ、
 この2点は、
 安全走行における原点だと思います。

 ライダーは公道を走っている以上、
 “KY”であることは許されないのです。
 いつでも緊張感を持続させながら、
 相手の心理を読み、
 動きを察知し、
 不測の事態への対応可能な状態を、
 保たなければなりません。
 そうすれば、何かあっても、
 最低限のダメージですむのです。

 一方、事故から何を学ぶか?

 自分、かつて事故で負ったケガ(左腕骨折、全身打撲)が治ったあと、
 ホンダNSR250Rというレーサーレプリカを買って、
 走り屋として大垂水峠を走りまくりました。
 あげくは、
 たまたま出会った名も知らぬ女性ライダーに、
 走り屋行為についてコテンパンに叱られ、
 走り屋をやめるにいたったのです。
 事故から、何も学んでいませんでした。
 ゴメンナチャイ m(_ _)m
旅人
2009/11/03 01:27
こんばんは、旅人さん
旅人さんのブログ拝見させてもらい人柄、優しさが
伝わります、お父さん、お母さんも空の上で見守っていますよ。 それから、バイク乗る時は、事故に十分注意
して下さい、もう今年も2カ月ですがお互い頑張りましょう。
山女魚
2009/11/03 22:01
 山女魚さん、こんばんわ。

 自分はひとりなので、
 亡くなった両親は、
 今でも、かつてと同様に、
 家族なのです。
 今の僕にとっては、
 両親の思い出だけが、
 生きるための動機になっています。

 山女魚さんにも、
 弟さんとの楽しい思い出が、
 たくさんありますよね。
 山女魚さんが、
 釣りをされている姿を、
 弟さんも空から見ていて、
 きっと、いっしょに、
 楽しんでくれていると思いますよ。

 時のたつのは、はやいものです。
 今年もあとわずか。
 時間というものの貴重さを、
 痛切に感じます。
 お互い、この大切な時間を、
 状況に流されず、
 自分らしく生きられるといいですね。
旅人
2009/11/04 01:27

記事読んでたら
ちょーど旅人さんからメールが(笑)
すごい、シンクロですね(^^)


そーそー、
自分も車運転するよーになってから
つくづく思ったんですけど
下手すると自分が凶器?になりかねないので
慎重に運転しないとですね^^;



よっち
2009/11/05 13:42
 よっちさん、こんばんわ。

 おっしゃるとおりだと思います。

 記事では、世間知らずと思われる人物の、事故を起こす危険性について言及していますが、
 事故は決して他人ごとじゃありません。
 被害者としてだけでなく加害者としても。
 オートバイに乗っていると、とかく自分が被害者側になることばかり考えてしまうけど、加害者にだって十分なりえるわけですから。
 オートバイ、車、関係なく、常に緊張感をもって運転したいものです。
 例えば、横道があるとして、
 そこから何かが飛び出してくるかもしれないと想定しながら走ると、
 何も考えないで走るより、
 実験の結果では、
 “ブレーキ操作に要する時間も、制動距離も半分ですむ”そうです。
 “もしかしたら”と思いながら運転することが大事なんですね。

 ブログ読んでる最中に、そのブログの持ち主からメールが届くとは・・・
 なんともグッドなタイミングでしたね。(笑)
旅人
2009/11/05 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
編集中 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる