夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉放浪ツーリング

<<   作成日時 : 2009/11/08 13:26   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 行き当たりばったりのツーリングをしてきた。ていうか、そうなっちゃったんで・・・(^^;)


 11月1日・日曜日、

 ここのところ喉に痛みがあり、

 今日も痛いんだけど、

 愛車を運動させるためにオートバイで自宅を出発。


 いつもの多摩川沿いの道、

 多摩沿線道路を走る。

 頭の中では、

 二子多摩川の橋を渡りナップスにでも行くつもりだった。

 しかし、

 気がついたら第三京浜を走ってた。(笑)


 すると、ヘルメットにピタピタと何かがあたる音が。

 “また、やっちゃった”

 自分、時々やるのだ。


 しかたなく、都筑インターでいったん降りることに。

 料金所手前でヘルメットのあごひもをしめた。

 ピタピタいう音は、

 しめてないあごひもが風でなびいて、

 ヘルメットに当たる音だったのだ。


 本来なら、そのまま第三京浜に入る車線の方に行って、

 また第三京浜に入り直したかったのだけど、

 自分のいる出る車線と、

 入る車線の境にバリケードがあってそれができない。

 しかたなく、料金を払っていったん料金所の外側に出て、

 そのままいくつもの車線を横切って、

 パイロンの間を通り、

 入口の発券機から通行券を受けとって再び第三京浜に戻った。

 今は、どの車もみんなETCをつけていて料金所を通過するスピードが速いので、

 料金所ブース前の車線を横切る時は、

 何度かクラクションを鳴らされてしまった。


 そうこうするうちに、

 保土ヶ谷インターに到着。

画像

       保土ヶ谷インターに到着。

画像

       わきの植え込みに木の実がいっぱい落ちてた。秋だ。

 いつものようにパーキングエリアへ。


 パーキングに入りオートバイ専用の駐車場に愛車を停めると、

 横に停めてあった、

 きれいなピンク色のハーレーが目に入った。

 ミラーにかけたヘルメットも同じカラーリング。

 カッコいいーーーーっ!!

 自分の愛車の写真を撮る時、

 そのハーレーもいっしょに入れて撮った。

画像

       手前に写ってるのが、ピンクのハーレー。

 さて、愛車を離れて売店に行こうとした際、

 ひとりの女性ライダーがこちらを見ているのに気がついた。

 見ると、中年の方だった。


 その時は、あまり気にとめず、

 そのまま売店へ向かった。

画像

       保土ヶ谷パーキングエリアの売店。

 売店でホットドッグを買うと、

 自販機で冷たいレモンティーも買って、

 いつもの、テーブルとベンチのあるウッドデッキのところへ行って食べることにした。

 ところが、ウッドデッキのところに来てみると、

 テーブルもベンチもひとつもない。

 少し前から数が減ってきていたのだが、

 ついに、“全部とっぱらっちまいやがった”

 ここで持参の弁当とか食われたら、

 売店がもうからなくなるってことか。 チェッ、ケチメッ!

 しかたなく、通常のベンチでホットドッグを食べた。

画像

       ガランとしたウッドデッキ。なんのために作ったんだー!

 このことに動揺したせいか、

 あるいはいやしいからか、

 ホットドッグの写真を撮るのをすっかり忘れてしまい、

 気がついた時には、

 うんと小さくなってしまっていた。(笑)

画像

       小さくなってしまったホットドッグ(笑)。

 食後は、駐車しているオートバイを見物するため、

 再びオートバイ専用の駐車場へ行った。

 先ほどの女性ライダーはまだ同じところにいて、

 僕が行くと、さっきと同じようにこちらを見ている。

 たぶん、年齢的に近いということで親しみを感じてくれていたのだろう。


 しばらくすると、

 その女性ライダーが、出発するらしく自分のオートバイに近づいて行った。

 そのオートバイを見ると、

 な、なんと!

 先ほどのピンクのハーレーではないか!!

 この年代でこのカラーリング!

 素晴らしいっ!!


 僕は、人の好みは年齢とは関係ないと思っているし、

 自分自身も同じように年齢超越派で、

 いまだに、派手なレーサーレプリカに憧れたり、

 コーナー攻めが大好きな人間だけど、

 だから、このような状況に接しても、

 単に当たり前のこととしか思わないはずなんだけど、

 それでも、実際このように年齢に関係なく、

 自由に自己主張する姿をまのあたりにすると、

 やっぱり感動してしまう。(^▽^)

 ということで、

 走り始めた瞬間の、

 彼女とその愛車の写真を無断で撮らせてもらった。

 m(_ _)m

画像

       ピンクのハーレーと女性ライダー。

 その後、年配のスーパーフォア乗りの男性に話しかけられ、

 30分くらいオートバイ談義に花を咲かせた。


 その男性を見送ると、

 時間はすでに2時半になっていた。

 今日は夕方以降、

 寒冷前線が通過する影響で、

 雨、突風、雷など天気が大荒れになるという予報が出ている。

 すでに僕が自宅を出発する頃には、

 南からの強い風が吹き始めていた。

 “そろそろ帰るとするか”


 ということで、

 保土ヶ谷パーキングを出発。

 横浜新道へと続く道路を走るが、

 出なければならない峰岡の出口をなんとなく通り過ぎてしまった。

 しかたないので、

 新保土ヶ谷インターから、横浜横須賀道路に入る。←ナンデヤッ!

 風が強いので、

 高速道路はできるだけ走りたくないと思っていたのに、

 なぜか入ってしまったのだ。


 うむむ、何やってんのかな自分。 (`ω´;)


 これは、ブログで交流している、

 白玉ネコさんの“放浪菌”に感染してしまったか。

 恐るべしネット感染!

 (`・ω・´)シャキーン ←白玉ネコさん。いつもシャキーンとされてる方なのです。


 というわけで、

 強い横風にあおられながら朝比奈インターまで走り、

 そこで降りることに。

 さて、料金所で料金を・・・





 て・・・


 ガ ━ ━ ━ ━ ━((( ° ◇  ° )))━ ━ ━ ━ ━ ン !!


 ご、ごしゃくえん!!


 たっけーーーーっ! ( ̄ □  ̄;)


 いつも使ってる横浜新道と一般道だったら、

 150円ですんだのに・・・



 ガックリしながら横浜横須賀道路を出て、

 朝比奈のクネクネ道を通り、

 鶴岡八幡宮の前で左折して由比ガ浜へ向かう。

画像

 鶴岡八幡宮。左に見える植え込みのようなものは、同宮の参道である若宮大路の真ん中を通っている、昔からある歩道。両脇の道より高くなっており、段葛(だんかづら)と呼ばれている。

 由比ガ浜へ着くと、

 海は大荒れ。

 灰色の空に、

 灰色の海。

 砂浜の砂を巻き上げる強い風。

 あらかじめ想定していたとはいえ、

 気分を落ち込ませるような荒涼とした風景だ。

 泳いでいる人なんか誰もいない。 ←アタリマエダッチューノ

 きれいな水着のオネエサンもいない。 (´・ω・`)ショボーン

画像

       由比ガ浜に到着。

画像

       海には強風で白波が立っていた。

 こうなったら、

 夕方から荒れるという天気を考えても、

 こんなところに長居する理由はない。

 僕は砂浜にも降りずに帰途につくことにした。


 海岸沿いを走る134号線はあいかわらず混んでいた。

 いつもどおりスリ抜けしながら行く。

 が・・・、

 海から吹きつけてくる横風は強烈だった。

 そのため、ガードレールと渋滞する車列とのあいだの、

 狭いところをスリ抜けるのも一苦労だ。

 車体が左右に揺さぶられて、

 車に接触するんじゃないかと気がきじゃない。

 おまけに砂が飛んできて、

 ヘルメットにビシバシ当たる。


 “オレなにやってんだろう?”

 “オレ、なんでこんなとこ走ってんだ?”



 周囲を見回しても、

 オートバイなんてほとんど走ってなかった。

画像

       スリ抜けしながら眺めた江の島。

 国道134号線から湘南新道に入り、

 国道1号線との合流地点まで来た。

 いつもは動いていない国道1号線。

 ところが、この時は空いていて、

 余裕で合流できた。

 ここには、70回くらい通ってるけど、

 順調に流れてる1号線を見るのは初めてだ。

 なんか、とっても貴重な体験をしたような気がして、

 すっかりうれしくなってしまった。 ヤッターッ! (^▽^)v

 天気が悪くても、いいことはあるもんだな。 


 横浜新道に入る手前のパーキングでトイレ休憩。

 面倒なので、

 ヘルメットをかぶったまま用を足した。

 ほかの人が見たら異様な光景かな。

 誰もいなくてよかった。(笑)

画像

       横浜新道手前のパーキング。

画像

       ヘルメット姿の旅人。参考画像。2008年10月撮影。

 横浜新道から第三京浜に入り、

 都筑パーキングエリアで遅い昼食をとることに。

画像

       都筑パーキングエリアに到着。

 券売機で海鮮天玉そばの食券を買う。

 ところが、

 カウンターのそばで待っていると、

 店員さんが元気いっぱいの声で、

 “野菜天玉そばのお客さーん”


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。


 どうやら食券買い間違えたらしい。

 いまさら訂正もきかないし・・・

 まっ、しょうがないや。

 なにやってんだかまったく。

 (´д`)=3 ハア

画像

       間違って買ってしまった、野菜天玉そば。

 食後、少し休憩して都筑をあとにした。

 第三京浜を川崎インターで降りると、

 多摩沿線道路へ。


 多摩沿線道路はあいかわらず混んでいた。

 左側からのスリ抜けもできず、

 かといって、

 右側の対向車線を走るのもままならず、

 長い間渋滞の中に閉じ込められてしまった。

 しかし、

 なんとか雨が降り出す前に自宅に帰り着けた。


 ということで、

 今回は(も?)、えらく情けないツーリングになってしまった。

 無計画で行き当たりばったりの、

 いい加減な走り。

 天気がよくなかったので、

 景色もパッとしなかったし、

 なにより、風が強くてコワかった。

 なーんも収穫なし。


 でも、これでいいんだ。

 事故に合わなかったし、

 雨が降り出す前に家に帰れたし、

 空いてる1号線は見れたし。

 それに、

 走ってるあいだは、

 それなりに楽しかった。

 こういう、

 なんにもないことの幸せっていうのも、

 ありだと思うよ。 (`・ω・´)b

 決して負け惜しみなんかじゃなくてさ。

 ハードル低いと、

 幸せが近くなるんだ。


 来週も、オートバイに乗れるといいな。

 また、行き当たりばったりの旅に出よっと♪

 (`・ω・´)シャキーン


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 旅人さん、コンニチワ!
 足の向くまま、気の向くまま、たまには放浪のツーリングも好いですよね。
 っていうか、これこそがツーリングの醍醐味なんじゃないですか?(^^♪
 お天気が荒れ模様だったのはちょっと残念ですが・・まあその分、道路が空いていたのだから「良し」としましょうか。(笑)
 パーキングエリアでのピンクのハーレー、格好良いですね〜。
 乗っておられたのは、年配の女性ライダーということですが、実は私も「ショッキングピンク」は大好きな色のひとつなので、衣類や小物類、結構この色のものを沢山持っているんですよ。
 おっしゃるように、趣味や好みまで年齢なんかに左右されたくありませんものね。(^_-)-☆
 人間一歩外に出ると、思わぬハプニングに出くわすものですが・・
 旅人さんのブログは、写真を始め、情景描写、状況描写の「巧みさ」、「緻密さ」もさることながら、ご自分のホンネを飾らず綴っておられるので、いつも気持ちよく読むことが出来ます。
 ところで、ヘルメットの奥の旅人さんのお顔、今回も見えそうで見えないのがミソというか、アッパレというか、残念というか・・(笑)
 冗談はさておき、何はともあれ、雨が降り出す前に無事帰りつけて良かったですね。
 次回は是非晴れを期待しましょう。
夢見る引きこもり☆
2009/11/09 13:27
喉の痛みは大丈夫でしたか?
熱は出なかったですか?
体調が優れない中で、沢山写真も撮って見せて下さり、記事に吸い込まれ、一緒に出かける事が出来たような気分になれました。
季節感のある木の実(椎の実?)イイ感じですぅ。
女性のライダーさん、かっこいいですね。
ビオラ
2009/11/09 16:37
 夢見る引きこもり☆さん、こんばんわ。

 気の向くままに自由に走れるというのが、ソロツーリングのよいところです。
 マイペースな性格の自分には、こういう旅が一番合っているような気がします。
 ただ、ブログを書くという点から見れば、
 ソロだと、モチーフが不足しがちで、
 内容的に、もの足りなくなってしまう傾向があります。
 そのため、僕は、記事に関連する自分の経験や知識、自らの意見などをできるだけ文章に盛り込むようにしているのです。

 ショッキングピンクは、20年くらい前に、十代の女の子たちのあいだでたいへんはやりました。
 夢があって、ロマンチックで、
 僕は当時からこの色が大好きでした。
 この女性ライダーのように、
 固定観念に捕らわれず、堂々と自己を主張されている方を見ると、同志に出会ったようで、うれしくなってしまいます。
 ショッキングピンクがお似合いの夢見る☆さんは、
 きっと素敵な方なのだと思います。

 僕の顔が見えそうで見えない写真を掲載した際の、夢見る☆さんの反応がとっても面白くて、クセになりそうです。
 こういう写真、
 どんどん載せちゃおうかな。ニヤリ ( ̄一+ ̄)
旅人
2009/11/09 19:42
 ビオラさん、こんばんわ。

 ありがとうございます。
 熱は微熱程度なのですが、
 もともと耳鼻咽喉系の弱い自分は、
 一度炎症を起こすと、
 それが長引いてしまうのが悩みです。
 でも、それよりビオラさんの方こそ、
 足の痛み、いかがでしょうか。
 がんばって家事は普通にこなされているということなので、
 その点は少し安心しているのですが、
 リハビリについては、
 くれぐれも無理をなさらないようにしてください。

 オートバイに思うように乗れないので、ブログの更新も大変です。
 しかし、ビオラさんが病と闘いながら、ブログを頻繁に更新されたり、寄せられたコメントに、丁寧に返信されているのを拝見してとても励まされています。
 僕のブログを読んでいただいて、少しでも旅の気分を味わっていただければうれしいです。

 木の実は、おっしゃるように、
 幼い頃に見た椎の実に似ている気がします。
 木の実を見ると子供の頃を思い出します。

 女性ライダー、
 ビオラさんだったら、もっとカッコいいかも、
 なんて思ってしまいます。
旅人
2009/11/09 20:05
( ゚▽゚)/コンバンハ
喉が痛いのに頑張って走ってきたんですね〜。
大丈夫でしたか?
私はバイクシーズンには、
何があっても風邪の症状を言わないようにしています。
「寒いのにバイクに乗るからだ!!」
って言われちゃうもんで(^^;;
でもいつの間にか治っちゃうんだけどね(笑)

ドングリを見ると、秋だな〜♪って感じがしますね。
そういえば、最近木の実なんて見ていない気がします。
こういう写真ってなぜかホッとするんですよ(^^)


>きれいな水着のオネエサンもいない。 (´・ω・`)ショボーン

この顔文字、何だか可愛くて好きです( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

今日はまた雪が降りました。
すぐ解けちゃいましたけどね(^^)
気温はすっかり一桁になってしまいました。
月子
URL
2009/11/11 22:26
 月子さん、こんばんわ。

>「寒いのにバイクに乗るからだ!!」
>って言われちゃうもんで(^^;;

 それって裏返すと、ご家族がそれだけ心配してくださってるってことだと思うので、
 ひとりぼっちの旅人としてはうらやましいくらいです。

>でもいつの間にか治っちゃうんだけどね(笑)

 そうでしょう、そうでしょう。
 月子さんが (≧∇≦)ブハハハ! って笑えば、
 風邪のバイ菌なんかどっかに吹っ飛んじゃいますよ。

 最近は、季節の便りを目にする機会が少ないし、
 みなさん、お忙しくて仕事に追われてるから、
 まったりとした感じのドングリとか見ると、
 ホッとするのかもしれませんね。

 今頃の雪はすぐ溶けちゃうからまだまだ走れますよ。
 自分はカイロを貼って走ったことはありませんが、
 気温が7度くらいあれば、それでも全然大丈夫です。

 きれいな水着のオネエサンがいなかったのは残念でした。(笑)
 そのかわり来年は、
 月子さんをはじめ、きれいな女性ライダーがたくさんいる北海道を、
 ぜひ走ってみたいです。(`・ω・´)シャキーン
旅人
2009/11/11 23:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鎌倉放浪ツーリング 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる