夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS もう一度旅をしよう

<<   作成日時 : 2010/05/06 19:14   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 さまざまな未解決の問題は置いといて、障害は無視して、先のことはあまり考えないで、とにかく本来の自分であろう。怖れずに自分らしく生きよう。そう思いました。


 2008年8月に最愛の母を亡くし、

 そのあとも、

 納骨の日に、自分だけに起きた大きなトラブルや、

 庭の草とりをしたために、

 半年以上も続く激しい腰痛に苦しんだこと、

 尿管結石の痛みで七転八倒したことなど、

 運命の神の意地悪による数々の災難のために、

 僕の心はすっかり萎縮してしまっていました。


 希望もなく、

 友人や仲間と呼べるような人もいなくて、

 生きることを否定されていると感じ、

 生きる理由も、

 がんばる理由も見い出せないままでいました。

 それでも、

 なんとか救いはないものかと、

 必死になって、もがき続けていました。

 しかし、僕の身に起こるのは、

 落胆させられるような、

 数々の情けない出来事ばかりでした。

 僕は、悲しみも涙もなく、

 ただただ、絶望の闇の中にいました。


 でも・・・


 もう、いいです。

 疲れました。

 もう、何も考えたくありません。

 もう、悩むのはたくさんです。

 考えたって、

 悩んだって、

 しょせん、どうにもならないことばかりなんですから。

 結果、どのようなことになろうが、

 それはそれで、自分の運命だと思うので、

 あまんじて受け入れるしかありません。


 今を楽しもう。

 たとえ、それが刹那的なことであったとしても。

 もう一度旅をしよう。

 なにもかも忘れて、

 “その時”だけに生きよう。

 純粋にその時だけのために。


 頭の中をカラッポにして、

 かつての、ピュアな自分に戻ろう。

 1年半前に、7年ぶりにライダーに復帰して以来、

 ツーリングには何度も行っているのだが、

 過去、何十回も経験していることでもあり、

 自分の中に、

 どこかしらけた、

 心から楽しめない自分がいた。

 でも、

 たとえ、100回行ったところであっても、

 101回目に、

 目からウロコが落ちるような、

 新鮮な驚きや、

 感動が待っているかもしれないのだ。

 楽しめるか楽しめないかは、

 自分の心の持ち方次第のような気がする。


 今まで積み上げてきたもののことは忘れて、

 コンプレックスに裏打ちされた、

 ゆがんだ自尊心なんて放り投げて、

 もう一度新しい目で、

 この世界を見てみよう。

 そして、

 “夢と冒険とロマン”の旅をしよう!

 かつて若かった頃、

 そうしていたように。

 コップの中の嵐だっていいじゃないか。

 それで、自分が心から満足できるのなら。


 みなさんも、

 旅を楽しんでください。

 旅は誰にでもできます。

 たとえ寝たきりの人にでも。

 想像力さえあるなら誰にでもできるんです。

 下は、そのことを教えてくれる、

 イヨネスコの真理の言葉です。



 この椅子、このスタンドをかなり永い間じっと見つめていると、

 旅行しないでも旅行がはじまって、

 世界がふたたび新しくなる。

                 ウージェーヌ・イヨネスコ
          (1909〜1994年、フランスの劇作家)



            *        *        *


 スキマスイッチ「全力少年」

  〽積み上げたもの ぶっこわして

   身につけたもの 取っ払って〜♪






            *        *        *


 このガイドマップを持って、

 ツーリングに行こう。

 21年も前のもので、

 今とは大分違っているかもしれないけど。

 この地図を見ながらあちこちさまよった、

 無心だった当時の自分を取り戻すために。



画像



 ★★★ あの感動をもう一度!! ★★★

    かつて、自分も全力少年だった

  *すべて、過去にUPした静止画、動画ばかりです。
   スルーお願いします。 m(_ _) m



画像


画像


画像


画像





画像


画像





画像



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
辛いことが有ると生きる希望が持てない時も有りますね。
私もいつもそうですよ。
「お母さん、もう良いでしょう?迎えに来て!」と祈る時が有ります。
そう思っても現実は「生きて」います。
辛くても生きないといけないのはどうして?
そう思う時、多いけど、生きる意味とか理屈を考えても解決しないですが、ダラダラとこの身体で生きていると言うのが私の実情です。
泣き言言いながらも、そんな中で何とか楽しいと思える事屋笑える事等探してます。
好きな事があり、それが出来る体力が有ればイイですね。
常に前向きな人はいないと思います。
でも基本は「前向き」でいられるとイイですね。
のんちゃん
2010/05/07 07:34
 旅人さん、コンニチワ。
 孤独感。疎外感。生きる理由も、頑張る理由も見出せぬまま・・というのは、私も同様です。
 しかも私の場合、後年になってから、治る見込みのないハンディを背負い込んでしまい、自力では身動きが取れないというオマケまで付いてしまいましたから・・  正直、日々ヨレヨレ状態で、挫けそうになる気持との葛藤の繰り返しです。
 ですから、こうして(どうにかこうにか)細々(ほそぼそ)と生きていられるというのも、元はと言えば、たとえブログ上とはいえ、縁あって旅人さんと知り合い、元気付けられたり、励まされたり、ささやかな充足感を味わうことが出来るからこそと言っても、過言ではありません。(ホントですよ)
 そんな私が、偉そうなことを言える立場ではありませんが・・(笑)
 旅人さんにはまだまだ「将来」が有るのだし、第一、健全な「精神」と「肉体」がお有りなのですから、めげずに前進して欲しいと願うのみです。

 ところで、>原点に帰って“夢と冒険とロマン”の旅をしてみたい・・。
 ステキなことですね。賛成です。
 旅をすると、日頃見られない風景と出会います。人と出会います。
 おっしゃるように、新鮮な「驚き」や、意外な「感動」も味わえるでしょう。
 神様は、決して旅人さんに「生きる」ことを否定しているわけではないと思いますよ。
 かつての「全力少年」に戻って、大いに人生をエンジョイしてください。

 あ〜あ、それにしても・・私も想像上の旅ばかりではなく、本当の旅がして見たいな〜。(独り言デス)

夢子
2010/05/07 12:15

バタバタしてて
訪問遅くなってすみませんでした(^人^)


そーですそーです。
嘆いても過去は戻って来ないので
現状をただ受け止めて
今を生きてく、

これだけの事なんですよね、
人生って(^^)


ご飯を食べて美味しい、
景色を見て美しい、
風を感じて気持ちいい、


そう思えるだけで
幸せだと最近思います(^^)

よっち
2010/05/07 14:54
こんばんは、旅がしたい。良いですね
色んな、風景、出合い有り、凄く新鮮な気持ちになれ
いつか僕も、ライダー又、復帰しあの時の新鮮な
風を感じ走りたい。バイク乗って居る時一瞬でも
いやな事から解放され足り、バイクって不思議な
力有りますね。
山女魚
2010/05/07 22:01
そーなんですよ。見えない先を心配してもしょうがない。考えれば考えるほど不安になる。私も同じです。だから考えても仕方ないので、今を精いっぱい楽しむ。刹那的快楽とも言えなくはないですが、私もそれでいいと思います。

ツーリング、ツーリング。見知らぬ土地への探訪もいいし、過去に行った場所の再確認でもいいし、風を切って走りましょう。ライダーはやはりライダーです。同じ場所にとどまってられないはずですよ。

あ〜、私もバイクで走りたい。
けいつ〜
2010/05/08 09:26
 のんちゃん、こんにちわ。

 今、経済的あるいは健康面の問題などで人生に失望し、生きる理由もがんばる理由も見い出せない人が多いみたいです。
 僕自身も、次々とふりかかる災難や、展望の開けない将来に落胆し、生きることの意味を常々疑問視してきました。
 そのため、ここ数年は、言わば惰性で生きてきたようなものです。
 しかし、
 いくら悩んでも、
 どんなに考えても、
 どうにもならないものはどうにもならない・・・
 結局、割り切るしかないんでしょうね。
 問題解決のために努力する一方で、
 楽しむべきことは心から楽しむというふうに。

 与えられた条件の中で、ご自分なりの楽しみを見つけながら、せいいっぱい自分らしく生きていらっしゃるのんちゃん。
 ご自分が苦しい時にも、他者への配慮や思いやりを忘れないのんちゃん。
 いつも尊敬していましたが、
 今回、そんなのんちゃんでも、心に迷いや葛藤を抱えながら生きていらっしゃることがわかり、
 なおいっそう、尊敬してしまいました。
旅人
2010/05/08 13:43
 夢子さん、こんにちわ。

 僕も、もはや若いという年齢ではないので、このまま人生を終わるのかと思うとあせりを感じてしまいます。
 でも、夢子さんのたいへんさは、僕なんかの比じゃないですよね。
 ただでさえ思うようにならないお身体なのに、そのうえ、後遺症や薬の副作用にも悩まされていらっしゃるつらさは想像すらできません。
 台所で奮闘されたり、リハビリで汗を流されたりしている夢子さんのお姿を思い浮かべると、
マジでお手伝いしてあげたくなっちゃいます。

 こちらこそ、夢子さんのブログにはいつも心を温めてもらっています。
 しかし、ブログでは、明るく陽気に振る舞っていらっしゃいますが、夢子さんにだって悩みや葛藤はありますよね。
 僕の拙いブログやコメントが、そんな夢子さんのちょっとした気分転換にでも役立っているとしたら、うれしいかぎりです。

 こんなブログですが、運命の神が僕を生かしておくのは、ブログを書かせるためなのかなと、最近思うことがあります。
 きちんと生活し、ちゃんとした仕事をするためにも、
 また、本当に喜んでいただけるようなブログを書くためにも、
 楽しむべき時には心から楽しめるよう、頭の切り換えに努力します。
旅人
2010/05/08 14:05
 よっちさん、こんにちわ。

 どうしていらっしゃるかと気になっていました。
 連絡するきっかけもそうそうないですし。
 でも、コメントを拝見して安心しました。
 以前と全然お変わりないなって。
 相変わらずしっかりされてるなって。
 寄せていただいたコメントに、
 よっちさんの人生哲学とか美学みたいなものさえ感じてしまいました。
 どこかの首相と違い、まったくブレていらっしゃらない。

 おっしゃるとおりですね。
 問題を抱えていても、生きていくしかないわけですから。
 現に存在してる自分を、否定しててもなんの得にもなりませんから。
 そして、生きていくのなら、ダラダラしないでメリハリをつけないと。
 働く時には働く。
 遊ぶ時には遊ぶ。
 “おいしい”とか“楽しい”とか思う気持ちを押さえつけないで素直に喜ぶ。
 感謝の気持ちをもって。
 それが生きるってことですね。
 そういうこと自体が幸せというものなんですね。

 このブログは、突然ひらめいて、
 短時間で書き上げました。
 今、僕に、
 “自分自身を変えるチャンス”のようなものがめぐってきてるのかもしれません。
 むずかしいとは思いますが、このチャンスを生かせるよう努力します。
旅人
2010/05/08 14:24
 山女魚さん、こんにちわ。

 そうですよね。
 オートバイって不思議な力を持ってますよね。
 ある女性カウンセラーは、心の病に苦しむ若者たちを、オートバイに乗せることによって治すという治療を行っていました。
 僕の場合は、体調が悪くてもオートバイに乗って走っていると自然によくなってしまうんです。
 また、僕は10数年前から、“人間はオートバイに乗ることで、脳の血流がよくなる”と考えていたんですが、最近、科学的な実験をへてそのことが実証されたようです。

 ま、そんな理屈は抜きにしても、オートバイって、無条件で楽しいですよね。
 僕は思うんですが、
 オートバイの場合は、たとえば渋谷から新宿までほんの15分程度走っただけでも冒険なんですよ。
 たったそれだけでも、心になにがしかの感動を覚えるんです。

 山女魚さんも早くライダーに復帰できるといいですね。
 でも、釣りも素敵なスポーツだと思いますよ。
 自然の中で、自身の知恵と技術を駆使しながら魚と勝負するなんて、筋書きのないドラマみたいで最高じゃないですか。
 人間によってあらかじめプログラムされたコンピュータソフトのゲームをやるより、ずっと面白いし健康的だと思います。
旅人
2010/05/08 14:42
 けいつ〜さん、こんにちわ。

 おっしゃるとおりですね。
 しなきゃならないことはいっぱいあるし、いろんな意味でプレッシャーがかかったりして、それに押しつぶされそうな感じだけど、
 でも、それはそれとして、
 遊ぶ時にはちゃんと遊ばないとね。
 楽しむ時には心から楽しまないとね。
 中途半端なことしてたら、
 なにもかも消化不良の状態になってしまいますから。
 よく遊べない人間は、
 いい仕事もできないと思います。

 大切なことは、
 自分で自分を縛ったりしないで、
 心を解放することなんですよね。
 自由になることなんですよね。
 そうすれば、遊びにも仕事にも、
 自身の力を100%発揮できるような気がします。

 完全にはネガティブになれない自分ですが、
 今まで状況に流されてるところがありました。
 むずかしいとは思いますけど、何に対してであれ、“割り切って全力を傾けること”に挑戦してみます。
 ツーリングをめいっぱい楽しんできます。
 閉塞した状況を打破するためにも。
旅人
2010/05/08 14:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
もう一度旅をしよう 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる