夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS ツイてねえ ε= (´д `)

<<   作成日時 : 2010/08/11 22:02   >>

トラックバック 0 / コメント 10

ささいなことなんですけど、やっぱり思うようにいかないことが続くと落ち込みますね。

画像

       大垂水峠を快調に走ったのに・・・

すでに以前のブログでふれたように、

今年5月、1万数千円を支払って、

デジカメ用のマウント(設置器具)を購入し、

愛車に取り付けました。

ところが、それにデジカメを設置し、

同月テスト撮影を行ったところ、

早くも2回目の撮影から、

動画に金属音のような雑音が入るようになってしまったのです。


雑音の原因はマウントにあると推測した僕は、

購入もとのナップスでみてもらいました。

すると、部品が一つ不足しているということで、

その部品を、お店のスタッフからただでもらうことができました。

画像

マウントの一番上の方、デジカメを載せる円盤状の台と、そこに設置したデジカメとのあいだにあるはずの小さな部品がなくなっていた。

ということで、

また、大垂水峠(おおだるみとうげ)でテスト撮影をすることにしました。

でも、峠の走行を撮影するのは今度が最後です。

かつて走り屋だった頃、

ホームコースにしていた大垂水峠は、

ブログで何回もふれたように、

路面はシケイン(減速帯)で凸凹の状態だし、

交通量は多いし、

当局の監視は厳しいしで、

とても走れた状態ではないからです。


特に、今年はすでに2回も交通違反で捕まっている僕は、

3回目は絶対いやなので、

そのリスクの高いこの種の走行は、

気持ちとは裏腹にやめざるをえないんです。

なので、結果がうまくいこうがいくまいが、

この種の走行は本当にこれが最後です。


8月7日・土曜日、

いよいよ大垂水峠に向けて出発です。

この日は体調がよくなかったのですが、

先に延ばすなんてことは考えられませんでした。

僕のように運がない人間にとっては、

この先どんな不都合が起こるかわからないからです。

多少の体調不良くらいで躊躇(ちゅうちょ)している余裕なんてないんです。


というわけで、

今回も下道で大垂水峠まで行くのではなく、

中央高速で相模湖近くまで行ってしまって、

そこから大垂水峠を通って東京方面へ戻るというコースをとりました。


相模湖東インターに到着すると、

そこを出て、大垂水峠のある国道20号線に入りました。

今回はいつもと違い、

相模湖に足を伸ばすことはしませんでした。

相模湖はすぐ目と鼻の先なのですが、

体調のこともあったし、

なにより撮影走行に集中したかったんです。

それほど、最後となる今回の走行については、

強い思い入れがあったんです。


すなわち、

大好きな大垂水峠を走り、

その映像を広く一般に公開することで、

You Tube の視聴者の方々や、

ブログの読者の方々に、

緑したたる大垂水峠の美しさや、

オートバイでワインディングを走る楽しさを、

感じていただきたいと思っていたのです。



大垂水峠に入ると、

いつものように気温を見てみました。

今回は、前回の41度より涼しかったです。

40度しかありませんでした。 イエ〜イ! (=^▽^=)v


て・・・

それでもやっぱ暑いっす。 フゥ〜ッ (−。−;A

画像

       見えにくいかもしれませんが、確かに40度と表示されてます。

さて、カメラのシャッターを押し、

撮影走行をスタートさせたのですが、

今日は珍しく下り車線が混雑していました。

高速はほとんど渋滞してなかったので、

この人たち読み誤って返って損しちゃいましたね。

画像

       珍しく混雑する大垂水峠の下り車線。

それで、

走り始めたのはいいのですが、

さすがに、

対向車線にずらっと並んだ車の、

ドライバーたちの視線を意識してしまって、

その車列が途切れるまでは、

極めて控えめな走りになってしまいました。


車列が途切れたあたりから、

徐々にスピードをあげていったのですが、

それでも最初のうちは、

暑さで頭がボ〜ッとしていて、

スロットルワークやブレーキング、

バンクさせるタイミングなどがちぐはぐで、

自分のイメージする走りができませんでした。

しかし、コーナーをいくつもクリアしていくうちに、

少しずつ調子が戻ってきて、

普通に走れるようになっていました。


“コーナーを曲がる際、

ヘルメットのシールド越しに見えるライダーの目が、

緊張しているように見えたのでは、

そのライダーの技量もまだまだだ”って、

誰かが言ってましたが、

この時の僕は、

右前方を流れていく黄色いセンターラインを、

リラックスしつつ眺めながらの、

楽しい走りができました。



帰りはいつもの石川パーキングエリアにも寄らず、

地元まで戻ってきました。

ただ、昼食がまだだったので、

売店が出ているかと思ってナップスに寄ってみると、

期待したとおり出店していたので、

そこでカレーを食べてから帰宅しました。


帰宅すると、

さっそくデジカメをパソコンにつないで、

期待と不安が交錯する中で、

動画を再生してみました。


その結果は・・・


確かに雑音は入っていませんでした。

しかし、

この動画には致命的な欠点があったのです。

というのも、

動画を再生し始めてまもなく、

僕はあることに気づいたんです。

それは、画面に映る愛車のスクリーンの左上に、

スピードメーターが時々映し出されることです。

見えない時もあるのですが、

時には光の加減で、

かなりの鮮明さで画面に映し出されてしまうのです。

下に、その部分の映像を静止画にした画像を掲載してみました。


スクリーンの左上にメーターがはっきり映ってますよね。

画像


こちらの方は、

スピードメーターのほかに、

タコメーターまで映ってます。

画像


上の方の写真の矢印の先に、

“120”という数字が見えるのですが、

これが時速120キロを顕す目盛りです。

もちろん、メーターの針はこれよりずっと下方を指しているわけですが、

この“120”の目盛りから針(隠してある)までの目盛りを数えれば、

その時出していた速度がすぐわかってしまうのです。


実は、

動画を再生してみて初めてわかったんですが、

この時、僕はスピード違反を犯していたんです。

大垂水峠は制限速度が時速30キロまでなんですが、

僕は、

なんと!

時速31キロも出してしまっていたんです!!

なんということだ!

ああ、神よお許しください!! (°人 °)
←正直者


      ( ̄一+ ̄) 〜♪


ここで思い出していただきたいのは、

和歌山の隼乗りのライダーのことです。

彼は、車載カメラをスピードメーターの映る位置に設置し、

スピードがわかるようにして、

走行動画を撮影しました。

そして、それをそのままYou Tube に投稿したのです。

その結果、

スピードメーターを見た何者かによって警察に通報され、

逮捕されるとともに、

たかがスピード違反くらいで、

彼は、テレビのニュースで実名を全国に報道されてしまったのです。



以後はみな、動画撮影の際には、

スピードメーターを隠すようになりました。


自分、そんなの絶対いやですから、

当然、このまま動画を公開するなんてことはできません。

そこで、画像を修正することを思いつき、

ネットで、フリーの動画編集ソフトを捜してみました。

幸い、その種のソフトばかりを集めて解説したサイトを見つけたので、

何十とあるソフトを見ていくうち、

一つだけ、範囲を指定してぼかすことのできるソフトを見つけました。

ところが、よく見てみると、

対応するOSに、

僕が使っているVistaが含まれていないではないですか!

なんということ!

唯一、処理可能なソフトなのに!!



がっかりです。

ツイてない人間はどこまでもツイてない。

ソフトを買うとすると数万はかかります。


そこまでして公開するほどの動画でもないし・・・


それにしても、

ツイてねえなあ ε= (´д `)


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
20年間の総決算の映像がアップできないとは・・・・たしかにビデオなんかで高速を300キロで走ってたのを撮って、捕まったという話を聞いたことがあります。

証拠映像を公表したら、警察もさすがに野放しにはできないですね。仕方ないです。

まぁ、コレにこりず、また大垂水に行ってください。私もバイクの動画撮りたいなぁ。
けいつ〜
2010/08/11 23:31
けいつ〜さん、こんにちわ。

You Tube の動画には、オートバイで時速300キロくらいで走っている映像がけっこうありますね。
でも、僕にとっては300キロでも60キロでも関係ないです。
大垂水峠では60キロ出せば免停ですから。
ただ、オービスのような公的な装置や、現行犯で捕まるのならわかりますけど、本人作成の動画が証拠となって捕まるというのは納得がいきません。

これから先も、大垂水峠を走るとは思いますが・・・
大垂水峠は過去何百回も走ったところなので、自身の中に走行のイメージが出来上がってて、走ってるとどうしても身体が反応しちゃいます。
自然とスピードが出ちゃう。
そうかといって、それを抑えたり、四輪のあとについてゆっくり走ったりしていると、ストレスを感じてしまうんです。

けいつ〜さんも、時間さえあれば、いくらでも立派な走行動画が撮れるのにね。
いずれ、きっとそういう日がきますよ。
もうちょっとのしんぼうです。(=^▽^=)
旅人
2010/08/12 13:52
旅人さん、コンニチワ。
暑い中、「大垂水峠」へのツーリング、お疲れ様でした。
せっかく永久保存版にしてYou Tube に投稿されようと思ったのに、返す返すも残念でしたね〜。
人は、誰でもその人なりの「拘り」みたいなものを持っているものですから、旅人さんの気持ちは解かるような気がします。
でも、そのうちに、きっと何か良い解決策が見つかりますよ。
お見受けするところ、旅人さんにとっての「大垂水峠」とは、如何なる時でも心を癒してくれる故郷(ふるさと)みたいな所ではないでしょうか・・?
そして、そんな「母なる故郷」がある人は、例えそれがどんな形であるにせよ、幸せだと思います。
「総決算」などと言わず、これからもどんどん走って、人生をエンジョイしてください。
夢子
2010/08/13 11:15
夢子さん、こんにちわ。

人は誰でも、自らの生きた証みたいなものを欲するものです。
そして、僕にとっての最良のそれは、大垂水峠を気持ちよく走る様子を撮影した映像なんです。
せっかく撮影したその映像を、誰にも見せられないなんて無念のひとことです。

大垂水峠は、それまで自然にまったく興味のなかった僕に、自然の素晴らしさを教えてくれたところであり、母も大好きだったところなので、これからも走ると思います。
ただ、マイペースで走ったり、気に入った動画を撮影したりするのはもう無理です。
そこの人たちと親しくしていた旭山ドライブインは閉店してしまうし、四輪自動車の後ろについてダラダラ走るのは退屈でつらいしで、いいことは何もないのですが、それもしかたありません。

おっしゃるように、ここは唯一僕の故郷といえるところなので、これからもこの地の自然に親しんでいきたいと思います。 (=^▽^=)
旅人
2010/08/13 13:40
これはつまり、総決算をするにはまだ早いということですね(`・ω・´) b

天命ですねヽ(`・ω・´)ノ
もっと走って人の記憶にもっと残りなさいということですヾ(´・ω・`)

ところで、正直者はどこにいるのですか?(o'ω'o)?
白玉ネコ
URL
2010/08/13 23:10
白玉ネコさん、こんばんわ。

なるほど・・・

天命ね。
さすがは白玉ネコさん!
読みが深いですねぇ。
そうですよね。
短気は損気ですよね。
白玉ネコさんみたいにクールにならないとね。

大垂水峠がダメなら宮ヶ瀬にでも遠征すっかな。
でも、あそこにはイジメっ子がいて、
トロトロ走ってるとあおられるっていうからな。

>ところで、正直者はどこにいるのですか?(o'ω'o)?

オロッ (°д °)

白玉ネコさん、
もしかして旅人のこと疑ってます?
やだなあ、 ヾ(;´▽`A
ウソなんかつくわけないじゃないですかぁ。



・・・・・・・・・・ (一 一;)

わかりましたよ!
白玉ネコさんにはかないません。
降参です。 m(_ _)m
自分、ウソついてました。

本当は・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

32キロ出ちゃってたんです!d(>_<)


ね、やっぱ正直でしょ。( ̄一+ ̄) 〜♪
旅人
2010/08/14 02:51
こんばんは、旅人さん
旅人さん本当にバイク好きなんですね。
好きで掛けるもの有る良い事ですね。
ブログ拝見し僕も、以前の走り屋だった事
思い出しました、



山女魚
2010/08/15 19:54
山女魚さん、こんばんわ。

オートバイは好きですね。
ていうか、自分にはこれしかないんで。
山女魚さんのように愛するご家族がいれば、オートバイは降りてたかもしれません。
オートバイを降りて、父が好きだった釣りに転向してたりして。(笑)

僕はひとりになって孤独に苦しんでますが、
ご家族がいればいたで、責任も重いしいろいろ大変なんでしょうね。  
その点、走り屋だった頃はよかったですね。
なんにも考えなくてよくて。 (=^▽^=)

山女魚さんは、スモールをねらってる時。
僕は、オートバイで峠を走ってる時。
お互い好きなことしてる時は、
日頃のいやなことはすべて忘れて、
思いっきり楽しみましょう。
旅人
2010/08/16 00:47
こんばんは、旅人さん
又、観覧し遊びに来ました。
バイクに乗っている時仕事で失敗した時なんか
良く夜景色観に行きました。トップガンの世界にのめり
込んだり。あの頃良かった。
僕も、最近、病気、色んな事と闘いながらブログも唯一
の楽しみです。これも自分の人生だと思い受け止めて
います。特にバス釣りやって居る時忘れられる時間です。ここ3年前から人生狂い始めブログにもずいぶん
助けられています。お互い思い切り楽しみましょう。
山女魚
2010/08/16 22:59
山女魚さん、こんばんわ。

夜景ですか・・・
いいですねぇ。
心が癒されますね。(=^▽^=)

お互いこの3年くらいは大変でしたよね。
僕なんか、ブログがなかったらどうなってたかわかりません。

それで・・・

今年こそよい年になればと思ってたんですが・・・
何も起こらないうちに、あと4ヵ月あまりになってしまいました。

おっしゃるとおりですね。
過ぎたことを思っててもしょうがないし、
先のことなんかどうなるかわからないし、
今を楽しむしかないですね。
旅人
2010/08/17 01:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツイてねえ ε= (´д `) 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる