夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤いNinjaの女の子

<<   作成日時 : 2010/09/05 22:53   >>

トラックバック 1 / コメント 6

ひとりの女性ライダーの姿を見て、一生懸命って素敵だなって思いました。


9月4日土曜日、

先日のツーリングで、

鎌倉由比ガ浜の駐輪場に愛車を停めていて、

デジカメ用のマウントの部品を盗られてしまったので、

それを新たに購入するため、

ナップスに向かいました。


ナップスに着くと、

駐車しているオートバイの車列の間にあいた場所を見つけたので、

そこに駐車しました。

右隣を見ると、

奇しくも赤い Ninja250R が駐車していました。

なんか、くろこさんとの出会いの時を思い出します。

それにしても、

やたら斜めなんですけど。

停め方が・・・ ( ^ ^;)

いったいどーゆー人間が乗ってんだか。

ハア〜ε= ( ´д` )


画像

       僕の愛車の右側に、斜めに停めてある赤いNinja250R。

走行距離を見ると、

まだ、300キロあまりでした。

タイヤにも線が入ってるし、

買ったばかりなのかな?


その後、店に入って用件を告げ、

スタッフの人にマウントの状態を見てもらって、

メーカーにその部品を注文してもらうことにしました。


店の建物を出て、

いつものように、

“めぼしいオートバイはないか”と駐車場を物色していると、

ありました、ありました。^^

僕の大好きな2ストのオートバイ、

ホンダ NSR250R が。 ヤリイ! v(=^▽^=)

しかも、僕がかつて乗っていたのと同じ、

1990年型と同じタイプです。

さらに、その隣には、

今僕が乗っているのと同じ、

ライムグリーンのカワサキ Ninja250R が停めてありました。


僕は、持ち主が来るまで、

しばらくその場で待ってみることにしました。

すると、まもなく二人の若者がやってきました。

彼らは仲間同士で、

その2台のオートバイの持ち主でした。

僕はさっそく彼らに話しかけました。

自分がかつて NSR に乗っていたことを告げ、

彼らと NSR 談義に花を咲かせました。

画像

       NSR250R(右) と Ninja250R。

彼らと別れると、

駐車場に出店していた車の出店のところに、

“氷り”と書かれた旗みたいなのが風に揺れているのを見つけ、

久しぶりでかき氷を食べてみることにしました。

画像


氷イチゴ!

氷は、ちゃんとした店で出しているのとは違ってましたが、

シロップの味は昔と同じで、

懐かしいおいしい味がしました。


食後ベンチで休んでいると、

僕の前を小柄な女性ライダーが通っていって、

例の赤い Ninja250R のところで立ち止まりました。

どうやら、そのオートバイの持ち主のようです。

年齢が19かハタチくらいで、

顔にまだ子供らしさの残る可愛い感じの女性でした。

彼女だったのかぁ。

彼女は、

隣に停めてある僕の愛車をさかんに見ていました。

後ろから見ていても、

その顔が笑顔であるのがわかりました。


そのあと、

彼女はオートバイを後ろに引っぱって、

車列の間から出し、

その向きを変えようとし始めたので、

僕はそのタイミングで、

彼女に近づき声をかけてみました。


買ったばかりなんですか?^^


それに対し、彼女は言葉をにごしていました。

どうやら買ったばかりではないようです。

買ったばかりじゃないのにたったの300キロとは・・・

ハア〜ε= ( ´д` )


彼女は一生懸命愛車を動かそうとしていました。

 (;`・・´) ウンショッ!ウンショッ!

しかし、オートバイは思うように動いてくれないようでした。

彼女は見物している僕に対して、

言い訳するかのように、

身長が150センチちょっとしかないんで、

取り回しが大変なんです
って言ってました。

確かに相当大変そうでした。

実際、これまで僕は、

これほど取り回しに苦労しているライダーを見たことがありません。

なんせ、何度も押さないとオートバイが動き出さないんですから。

見ていて、すっかり目が点になってしまいました。

どおりで斜めに停めてあったわけです。(笑)


彼女はまた、

Ninja のシートの高さにも困っているようでした。

ノーマルより低くしてあるそうなんですが、

それでも足着きが悪くて大変だと言ってました。

現にそのあとまたがったのを見ると、

まさに、両足ともバレリーナ状態でした。

身体の小さい人ってなにかと苦労が多いんですね。


一方、話の中で、

僕が、彼女の隣に停めてあったライムグリーンの Ninja の持ち主であると告げると、

彼女は、(Ninja250R は)どうですか?って聞いてきました。

僕は、日頃愛車に不満を抱くことが多かったので、

この質問を受けて、

一瞬、言葉につまってしまいました。


うっ・・・・・・・・・・

いいですよ ( ^ ^;)



かろうじて、そう答えると、

彼女は、

いいですよという僕の言葉を繰り返したあと、

ウフッと含み笑いをしました。



やば!!

完全に見抜かれてる!



僕はアセッてしまいました。

彼女、あどけない表情をしていて、

あれで、けっこう僕より上手(うわて)でした。



僕は話のついでに、

身体が小さくてもがんばって Ninja250R に乗っている、

マメネコさんという女性ライダーがいて、

その人がブログを書いているということを彼女に話しました。

すると彼女は、福岡の人って言いました。

これはたぶん、

同じく小柄な女性ライダー&ブロガーのチビッコさんのことだと思います。

僕は、その人じゃなくて、

関東地方にマメネコさんという、

小柄な Ninja250R 乗りの女性ライダーがいることを教えてあげました。


そうこうするうちに、

大変だった取り回しも終わり、

やっと彼女も出発できる体勢になりました。

別れを告げる彼女に、

僕は心から、

気をつけて!と言わずにはいられませんでした。



彼女が去ったあと、

僕もゆっくりと帰り支度にかかりました。

そして、支度が整うと、

多摩堤通りへと走り出しました。

多摩堤通りはそれほど混んでいませんでしたが、

適当にスリ抜けをしながら、

ある交差点まで来て止まると、

その交差点で同じく信号待ちをしている、

赤いNinja250Rに乗った、

先ほどの彼女の姿が目に入ったんです。


まだ、そんなところにいたんかいっ! ( ´д` )

おそっ!

さては彼女、

スリ抜けができないんだな。(笑)

ま、走行距離300キロじゃしょうがないか。


しかし、そんなことより、

信号が青に変わって走り去っていく彼女の、

大木にとまったセミのような後ろ姿を見て、

僕は、なぜか愛おしさがこみあげてきました。

父性本能を刺激されたというか、

なんか、彼女を守ってあげたいという気持ちになってしまったんです。

僕は心の中で、

もう一度叫ばずにはいられませんでした。

気をつけて!!


今回、彼女と出会って、

若いって素晴らしいな、

一生懸命って素敵なことだなって、

心から思いました。

また、彼女のその純粋さゆえの輝きに、

自分が日頃忘れていた大切なものを、

思い出させてもらったような気がしました。

そして、しばしのあいだ心が和みました。


            *        *        *

某日、愛車を点検に出しました。

その時の代車がこれ。

画像


画像

       ピンクナンバー。代車だからナンバーが写っても大丈夫。

カワサキのDTRACKER125cc。

オフ車に乗ったのは初めてですが、

ロードでもまあまあ走りますね。

ただ、いかにもチェーンで引っぱってるって感じの振動があるんで、

ツーリングには向かないかも。

でも、そういう野性味に今回魅力を感じてしまいました。

オフに目覚めた?

とにかく、一度オフロードを走ってみたいです!


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カップル菩薩
カップルの神様です ...続きを見る
原宿の裏の方にてアクセサリーのセレクトシ...
2010/09/06 10:29

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
旅人さん、久々にいい出来事がありましたね。

なんかいっぱい会話してるじゃないですか。自分と同じバイクでしかも色違い。また会えるといいですね。
けいつ〜
2010/09/07 23:51
けいつ〜さん、こんばんわ。

彼女が、僕のライムグリーンのNinjaにすごく反応してたんで、つい話かけてしまいました。
彼女は身長が150センチくらいしかなく、しかもやせているんですが、そんな小さな身体にもかかわらず、ものおじせず、こんなオッサンを相手に堂々とわたりあっていました。
その態度は、まるで気心の知れた仲間に対するようで、ユーモアもたっぷりでした。
また、勘も鋭く、こちらの心理を見透かしているようなところがありました。

とにかく、存在感が強いというか、オーラが強いというか・・・、
接していてなんか圧倒されるものがありましたよ。
おかげで、こちらまでパワーをもらったような気がします。
大物だと思いますね、彼女。
久しぶりで面白い経験をしました。
旅人
2010/09/08 01:49
旅人さん、コンニチワ。
今回は、ちょっとした物語が生まれそうな、とても微笑ましいお話ですね。
実は拝見しながら、旅人さんが出会われた女の子って、どことなく我が家の娘に似ているような気がしてなりませんでました。
もちろん、娘はそんなに若くはありませんが(笑)・・小柄で、華奢で、マイペースで、あまり人目を気にせず、でも気が強いところなんかは、そっくりです。
それにしても、父性本能が「彼女を守ってあげたい」気持ちにさせたなんて・・
旅人さんも、まだまだ捨てたもんじゃありませんね。(笑)
ロマンはどこにでも落ちているものです。
今回のような楽しい出会いが、これからも旅人さんの未来に繋がることを、心からお祈りしています。
夢子
2010/09/08 11:13
マウント部品と一緒に私へのお土産を買ってくれたのですねヽ(`・ω・´)ノ

赤いninjaの女の子、柚猫さんと距離的にいい勝負ですね(`・ω・´) b
で、詳しい連絡先は(o'ω'o)?

オフ車には一度は乗ってみたいです( `・ω・´)ゞ
白玉ネコ
URL
2010/09/08 19:57
夢子さん、こんばんわ。

夢子さんの人間観察力には、いつもながら驚かされます。
彼女の印象はまさに夢子さんのおっしゃるとおりでした。

僕は彼女の“存在そのものの強さ”に圧倒され、タジタジになってしまいました。
しかし、彼女のその強烈なキャラクターには、ほかの人にはない魅力を感じています。
彼女の華奢で小さい身体から発散される力強いエネルギーに、生命の輝きのようなものを感じて、感動すら覚えてしまいました。
もし、お嬢様が彼女と似ているとすると、僕にとってはお嬢様も彼女と同じく太陽のような存在になると思います。

実は、僕は彼女の停車していた北側の駐車場ではなく、ここ3〜4ヵ月くらい専らそこを利用していた、南側の駐車場に停めるつもりだったんです。
ところが、北側の駐車場の入口にさしかかった時、急に“ここに停めよう”という気持ちになってしまいました。
そのことを考えると、この出会いは運命だったような気がします。
運命が用意した一期一会だったと。
旅人
2010/09/08 22:34
白玉ネコさん、こんばんわ。

彼女、Ninja250R関連のブログとか見てるようなんですけど、いっしょに走る友だちはいないのかもしれません。
いれば、もうちょっと距離が伸びてたかも。
それで、チビッコさんは遠過ぎるので、マメネコさんや柚猫さんを紹介したんですが・・・
あっ、もちろん白玉ネコさんのこともよく言っときましたよ。
宮ヶ瀬の帝王で、いつも知恵と工夫と白玉ナビで迷走してるって。d (`・ω・´)

詳しい連絡先ですか?
そりゃ無理です!
夜桜さんに殺されちゃいますよ。
それに世界中に(3人くらい)いる白玉ファンの怨みを買いたくないですから。

おみやげは・・・
旅人が終始モテモテだったという、うれしいニュースでかんべんしてください。 ( - 人 - )
旅人
2010/09/08 22:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤いNinjaの女の子 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる