夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 編集中

<<   作成日時 : 2010/11/21 16:17   >>

トラックバック 0 / コメント 6

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お墓参り・・・年末に高松の実家に帰ると両親と家族そろっていくことにしています。去年、一昨年と高松に帰れず、両親にも会ってません。

今年は帰れそうです。3年ぶりの墓参り、ご先祖様も怒ってるかなぁ。

旅人さんの日常生活が少し見えた気がします。私も最近離婚しました。・・・お互い頑張りましょう。
けいつ〜
2010/11/22 08:02
けいつ〜さん、こんにちわ。

二文字を見た時は、思わず固まってしまいました。
ライダー同士の理想的なご夫婦という印象があって、ずっとうらやましく思っていたんで・・・ショック・・・
結婚経験のない僕には夫婦間のことはよくわかりませんが、きっと他人にはふれることのできないやむをえない事情があったんでしょうね。
とっても残念な気がしますが、こうなったら、けいつ〜さんには、新たなる人生を前向きに楽しんでいっていただきたいと思います。
常にポジティブなけいつ〜さんのことですから、こんなこと言うまでもないことかもしれませんが。
それと、ある程度年齢がいってからの単身生活は、精神的にも肉体的にも負担だと思いますので、できれば再婚することをお薦めします。
よけいなお世話かな。 ^^;

とにかく、お互い単身者同士がんばりましょう!
東京の空の下から応援しています。 =^^=
旅人
2010/11/22 16:04
こんにちは(^−^)
いろんな事のあった2年。いろんな想いを知った2年。
でも前を向き歩いて行くことをきっとご両親は望んでいられるはずです☆
私もね明日実家のお墓参りに行こうと思ってます。
たまたま仕事も休みでカレンダーを見てて11月24日は父の命日だったので・・・普段そんなことをあまり思わない私なんですが思い立ったようにお墓参りに行こうと。
きっとお互い話があるのかもしれませんね。
父が亡くなって29年、母が亡くなって10年。
何も親孝行は出来ませんでした。
だからせめて今、「幸せよ」とちゃんと向かって言えるようにいたいですね。

そうそう・・・家事は難しくって、大変なんですよね(≧ω≦。)プププ でも気持ちいシーツで眠れるご褒美もあるんですよね*^-^*
ルナ
2010/11/23 12:48
旅人さん、コンニチワ。
お墓参りに行って来られたんですね。
お疲れ様でした。
ご両親も、さぞ喜ばれたことでしょう。
写真を拝見すると、特に今回は、(旅人さんがおっしゃるように)これまでにはなかった明るさのようなもの・・「光」と「温かさ」が感じられ、何だか私までホッとした気分になりました。
多分、旅人さんの気持ち(安堵感)がご両親に反映して、このような穏やかな写真になったのでしょうね。
晩秋の墓地で、ひっそりと手を合わせている旅人さんの姿が、まざまざと目に浮かびます。

そうそう、ガレージの屋根が壊れて修理されたとか・・
とんだ出費でしたね〜。同情しちゃいます。
それにしても、一人暮らしの「旅人家」でもそうであるように、我が家のように、いくら質素な生活をしていても、順繰り、順繰りモノが壊れてゆきます。
悔しいけど・・「よくしたもの」ですね〜。(笑)
「こんなふうにして年とっていくんだな・・ わびしす」
まったく同感です。ヒヤ!ヒヤ!
お互い頑張って生きて行くしかないですね。
夢子
2010/11/23 13:51
ルナさん、こんばんわ。

昨日はお墓参りをされたんですよね。
帰られてからは、ホッとした気持ちと充足感で心がやすらいでいらっしゃるのではないでしょうか。

ルナさんのお父様は、29年前の11月24日にお亡くなりになったんですか。
僕の父は、26年前の11月26日に亡くなりました。
なんか近いですね。
ルナさんとの縁を感じます。

僕のように、母に何でもやってもらっていたような人間は、相当なモチベーションがないと家事に対処できないんです。
にもかかわらず日頃落胆するようなことばかり起こって・・・
家事に対して、あまり意欲が湧かないというのが正直なところです。
ルナさんのように、平凡な日常の小さな出来事にも喜びを感じられるような謙虚で素直な心の持ち主なら、なにごとにもきちんと対処できるんでしょうが。
家事で失敗するたびに、パートナーがいたらなって、思っちゃいます。 (;´▽`A
旅人
2010/11/24 02:58
夢子さん、こんばんわ。

この日は道路もあまり混んでいなくて、お墓もきれいな状態で、すべての面でツイている感じでした。
最後に合掌した時には、晩秋の淡い光の中で、これまでにないほどの静謐で穏やかな空気に包まれ、僕は、周囲の美しい自然と、亡き人たちの魂と、僕自身の魂が、渾然一体となったのを感じました。
そして、心にはささやかな喜びが芽ばえてきました。
僕は、この喜びは、“今まで多少なりとも努力してきたことへのご褒美なのかな”なんて、かってに思ったりしています。 =^^=

カーポートの建て替えについては、値段も思ったより安かったですし、工事の日は天気に恵まれましたし、なによりも台風が来る前に完成させることができたのがよかったです。
ここ2年くらいの間に集中的にモノが壊れて、面倒な思いをさせられましたが、おかげで“モノは壊れる”という事実をあらためて認識し、達観というと大げさですが、そんなクールな心境になることができました。

夢子さんのように夢や目標をもって生きていらっしゃる方には、過去も年齢も関係ないですよね。
存在するのは未来のみ!

夢子さんのたくましさにあやかりたい・・・
旅人
2010/11/24 03:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
編集中 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる