夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 立ちゴケ&旅人の年末始

<<   作成日時 : 2011/01/21 15:00   >>

トラックバック 0 / コメント 3

旅人の年末始のドタバタ劇です。


☆2011年1月3日、多摩川沿いの道に愛車を停めて、
 旅人の新年のごあいさつ
 (動画「The first run in 2011」より)


スタコラ

画像


あけおめピース!

画像


スタコラ

画像



昨年12月以来、なぜかオートバイでどこにも出かけられなかった旅人。

全然乗ってないわけじゃないんですが、

乗ったとしても近所を走るだけにとどまっていました。

それで、年も明けたことだし、

久しぶりにツーリングらしきものをしてみようと、

湘南方面に行ってみることにしました。


1月9日・日曜日、

鎌倉の由比ガ浜目指して出発。

由比ガ浜は、

その駐輪場で昨年8月にデジカメ用マウントの部品をとられて以来、

縁起の悪い場所として敬遠していたんですが、

そのジンクスに挑戦しようと、

今年最初のツーリング先に選びました。


いつもどおり、

第三京浜、横浜新道、湘南新道と通って、

松波の交差点で海沿いを走る国道134号に出ました。

そこから、真冬でも渋滞する134号を、

スリ抜けしながら鎌倉方面に向かい、

由比ガ浜に到着。

画像


画像


由比ガ浜の駐輪場で海をバックに写真を撮ると、

ヘルメットも脱がずに、

そのまま江の島に向けて出発すべく、

駐輪場から出る準備をしました。

オートバイにいたずらするようなワルのいるところに、

愛車を置きっぱなしにして、

海岸に降りていく気になれなかったからです。


僕は愛車を押して駐輪場の外の歩道に出ました。

滑川(なめりかわ)の交差点のところです。

そこには車が渋滞して停まっていました。

僕は、スリ抜けして行くために、

発進と同時に左折して、

歩道と車列のあいだの狭い場所に入るつもりでした。

そのため、歩道から車道に出てすぐ、

左にハンドルを切ろうと思っていました。

そして、まさにハンドルを切ろうとしたその時でした。

心の中から声が聞こえてきたんです。


心の声 : 立ちゴケしそうだ

僕は、突然聞こえてきたその声に反発を感じて、

次のように答えました。

まさか!


すると、もう一度その声が語りかけてきました。

心の声 : 立ちゴケしそうだ

僕は同じく、

まさか!

と応じました。


ところが、

その声は、さらにもう一度語りかけてきたんです。

心の声 : 立ちゴケしそうだ

僕は三度(みたび)同じ答えを返しました。

まさか!!


僕は、しまいには面倒くさくなってきました。、

そして、ついに左折を強行したんです。


その瞬間でした、


ガッシャーン!!!! (>_<)


一瞬の出来事でした。

愛車を支える余地などまったくありませんでした。

一方、僕はというと、

歩道の縁石に足を引っかけたのか、

まともに歩道にたたきつけられてしまったんです。

うつぶせの状態で。

ただ、ちょうど柔道の受け身(旅人は昔、柔道をやってた)のように、

両手を前に出し、肘を曲げて身体を衝撃から防御したので、

ボディーにはダメージはありませんでした。

そのかわり左腕にダメージを受けてしまいました。

歩道には、奥に行くにしたがって上がっていくような傾斜がついていたので、

歩道の奥側についた左腕により大きな衝撃が加わったからです。

左腕の肘から手首にかけて痛みを感じました。


僕はすぐ愛車を起こそうとしました。

しかし、左腕にダメージを受けていましたし、

左側に倒れた愛車は、

ブレーキを握りながら起こすことができない状態だったので、

タイヤが動いてしまいうまく起こせませんでした。

ところが、

その時、すぐ近くにいた男性が起こすのを手伝ってくれたんです。

それでようやく起こすことができました。

さらに、その人といっしょにいた女性も、

衝撃で外れた左前方のウインカーのレンズを、

拾ってわたしてくれました。

親切な人たちがそばにいてくれて助かりました。

まさに、地獄に仏とはこのことです。

画像

       ウインカーのレンズ。


その時助けてくださったお二人の方、

その節は本当に助かりました。

ありがとうございました。



幸い、愛車はウインカーのレンズが1つ外れただけで、

不思議なことに、

ほかには傷一つついていませんでした。

かぶっていて、当初かからなかったエンジンも、

5分もするとかかるようになり、

また、ダメージを受けた左手も、

痛みこそあったものの、

クラッチ操作には支障がなかったので、

そのまま乗って帰ることができました。

ただ、ウインカーのスイッチの操作だけは、

痛みのため、

いったんハンドルから手を離さないとできませんでした。

状況が状況なので、

僕は、どこにも寄らずまっすぐ帰宅しました。


自宅に着いて、

左腕のケガの具合を調べたところ、

見た目では傷などはありませんでした。

ただ、痛くて、

腕が完全にまっすぐに伸びきらず、

曲げても90°以上には曲がらない状態でした。

しかしながら、

僕はちょうど20年前の1991年にも、

スリ抜け中に左折車と衝突し、

左肘を骨折したことがあったのですが、

その時の症状と比較してみても、

今回は骨折などはしていないという確信がありました。


翌日、僕は念のため整形外科へ行ってみました。

そこで、X線写真を見ていた医師は、

骨にひびが入っているかもしれないから、

CTとMRIを撮ると言い出したんです。

なんか、すっかりおおげさなことになり、

8千円もの出費をすることになってしまいました。

で、結果はもちろん「骨には異常なし」です。

画像

       MRIの検査室。

それにしても、

コケる前に聞いた

立ちゴケしそうだ

という声を無視せず、

無理な左折をしなければこうはならなかったんでしょうか?


そういえば昨年11月、

渋滞していた中央高速をスリ抜けしながら走っていた時、

スピードを落とした方がいい

という心の声を聞いて、

スピードを落としたところ、

それからまもなく、

前方に車線変更する車が現れて、

急ブレーキをかけ、

危うく30センチ手前で止まるという、

ハプニングがありましたっけ。(ブログ「事故寸前!! (`ω´;)」参照)。

あの時は、

もし心の声にしたがってスピードを落としていなかったら、

車に追突するのは免れなかったでしょう。

ブログでもいくつか紹介していますが、

僕には、たびたびこのような不思議なことが起こります。


しかし、

こうなると運命というものがわからなくなりますね。

人間の運命って最初から決まってるもんじゃないんでしょうか?

その時その時の、判断次第で変わるものなんでしょうか?


ちなみに、

今回の立ちゴケで一番きつかったのは、

その時歩道に5〜6人の若い女性のグループがいて、

彼女たちに一部始終を見られてしまったことです。

カッコわる!! (;´▽`A


一方、立ちゴケの原因については、

明らかに発進時のトルク不足がそれです。

ふりかえれば、

今までにも何回か、

このような状況で立ちゴケしそうになったことがありました。

そこで僕は、

これまで1100回転と、

非常に低く抑えてきたアイドリングの回転数を、

1200〜1300回転くらいまで上げることにしました。

おそらくこれで大丈夫だと思います。

            *        *        *

今回、久しぶりのブログ更新となりました。

20日間もブログを更新しなかったなんて、

2007年10月にブログを始めて以来初めてです。

これについては、

立ちゴケでケガをしたとかいうことはいっさい関係ありません。

単なるグータラのせいです。


思えば昨年の12月からいろいろなことがありました。

You Tube で、

ひとりの女性と交友関係でトラブルが発生したり、

年末から年始にかけて、

ブログで複数の人物とトラブったり。


健康面では、

以前から右耳の聞こえが悪かったので、

12月下旬に耳鼻咽喉科を受診したところ、

耳あかがたまり過ぎているということでした。

で、それがガチガチに固まっているということで、

医師がとり除こうとすると大変な激痛が・・・

結局、その日の処置は無理だということで、

耳あかを柔らかくする薬を処方され、

それを元日から一週間耳につけて、

新年早々病院に行って処置してもらいました。


そして、その4日後には、

今回の立ちゴケで整形外科へ行くはめに。


今度の年末年始は、

亡き母の体調が急変してとてもつらい思いをした、

2007年から2008年の年末始を除くと、

僕の人生で最悪でした。

しかし、僕がそれで落ち込んでいるかというと、

そんなことはないんです。

それどころか、

むしろ逆なんですよ。


僕が、自らの使命であると位置づけて、

重要視してきたブログやYou Tube においては、

なんか妙な達成感みたいなものを感じてしまって、


もう書くべきことは書き尽くした。

自己を完璧に表現できた。

これだけやれば十分だ。

旅人よ、よくやった!

おまえはエライ!!



なんて気分になっちゃってるんです。

本当はこの種のことに終わりなんかないのに。

人間が生きていくうえでいろいろ学び、

それによって自己を形成して、

それを表現していくという作業は、

一生続くものなのに。


まったくの自己満足に陥っちゃってる。


実際、悪いことばかりで、

いいことなんてひとつもないのに、

気分だけは妙に楽観的で楽天的、

顔には微笑み、

心は充足感に満ちてます。

そして、気持ちはずっと高揚したまま。


そのせいか、

あんまり物事にこだわらなくなってしまいました。

悪い意味でも・・・

すなわち、いい加減になっちゃったんです。

家事についても、ブログやその他のことについても。

変に気が大きくなっちゃって、

まあ、いいや、

とか、

なんとかなるだろう、

ということで、

あまり熱心にやらなくなってしまいました。

すべてが適当。

生まれつき心配性で几帳面な僕としては、

こんなこと初めてです。

このような心境は、

悪いことしか起こらない人生において、

自己の心身を守るための、

一種の自己防衛反応みたいなものなんでしょうか?

いわば、手術における麻酔みたいな。


まあ、それでも、

最低限やらなければならないことだけはやっています。

それもやらなくなったら、

「人間やめた」も同然ですからね。


とにかく、現在はこのような状態なので、

2011年最初のブログはなんとか書いたものの、

そのあとどうなるかはわかりません。


なんかブログの内容自体、

かなり散漫で適当になってしまってますね。

これが今の僕なんです。

すべてのことに対して大ざっぱ。

そして、根拠のない自信によって、

さまざまな困難にも無感覚になってる。

ま、それもいいでしょう。

しょせん、

なるようにしかならないんですから。

ジタバタしたってしょうがないです。


何事も、思うようにならないことばかりだけど、

僕が、自身に誠実に生きていることだけは確かなんですから。

誰にも恥じることのない人生を。


みなさんは、

自らの夢に向かって、

一歩一歩着実に前進していってくださいね。

ブログ「館山ツーリング」の最後のところでも書きましたけど、

人間、目標に向かって懸命に努力すれば、

たとえ、それを達成できなかったとしても、

なにかしら得るものがあると思いますので。



All the best for you...my friends

            *        *        *

おまけ

旅人の正月三が日の夕食。

☆元日

 スーパーで買ってきた、煮物、豆きんとん、こぶ巻。

画像



☆2日

 ククレカレー甘口とカップワンタン。

画像



☆3日

 サッポロ一番しょうゆ味(卵2個入り)、ギョウザ、おせちの残り。

画像






ま、食えりゃいいんですよ、食えりゃ。 ( ^ ^;)


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
旅人さん、コンニチワ。
年末から年始にかけて、ブログでのトラブル始め、初ツーリングでの転倒事故、整形外科に耳鼻咽喉科・・色々あって大変でしたね〜。
それにしても、大事に至らなくて良かったです。
旅人さんのことだから、さぞ落ち込んでおられるかと思いきや、記事を拝見すると、意外にも「自己完結」にも似た達成感みたいなものを感じておられるとのこと。何となくホッとしています。(笑)
おっしゃるように、人間、どう足掻いても、所詮は「成るようにしか成らない」もの。ジタバタしても始まりません。
あるところまで到達する(経験を積む?)と、あとは何が起ころうと動じない覚悟みたいなもの・・言ってみれば「開き直り」みたいなものが大切なのかもしれませんね。
何事も思うようにならないのは世の常。
お互いに無理をしないで、一歩一歩着実に進みましょう。
ブログの中身なんて気にせずにね。
夢子
2011/01/24 14:37
夢子さん、こんばんわ。

今まで以上に悪い状態が続く中での楽観や高揚感は、あまりよい兆候ではないようですね。
これまでやってきたことが、限界に近づいてきたとか、曲がり角にきたということのサインのような気がします。

悪いことはその後も続き、22日にはオートバイを修理に出すために車庫から出そうとした時、ネコよけに置いてあったコンクリートブロックをケガをした左手で持ち上げようとして、せっかくよくなってきた左手をさらに悪化させてしまいました。
左手は、もともとクラッチレバーを握るのに支障がなかったのですが、このあと痛みでそれもむずかしくなってしまいました。
オートバイには、当分乗れそうもありません。
また、メールで親しく交際しているアメリカ人女性が、どうやら失業してしまったようで、そのことも僕にとって心の負担になっています。
今の僕は、オートバイ、ブログ、You Tube、家事、その他生活全般などに対して意欲が湧かない状態に陥ってしまっています。
今までにも再三不運をかこってきた僕ですが、今回はそれらの時とはちょっと違う気がしています。
続く
旅人
2011/01/25 20:56
一方、夢子さんは夢子さんで、なかなか好転しない体調に悩まされながら、気丈に耐えていらっしゃいます。

お互い、これまで励ましの言葉も尽きてしまうくらい、何度も励まし合ってきましたね。直接助け合うことができない以上、ただ祈りを込めて、お互いに見守るしかないですよね。

しかしながら、
決して希望の光が見えるという状況ではないのですが、
そうかといって、明日がないわけでもありませんよね。
明日はくるだろうし、それに期待しちゃいけないという理由もない。
実際、明日なにが起きるかなんて誰にもわかりゃしないんですから。
間違っていいことが起きちゃうかもしれないんですから。

夢子さん、
明日に望みをつなぎましょう。
いつの日も。
そして、おっしゃるように、
「なるようになる」というおおらかな気持ちで生きていきましょう。
今、うまくいかないことが多くても気にしないで。
旅人
2011/01/25 21:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
立ちゴケ&旅人の年末始 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる