夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 災難続き

<<   作成日時 : 2011/02/02 18:43   >>

トラックバック 0 / コメント 11

オートバイで立ちゴケした時傷めた左腕を、さらに傷めてしまいました。そして、その数日後には、車まで故障・・・


1.さらに左腕を傷めた

1月22日・土曜日、

この日、先日の立ちゴケで壊れたオートバイのウインカーを修理してもらうため、

バイクショップに行くことにしました。


車庫に行き、

愛車のわきに置いてあるネコよけのコンクリートブロックをどけようとした時です、

ケガをした方の左手でそれをつかんで持ち上げたところ、

その左腕に鋭い痛みが走りました。


しまった!!


もうほとんどなおった状態だったので、

つい油断してしまいました。

画像

       ネコよけのコンクリートブロック。

僕は腕に痛みを感じながらも、

車庫から愛車を出し、発進しようとしました。

ところが、クラッチレバーを握ると腕全体が痛い。

立ちゴケの時はそんなことなかったのに、

今度はクラッチレバーを握るのが困難になってしまいました。


それでも我慢しながら、

なんとかバイクショップまで行き、

部品の調達を依頼しました。


バイクショップからの帰りは、

どこにも寄らずに、

自宅まで最短距離で帰りました。

なにしろ、クラッチレバーを握るたびに腕が痛くて、

運転に集中できず、

低速になるとふらつくような状態だったものですから。


あ〜あっ、

これでまた当分オートバイに乗れないかも。
 ( _ _|||)

            *        *        *

2.車が故障した

1月28日・金曜日、

数日前から車のエンジン音に、

モーターがうなるような、

ウォーン

という妙な音がまじっていることに気がついていた僕は、

このまま放置すると車が故障してしまうのではないかと思い、

ディーラーに電話してみました。

しかし、その時は、

あいにく、みな手が離せなくて、

応対できる人がいませんでした。


しかたなく、

電話はまた次の日にすることにして、

夜7時頃、僕は不安を感じながらも車で買い物に出かけました。


買い物を終えて帰ってくる途中のことです。

大きな通りから左折して横道に入ろうとしたところ、

曲がり角を曲がっている最中に、

突然、ハンドルが動かなくなってしまいました。

そのままだとぶつかってしまうので、

僕はブレーキをかけて止まりました。

バックミラーを見ると、

後ろにはバスが僕が曲がり終えるのを待っています。

少しあせりましたが、

どっちにしろこのままでは曲がれないので、

僕は、ギヤをバックに入れて後ろにさがり始めました。

それでもバスは動こうとしませんでしたが、

僕はおかまいなしにさがり続け、

必要なだけさがったところで、

再びギヤを前進に戻しました。


さて、ハンドルを左に切らなければならないのですが、

これがメッチャ重い。

パワステが利いてないのは明らかです。

あとで聞いたことですが、

パワステ車というのはパワステが利かなくなると、

もともとパワステのついていない車より、

ハンドルがずっと重くなるんだそうです。

僕は渾身の力をふりしぼってハンドルを回し、

やっとの思いで左折に成功しました。

自宅から近い場所だったので、

なんとかこのまま無事に着いてくれと、

祈るような思いで走っていたのですが、

自宅まであと50〜60メートルというところの、

その道の突き当たりの手前で、

再びハンドルが重くなり、

ついには、エンジンまで停止してしまいました。

T字路の真ん中でです。

場所が場所なので、

僕は、必死になってエンジンを再始動しようとしましたが、

いくらやってもかかりそうにありませんでした。

住宅街の細い道のT字路なので、

このままでは2本の道路をふさいでしまいます。

僕は車を降りて、

ドアの外から、

タイヤの角度を見ながら動きの悪いハンドルを必死で回しつつ、

ひとりで後ろから車を押しにかかりました。

少し押すとまたハンドルを調節し、再び押しにかかる。

そんなことを何度か繰り返しながら、

ようやく曲がり角を曲がって、

その先の、道路の左側に車を寄せることができました。


とりあえず、

これで通行の妨げにはならないので、

僕は、すぐ近くだった自宅に戻り、

「故障」と書いた貼り紙と懐中電灯を持って、

また車のところに戻ってきました。

ドアの窓に貼り紙を貼ると、車の中に入り、

懐中電灯で照らしながらJAFに電話をかけて、

レッカー車を要請しました。

そうして、寒く暗い(夜8時頃)車の中で、

JAFの到着を待っていました。


そうして待っているうち、

僕は、もう一度エンジンをかけてみようと思い立ちました。

そして、キーを回すと・・・


なんと、エンジンがかかるではありませんか!!


僕は急いで車を発進させ自宅に向かいました。

そして、自宅前に着くとすぐ車庫入れの体勢に入りました。

とにかく、いつエンジンが止まるかわからないので、

僕も必死でした。

バックして車庫の入口に向かいます。

ところが、

そこでまたハンドルが重くなってきてしまいました。

思うようにハンドルが回せません。

僕はあせりまくりました。


こんなことしてると、

またエンジンが止まっちゃう! ( °д °)



と、思っていた矢先、

思ったとおり、

本当にエンジンが止まってしまいました。


今度は、

車庫前に車が道路を横切るかたちで止まってしまったので、

道路を完全にふさいでしまいました。

車の後ろの部分が車庫の入口にかかり、

前の部分は道を挟んで反対側の家の、

土留めのコンクリートまで70センチくらいしかありません。

この状況では、押して移動させることも不可能です。

なぜなら、

わが家の車庫は道路から少し上っていて、

車を押して入れるのはとても無理だし、

ハンドルがうまく回らない状況で、

縦列駐車状態になっていたので、

前方に移動することも不可能だったからです。


ということで、

僕の車は、

道路を完全にふさいでしまいました。

事態は、路肩にいた先ほどよりかえって悪くなってしまいました。

何度もエンジンの再始動を試みましたが、

カタカタというセルモーターの音が響くだけでした。


今度こそ、本当に終わりになってしまった


僕は覚悟を決めて、

おとなしくJAFの到着を待つことにしました。


あと数メートルで車庫入れが完了したのに・・・

本当についていません。

僕は日頃からずっと、

「自分は運が悪い」と思ってきたのですが、

この時ほどそれを実感したことはありませんでした。


画像

       この状態で止まってしまった。

そうして、待っているうちに、

僕の心に、

またもや、


もう一度エンジンをかけてみよう


という思いがよみがえってきました。

そして、

ダメモトでかけてみると・・・


ブルルルンッ!!


な、なんと、

再びかかったではありませんか!!


やったーーーーっ!!!! p(>_<)q


僕は、大急ぎでギヤをバックに入れ、

そのまま車庫に向かって車を突進させました。

斜めだろうがなんだろうがかまっちゃいられません!

車庫に入ってしまえばもうこっちのもんです!


ということで、

さんざん苦労したあげく、

やっとのことで車庫入れに成功しました。

したがって、JAFさんの方は、

申しわけなかったけどキャンセルさせてもらいました。


翌日、さっそくディーラーに電話して修理を依頼し、

その日のうちに引き取りに来てもらいました。

僕の話を聞いたディーラーの営業マンは、

「おそらく、発電機の故障だろう」と言っていましたが、

工場で実際に点検してもらったところ、

やはり、発電機の故障が、

今回のトラブルの原因だとわかりました。


この時の修理代は4万3千円でした。

昨年のパソコンや冷蔵庫といい、

まあ、よく物が壊れてお金が出ていくことです。


ついでに言うと、

昨年12月、

オートバイ用の防寒ズボンをはこうとしたところ、

ウエストがきつくてはくことができず、

新しいのを買うはめになってしまいました。

この時は、

そのほかにウエストバッグや、

グローブ、ネットも新しく買い換えました。


全部で数万円かかった。 ε= ( ´д ` )


画像


今回は、

住宅街の細い道に入る時にハンドルが回らなくなったのですが、

これが、もっと交通量の多い広い道だとか、

峠道や高速道路などでスピードが出ている状態だったら、

重大事故につながっていたかもしれません。

今まで、発電機のトラブルなんて聞いたこともありませんでしたが、

まずハンドルが回せなくなるというのは、

考えれば恐いことです。


それにしても、

故障した車をなんとか車庫に入れられたのは、

ラッキーだったというか、

奇跡のような気さえします。

おかげで、

ほかの車の通行の妨げにならずにすみました。

これも、僕自身なんとか迷惑のかからないようにと、

懸命に努力した結果なのですが、

これって、

僕の人生を象徴しているような気がします。

すなわち、

悪いことばかり起こって、

そのたびに、その影響を最小限にとどめようと必死に努力する・・・

結果的に不幸中の幸いということになるわけです。

僕の人生ってこんなことの繰り返しです。

いいこととか、

幸せとかにはまったく無縁で、

わずかにいいことがあるとしたら、

本来“100の不幸”であるはずのものが、

努力の結果、

“70の不幸”くらいでおさまる。

そんな程度です。

楽しいことなんてまったくないです。


だから、

僕の場合、楽しみを自分で作り出すしかありません。

想像力と遊び心で。

心の中にはいつも、


夢と冒険とロマン


の世界への憧れを秘めていて、

小さなことにもそれを見出し、

喜びにひたっています。

実際、僕のオートバイツーリングなんて、

ほかの人のいろいろな意味でゴージャスなそれに較べたら、

本当にささやかなものですよ。

でも、僕はそのささやかなものの中に、

美やロマンを感じているんです。

スケールが小さくたっていいです。

「コップの中の嵐」と言われたってかまいません。


感性の鈍い想像力に欠けた人だったら、

たとえ月までツーリングしたってなにも感じないでしょう。

なにも得るものはないでしょう。

貴重なその体験を多くの人々に伝えることによって、

人々の心に夢を育むこともできないでしょう。


僕は、

渋谷から新宿まで、

明治通りをわずか10数分間オートバイで走っただけでも、

いっぱい感動します。

この世界の素晴らしさを知るために必要なのは、

生まれつきの幸運による、

世界を動き回れる行動力などではなく、

世界を美しく映せる、

よく磨かれた心の鏡なんです。



「この椅子、このスタンドをかなり永い間じっと見つめていると、旅行しないでも旅行がはじまって、世界がふたたび新しくなる。」

         ウージェーヌ・イヨネスコ(1909〜1994年、
         フランスの劇作家)



とはいうものの、

人間、気持ちだけじゃ生きていけませんからね。

悪いことばかりでいいことが全然なかったら、

アゲインストばかりでフォローがまったくなかったら、

人は疲れきってしまいますよ。

僕も、ちょっと疲れました。

            *        *        *

1月3日、今年初めて走った時の映像です。

冒頭に旅人が登場します。

そのことが珍しいだけで、

特に見どころのない、

長くてつまらないビデオです。






にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
旅人さん、災難でしたね。

車の故障、読んでいて私は「発電機の故障かな?」と思いました。なぜなら、私も25年前に同じ経験をしたからです。そう、日産車。どうも日産車は発電機弱いようですね。

発電機が発電しないので、バッテリーに残ってる電池を使いきってしまうのです。だからパワステが重くなってついにはプラグも点火しなくなってエンジンが停まるのです。

が、放っておくとバッテリーは化学変化で多少電池が溜るのです。だからエンジンがかかってしばらく動いて・・・でもまた電池消費して停まってしまう・・・という現象でしょう。私は高速で走っていてその現象になりました。最後は惰性で高速を降りて、なんとか一般道で脇に寄せて動かなくなりました。本当に危ないですね。気を付けてください。
けいつ〜
2011/02/02 22:52
けいつ〜さん、こんばんわ。

けいつ〜さんも同じトラブルを経験されたんですか・・・
しかし、高速道路で起こったなんて危なかったですね。
僕だったらアセッちゃいますよ。
でも、機転を利かせて安全なところまで移動させるなんて、さすがはけいつ〜さんです。
冷静沈着だし度胸もある。

不審に思っていた、発電機の故障と車のエンジンのかかり具合の関係については、けいつ〜さんの説明のおかげで納得できました。
それにしても、僕は6ヵ月ごとにディーラーに車を点検してもらってたんですが、発電機の障害なんて点検時にはわからないものなんでしょうか?
この種の障害は、バッテリー上がりなどと違って自分で予防できないから始末が悪いです。

1月は、1回しかブログがUPできませんでした。
外国人からくるメールの対応でエネルギーを使い果たしちゃって、ブログの方まで手が回りません。
旅人
2011/02/05 02:40
旅人さん、コンニチワ。
バイク事故の後の更なる追い打ち、車の故障、数万円の出費・・
とんだ災難続きの幕開けでしたね〜。
その後、左腕の痛みのほうは如何ですか?
ツイテいない時って、往々にして嫌なことばかり続くものなんですよね。お察しします。
そうですよね〜。おっしゃるように、楽しみを自分で作り出すことも大切かもね。
私のように日々「同じことの繰り返し」の生活をしていると、たとえ“コップの中の嵐”とは分かっていても、時にはそれが大きな刺激になり、癒されたりするものですから・・
旅人さんを見習わなきゃ。(笑)
それにしても、100の不幸が70に収まるぐらいの不幸になるとか、「不幸中の幸い」の連続のような人生とかって、さすが旅人さん、言い得て妙ですね。
そしてこの感覚、実は私もまったくドンピシャで当て嵌まり、限りなく「他人ごとではない」と思っちゃいました。(笑)
これからは、せいぜい「心の鏡」を磨くことに致しましょう。

そうそう、走り初(ぞ)めのビデオ、今回もじっくり見せて頂きました。
お正月だからでしょうか、周囲の冬枯れの風景がどことなく淋しげで、まるでその日の旅人さんの気持ちを反映しているようで、冷たい“外気”がビンビンと伝わってきましたよ。
今年もお互いに、「想像力「と「遊び心」を忘れずに「夢と冒険とロマン」に向かって切磋琢磨出来れば良いですね。
くれぐれも無理をしないようにネ。
夢子
2011/02/05 12:28
外国人から来るメールの対応で大変?・・・お姉ちゃんですね。なかなか楽しそうですね。(笑)
けいつ〜
2011/02/05 19:52
夢子さん、こんばんわ。

左腕は、日常生活においてはまったく痛みを感じないんですが、オートバイに乗ると痛みます。
実は、今日、立ちゴケした際壊れた愛車のウインカーを修理してもらってきたんですが、乗っている時はやはり痛みました。
片方の手に痛みがあると、バランスが悪くなってライディングが不安定になるため、まだ遠出は無理のようです。

オートバイには乗れないし、外国人からのメールへの対応に忙しくてブログもあまり書けない(先月は1回しか更新できませんでした)しで、運の流れが今までとは変わってきたのかと思ったりしています。
続く
旅人
2011/02/06 01:04
僕を見習うだなんてとんでもないです。
実際、僕は、このブログの最後の部分について、
夢子さんに対しては、
まったくの「釈迦に説法」だと思っているんです。
なぜなら僕にとって、
「遊び心を忘れない」
「想像力を働かせる」
「自らの心の鏡を磨く」
「夢と冒険とロマンに生きる」
などということは単なる憧れに過ぎないんですが、
それを体現されているのが、誰あろう夢子さんなんですから。
ウージェーヌ・イヨネスコの名言は、僕の頭の中では夢子さんのイメージと一体になっているんです。

今まで、
夢子さんに、どれだけの誠実さや勤勉さを見てきたことか。
どれほど心が洗われる思いをし、
どんなに勇気づけられたことか。
僕は、つらいことがあったり、心に迷いが生じたりすると、
まず、夢子さんのことを思い浮かべます。
旅人
2011/02/06 01:18
けいつ〜さん、こんばんわ。

けいつ〜さん・・・
笑いごとじゃないっすよ〜 ( ´ д ` )

相手の人、マジなんですから。
ある意味必死なんですから。

僕は基本的に女の子が好きなんで、
できるだけたくさんの女の子に声をかけ、
一期一会の出会いを楽しみたいと思ってるんです。
しかし、その陰で、
そんな僕の行動をチェックしたり、
傷ついたりしている人がいる。
プレッシャー感じちゃうんですよねぇ。

だけど、やめませんけどね。
女の子へのアクセス。
性分なんで。(笑)

今までの人たちは話題が尽きて撤退していきました。
それでこちらも助かってたんですが。

今度の人とは長いんで、
僕も情が移ってきちゃって。
それで、相手の人もそろそろ話題が尽きてきちゃったみたいなんですけど、なんか気の毒で。
でも、このままだとこちらも大変だし、
永遠にこんな関係を続けるわけにもいかないし・・・
思いは複雑です。

出口が見えないんで、
正直、つらいです。
旅人
2011/02/06 02:23
ん?マジっすか?マジな相談なんですね。

しかも複数?一期一会の出会い・・・うーむ、なかなかレベル高そうですね。しかも外国人ですから・・・がんばってください。
けいつ〜
2011/02/07 09:56
けいつ〜さん、こんにちわ。

世界中のたくさんの女の子たちと知り合いになれるというのは、とっても気分がいいものです。
気持ちが明るくなるし、若返ります。
でも、一期一会がいいですね。
相手がどんなに美しい人でも。
英語を使わなければならないんで。
メル友状態になるとつらい。
けいつ〜さんのようにある程度英語ができれば、問題ないんでしょうけど。

同じアジア人でもほかの国の人たちは、教育を受けてさえいれば英語が話せる人が多いようです。
多くの外国人と接して、日本人がいかに特殊な環境にいるのかがわかりました。
英語ができないというのは本当にハンディーです。
英語さえできれば、国籍など関係なく同国人同士のような感覚で話しができるんですから。
実際、僕も、メールのやりとりをしているうちに、相手は日本人なんじゃないかって錯覚を起こすことがあるくらいです。
旅人
2011/02/07 12:26
こんばんは、旅人さん
僕も、20年ぐらい前同じ電気系で車遣りJAFにお世話成りそれから入会しました。鍵閉じ込めたりとたまに
遣りますが、僕も、少し油断したら又怪我してしまし
でもお互い希望持ち頑張りましょう。
山女魚
2011/02/25 00:35
山女魚さん、こんばんわ。

お久しぶりです。
占いの結果もよく、今年に入って運気が上昇されているようで、心にもゆとりが出てきたとのこと。
なによりです。
ここ数年の冬の時期が終わり、山女魚さんにも待望の春がやってきたようですね。^^

僕の方は、昨年12月からほとんどオートバイに乗れず、立ちゴケしたり、車(四輪)が故障したりと散々です。
また、いろいろあってブログを書くヒマも気力もなくなり、今年に入ってからは月一更新になってしまいました。
おまけに、数日前には、何者かに車に何かをブチまけられて汚され、ワックス洗車をしても、水あか取りワックスでこすっても跡が残ってしまって完全には落ちないという被害に遭いました。

今は生きている気がしません。
でも、山女魚さんが順調そうなので、その点は僕にとっても救いになります。

突き指、早くよくなるといいですね。
旅人
2011/02/25 17:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
災難続き 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる