夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜、そして感謝

<<   作成日時 : 2013/03/10 19:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年も咲き始めた桜。うつろいゆく季節のなかで、感謝するということに思いをはせてみた。


2009年3月3日、

地井武男さんが出演する、

テレビ朝日系列の番組「ちい散歩」で、

イチゴを入れた、

ちょっとオシャレなたい焼きを作る店が紹介されました。

東急東横線日吉駅前にある「黒ねこのしっぽ」です。

画像

       たい焼きをほおばる地井さん(ちい散歩より)。

僕は、

そのたい焼きが食べてみたくなったのと、

それを作って売っている、

若くてきれいな女性に会ってみたいという理由から、

その年の3月15日に、

さっそくその店に行ってみました。

画像

       たい焼きを焼くきれいな女性(ちい散歩より)。

で、その結果

期待どおり、

(母親ではなく)お目当ての女性が店番をしていて、

(彼女は母親と二人で店をきりもりしていました)

彼女はテレビで見るよりずっときれいでしたし、

とても愛想のよい人でした。

また、購入した苺ヨーグルトたい焼きは、

すこぶる美味でした。


僕はすぐに、

そのことをブログに書き、

2009年3月16日にUPしました。

ブログ「苺ヨーグルトたい焼き♪」

がそれです。


以上が2009年3月に起こった出来事なのですが、

僕はそれ以来、

その苺ヨーグルトたい焼きがもう一度食べたい

その女性にもう一度会いたい

会ってブログに書いたことを伝えたい


と、

ずっと思ってきたんです。

そして、今回、

それを実行するはこびとなりました。

最初に訪れてから、

4年もの月日がたってしまいましたが。


2013年3月、

僕は、

自分のブログのURLを記したメモを携えて、

彼女がいるはずの、

横浜・日吉に向けて愛車を走らせました。

途中、

川崎市の多摩川堤防に咲く、

河津桜 を眺め、

また、帰りには川を渡って、

対岸の二子玉川まで行き、

その河川敷に咲く 江戸彼岸桜 を眺める予定でした。

そこで咲き誇る桜の花を眺めながら、

苺ヨーグルトたい焼き が食べられたら、

最高だと思いました。


多摩沿線道路を走り、

河津桜の咲く場所に到着。

低温だった今年の冬の影響で、

本場河津の河津桜の開花も、

例年より遅れたと聞いていましたので、

若干心配していましたが、

期待どおり、

桜は見事に咲き誇っていました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像

       対岸の二子玉川のビルが霞んで見える。

画像

       丸子橋方面を眺める。空は快晴。

桜を堪能し、

ブログ用の写真も十分撮ったところで、

たい焼き店に向かうべく、

再び愛車を走らせます。


綱島街道から、

見覚えのある小さな横道に入り、

東横線のガードをくぐって、

線路沿いに少し走ると、

まもなく日吉駅に着きました。


さて、

お目当てのたい焼き店は、

駅の目の前にあるはず


と憶えていたその場所まで行ってみると、


ないッ! ( °д  °)

ないぞッ!!

その店があるはずの場所には、

別の店がたってる!!



なんてこった。

やめちまったのか?

リオというカレー屋の向かって左隣に、

その店はあったんだけど・・・



○今回の写真

画像

       カレー屋の左隣には別の店が。


○4年前の写真

画像

       カレー屋の左隣にたい焼き店がある。


どうしたんだろう?


隣の店には聞きずらかったんで、

目の前にある駅の交番で聞いてみたんですけど、

なんの情報も得られませんでした。


彼女が結婚したとかで、

寿廃業したとかいうんならいいですけど・・・

ちょっと心配。

地井さんも去年死んじゃったし、

なんかさびしいなぁ。

母娘(おやこ)が幸せになってくれてることを、

祈るばかりです。


帰りは予定どおり、

多摩川を渡って、

二子玉川の江戸彼岸桜を見に行きました。

しかし、

こちらは1本の木が花をつけてるだけです。

やはり厳しかった冬の寒さが影響しているようです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像

       対岸の川崎市中心部のビル群も霞んで見えていた。


毎年忘れずに咲いてくれる桜に感謝です

            *        *        *

僕は、

生まれついて不運で、

これまでの人生、

よいことなんてまったくがなかったんで、

反抗心が強く、

様々なことに対する感謝の気持ちが、

きわめて希薄な人間です。

でも、

今回のことは残念でしたけど、

楽しい思い出を残してくれた、

たい焼き店「黒ねこのしっぽ」の母娘には、

感謝しなければいけないのかもしれません。


それと、

話はちょっとそれますけど、

僕がネット上で、

不特定多数の人間たちから、

いわれのない誹謗中傷の言葉を浴びせかけられている時、

その荒波に逆らって、

僕を擁護し、

僕自身や、

僕のブログの価値を高く評価してくれた人たちがいました。

全体からみると、

100人に1人くらいの、

きわめて少数の人たちではありましたが。


しかしながら、

全体が一つの色に染まり、

他の色を許さないという異常な雰囲気のなかで、

敢えてそれに逆らい、

自ら信じたことを正直に述べるのは、

非常に勇気のいることです。

なぜなら、

そのようなところで、

ほかの人間と違う意見を述べれば、

お祭り騒ぎに酔いしれている連中の反感を買い、

今度はその人が、

誹謗中傷や罵詈雑言の、

矢面に立たされかねないからです。


ローマ時代の風刺詩人ルーキアーノスは、

次のように詩っています。



皆が酔っぱらってる中で

アキンデューノスだけは

しらふで過ごすと言い張った

そいだもんで今度は

彼のほうがひとりだけ

酔ってることになってしまった



呉 茂一訳、紀伊國屋書店「花冠」より



すなわち、

狂気に駆られた多数の人間のなかに、

ひとりだけ正気な人間が混ざっていると、

その人間だけ、

頭がおかしいということにされてしまう、

ということです。



このような危険な状況のなかで、

僕を支持し、評価し、激励してくださったみなさん。

ここで僕は、

あなたがたに、

感謝の言葉と賛辞を、

贈らせていただきます。


みなさん、

本当にありがとうございます。

僕は、

みなさんの高い見識と、

なにものをも恐れない勇気ある行動に、

心からの敬意を表します。



ちなみに、

僕に対する誹謗中傷の元となった、

おかど違いの非難については、

わかる人は、

多くを語らずともわかっていただけてますし、

わからない人には、

どんなに理詰めで説明しても、

やっぱりわからないと思うので、

(世の中にはわからない人というものがいるものです)

僕はもはやこれ以上、

そのことについて、

言葉を費やすことはないでしょう。


帰宅すると、

庭の水仙の蕾がふくらんでいるのが目に入りました。


今年も咲いてくれるんだな。 (=^▽^=)


この水仙は、

何年も前に、

誕生日のプレゼントとして母に贈ったものを、

母が地植えにし、

それが毎年花を咲かせてくれているものなんです。


年々貧弱になってきてますが、

この水仙にも感謝ですね。


今日は、

よく晴れて季節外れの陽気となり、

気温が20度くらいまで上がりました。

おかげで、

心地よい春風のなかを、

快適に走ることができました。

感謝感謝です。


いつも不平不満だらけの、

僕らしくないですけどね。

こんな心境になったのも、

春だからかな。(笑)


蕾がふくらんできた。

画像


種がこぼれて、

別の場所に生えてきたものは、

すでに開きかけてる。


画像



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桜、そして感謝 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる