夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS やられた・・・ ( ´д ` )

<<   作成日時 : 2013/06/11 20:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

災難は、忘れたころにやってくる。


5月25日・土曜日の朝、

2階の一室の雨戸(あまど)を開けようとしたところ、

1個所だけ(そこを開けるのは1週間ぶりだった)、

雨戸が戸袋(とぶくろ)に完全に入りきらない。

いくら力を入れて押しても、

20センチくらいを残して、

それ以上入らないのだ。



なにがつっかえてるんだろう。 ( ・ _ ・) ???



雨戸がある状態では戸袋の中が見えないので、

障害物をつきとめるため、

その窓の雨戸2枚を外すことにした。


雨戸を外し、

1枚づつ階下の玄関のところまで運んでいって、

玄関わきの部屋の柱のところに立てかける。

重い雨戸を持って狭い階段を降りるのは一苦労だった。


さて、

雨戸を外し戸袋の中が見える状態になったので、

恐る恐る中をのぞいてみると・・・

中には枯れ草がいっぱい!

画像

           見えにくいが、奥の方にぎっしりつまってる。


それを見た瞬間、

僕は状況を察知したのだった。





やられた! ( °Д  °)

ムクドリだ!!

ムクドリに、

戸袋の中に巣を作られちまった!!






ふと目の前の電線を見ると、

1羽のムクドリがこちらを見てる。


クソッ!

オマエが犯人(犯鳥?)だな!!


画像

ムクドリ。後日撮影したもの。ウチの周囲には、ムクドリは一つがいしかいないみたいなので、間違いなくこいつが犯人(犯鳥)。


恐れていたことが現実になってしまった・・・

というのも、

ウチから少し離れたところにある家で、

かつて同様のことを目撃しているからだ。


その家では、

いつもその雨戸を閉めっぱなしにしていたらしく、

ムクドリに戸袋の中に巣を作られてしまっていた。

で、

戸袋の手を突っ込む穴からは、

常時ムクドリが出入りし、

穴の付近はフンだらけだった。

おそらく戸袋の中は惨たんたる状態だろう。

さらに、

戸袋の中は洗えないので、

もとのきれいな状態に戻すには、

戸袋を壊さなければならないだろうし、

もしかしたら、

壁も一部はがさなければならないかもしれない。

そうなったらおおごとだ。


僕は、その家の前を通るたびに、

自分の家はそうならないようにしないと

と自らを戒めていたのだった。


しかしながら、

とはいうものの、

全部で21枚もあるわが家の雨戸。

そのすべてを毎日開け閉めするのは容易なことではない。

そのため、

普段使ってない部屋の雨戸は、

数日に一度しか開けない

という状態になってしまっていた。

そして、

今回ついに、

そのつけを払わされるはめになったのだ。


というわけで、

急遽、戸袋掃除大作戦を決行することに。

本当は、

この日、今年7回目の草とりをして、

そのあと、

ちょっとだけバイクに乗るつもりだったんだけど、

それもおあずけになってしまった。


戸袋の中いっぱいの枯れ草をかき出すための道具として、

草削り鎌”の長い柄の部分を利用することに。

画像

       草削り鎌。柄が長い。


では、

清掃作業始め!


屋根に落ちた枯れ草などが、

雨樋(あまどい)につまると困るので、

事前に窓の手すりにビニール袋を貼りつけた。

画像



草削り鎌の柄で枯れ草を掻(か)き寄せる。

画像



掻き寄せた枯れ草や枯れ葉。

羽毛が混じってる。 ( ^ ^;)

画像



枯れ草が1本も残らぬよう、

柄の先にガムテープを巻いて、

さらに綿密に掃除。

画像



戸袋の入口付近や敷居(?)にたまったものを、

庭ボウキで掃いて袋の中へ。

画像



鍵穴(?)につまったやつは、

つまようじで掻き出す。

画像



こうして、

半日がかりでやっと終了。


収穫はこんなもん。

画像

       少なく見えるけど、けっこうあるんよ。


袋の外に落ちた枯れ草が、

屋根の上に乗ってるけど、

これはどうしようもない。

風で飛んでくのを待つしか。

画像



苦労のかいあって、

戸袋の中はきれいに。

画像



さいわい、発見が早かったためか、

フンはされてなかったが、

狭い戸袋の中いっぱいに散らばる枯れ草を、

ただの棒で掻き出す作業は、

想像以上にきつかった。

ホウキのように“掻き寄せる”機能がなかったので、

うすっぺらな枯れ葉を、

掻く”こと自体、

とても困難だったからだ。

それでも、

枯れ葉1枚たりとも残したくなかったので、

鎌の柄を戸袋の床にこすりつけ、

あるいは側面の板に何度もぶつけながら、

必死になって掻き続けた。

おかげで大汗をかいてしまったが、

なんとか作業を完了できた。


最後に、

部屋に落ちたホコリを掃除機で吸いとり、

画像



外して階下に降ろしてあった雨戸を、

また苦労して2階に上げて、

窓にはめ込み戸袋に収納した。


今度は無事に入った。

画像



そして、

さらに、

用心のため、

戸袋の手を突っ込む穴は、

ガムテープでふさいだ。

これでもなんとか、

雨戸の出し入れはできるのだ。

画像



まったく、

とんだ災難だったが、

この数日後、

別の窓の戸袋にも、

ムクドリの作りかけの巣を発見。

同様に苦労のすえ除去した。



それにしても、

僕のところには、

お金とかよいものはまったく来ないけど、

悪いものや、

役に立たないもの、

クズやゴミなどはめいっぱい集まってくる。



かつては毎日のように、

ネコ に庭に フン をされてたし、

そのネコが姿を見せなくなったと思ったら、

今度は ネズミ が大発生。

天井裏をわがものがおに駆け回ってる。

さらに、その天井裏では、

ハクビシン がネズミを追い回して、

大きなモノ音をたてる。

(隣の家はその騒音に耐えかねて、家を建て直した)

また、

一時期、ネコにやられて見なくなっていた ヤモリ が復活し、

家の中まで入ってくるようになった。

*天井裏でネズミを追い回しているのは、ネコではなくハクビシンだと思う。ネコは天井裏に入ったりしないだろう。僕は、ハクビシンが真夜中に電線を伝って歩く姿を目撃しているし、日中に自宅前の道路を横切るのも見ている。また、近所の人からも目撃情報を得ている。あと、自宅から何キロも離れたスーパーの近くでもハクビシンを目撃しているので、おそらく、近隣地域も含めて複数のハクビシンが棲息しているものと思われる。


家のまわりには 雑草 がはびこり、

春から秋にかけては、

重労働の草とりに悪戦苦闘。

今年は6月10日までに、

すでに9回も草とりをしている。

画像

       今年に入って6回目の草とりの成果。

画像

       今年に入って7回目の草とりの成果。

画像

       今年に入って8回目の草とりの成果。


YAMAHAの赤い整備ツナギも、

今じゃ草とりがメイン。


このように、

不要なものや迷惑なものにかぎって、

まるで強力な磁石のように、

誰よりもたくさん吸い寄せてしまう自分。

万事が万事こんな調子だから、

道路にゴミでも落ちてようものなら、

そいつは必ずウチの車庫に入ってくる。


ある時、

例によって車庫に入ってきたゴミ(ビニール袋)を、

腹立ちまぎれに、

外に蹴り出したことがあった。 ← ロックだぜぇ ( ̄一+ ̄) ← どこがじゃっ!

しかし、

そいつは即座にまた車庫に侵入してきたのだ。

いよいよ頭にきて、

今度は蹴りながら、

車庫の塀(へい)に沿って、

入口から少し離れたところまでもっていった。

だが、

やつは器用な動きをしながら、

またもや戻ってきてしまった。

これを見た僕は、

完全に頭に血がのぼってしまい、

今度は塀に沿って、

さらに遠いところまで蹴っていった。

ところがである、

そいつは、

まるで見えない糸で操られてるかのように

あるいは、

自ら意志をもって行動してるかのように

正確に塀に沿って移動してきて、

最後は“Uの字”を描くように回り込んで、

無事、わが家の車庫に帰還してしまったのだ。


その異様な光景をまのあたりにして、

僕は思ったのだった。



“こりゃ、だめだ。

いくらがんばっても無駄だ”
←僕の人生といっしょ

と。



神だか悪魔だか知らないが、

僕を損(そこ)なおうとする何者かの、

執念みたいなものを感じた瞬間だった。


            *        *        *


まったく、

よいことは一つもなくて、

悪いことばかり。


この言葉は、

今まで何度も口にしてるんだけど、

僕の人生それっきゃないんで、

しかたないんだ。


5月には、

毎年、夏になると出てくる水虫が、

急激に悪化して、

右足先がしもやけみたいに痛がゆくて、

満足に歩けないような状態になった。

あわてて、

昨年の12月にもらって以来、

一度も使ってなかったラミシールという薬を塗ったら、

即座に症状が治まった。

薬ってありがたいもんだね。 (=^▽^=)


それはいいんだけど、

このところ、

全身のあちこちに起こる、

別のかゆみに悩まされてる。

その部分の皮膚は、

丸く赤くなってるんだけど、

蚊にさされた時と較べて、

その赤みが濃いような気がする。

ネズミやハクビシンと同居してるので、

虫がわいてるのかと思って、

皮膚科で聞いてみたのだが、

湿疹なのか虫さされなのかは区別がつかないという。

バルサンをたいてみたら

と、

アドバイスされたんだけど、

小さい部屋がいくつもあって、

各部屋がすきまだらけのわが家で、

どうやってバルサンを使ったらいいのかわからない。

台所の食器や調理器具が汚れるのもいやだし。

あと始末が大変そうだし・・・

それに、

部屋にいる虫を殺したところで、

野生動物といっしょに暮らしてるんだから、

虫なんて、

またすぐにわいてきちゃうだろう。


とにかくかゆくてたまらん。

そうかといって、

湿疹用に処方されてる副作用のあるステロイド剤を、

かゆみ止めとして常用するわけにもいかないし。


困ったもんだ。


築50数年のわが家。

昔の家はすきまが多いから、

風通しがよく、

今の家に較べて長持ちするんだそうだけど、

動物が入ってきちゃうのが難点なんだそう。


それにしても、

いつまでこの家で暮らしていけることやら。

かつて何人もの家族がいて、

たくさんのモノが蓄積してるこの家から、

引っ越すとしたら、

そりゃ大変なことだ。

引っ越し作業もひとりでやんなきゃなんないし。

考えただけで気が滅入ってくる。


そのほかにもいろいろあって、

毎日が憂鬱。


かといって、

よいことも、

気晴らしになるようなことも、

なんもない。


オートバイに乗っても、

昔のようには楽しくないし。


最近の楽しみといったら、

出かけた先で、

お気に入りのバヤリースオレンジを飲んだり、

画像



スーパーで買ってきた、

昔風のナポリタンを食べることくらい。

画像



ハア〜 ε= ( ´д ` )

あまりにもささやか。


このように、

たくさんの悩みをかかえながら、

草とりをしたり、

つまらんブログを書いたりして、

僕の一生は終わるんだろうか?

このまま朽ち果ててしまうんだろうか?

そう考えると、

今にも心が暴発(ぼうはつ)しそうになる。

でも、

暴発しちゃったら、

そこで、

ジ・エンド。

だから、

必死になって抑えてる。

しかし、

このままじゃ、

風せんのように、

上空に上がって破裂するか、

地上に留まったまま、

次第に空気が抜けて、

しぼんでしまうかの、

どっちかだ。



このままで終わりたくない。

心からそう思う。


運命はどうしようもないし、

現状では、

手も足も出ないけど、

それでも、

あきらめることなんてできない。


目の前に立ちはだかる壁を、

一つずつ壊していく。

それしかないだろう。

奇跡を信じつつ。


まあ、

当面は耐えるしかない。

今まで、

何十年も耐えてきたんだから・・・


にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うちは今まさに、むくどりに巣を作られて、毎日ピーチクパーチク騒音に悩まされています

卵が孵化する前に、巣を掻き出しておくんだったなぁと後悔…

多分あと1ヶ月もしないうちに、雛は巣立つと思うので、それから頑張りたいと思います
うさ
2014/05/15 15:17
うささん

コメントありがとうございます。 (=^▽^=)

て・・・

あらま!! ( °Д °)

ヒナまで生まれちゃったんですか!
そりゃ困りましたね。
フンもされちゃいますし。

家事をするようになってわかったんですけど、家って、注意してないと、いろんな生き物が集まってきちゃうんですよね。
ウチは、ムクドリのほか、ネズミやハクビシン、庭の雑草などに悩まされてます。

家を維持するって大変。
でも、おっしゃるように、もうしばらくの辛抱だと思います。ムクドリが出て行ったら掃除頑張ってください。

で、
ウチでは、戸袋の手を入れる穴に黒いガムテープを貼ったんですが、連中そのテープを穴だと勘違いしてブチ当たってました。(笑)
とにかく、何回でもきますから、今度は早めに追い払ってください。
旅人
2014/05/15 21:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やられた・・・ ( ´д ` ) 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる