夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS ライポジ、洗濯、草とり

<<   作成日時 : 2013/09/26 19:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

生きてるよ



なんとか (´・ω・`)

画像

       2013年9月22日撮影。ライムグリーンがきれい。


で、

突然なんだけど、

僕は、

ライポジ(ライディングポジション)って大事だと思ってる。


ライポジは、

ハンドルの高さや、

ハンドル、シート間の距離などで決まるんだが、

それによって、

身体における負担のかかる場所が違ってきたり、

異なったスチュエーション(街中、峠等)での、

走行性に影響が出たり、

疲れやすさに違いが出てきたりするからだ。


ライポジには主に3種類のパターンがあって、

上半身について言うと、

ほぼ垂直になるもの(通常のネイキッドバイク、オフ車など)

後ろにそるもの(アメリカンなど)

前かがみになるもの(SSやレプリカなど)


がそれである。


そのくくりでみると、

僕の愛車、カワサキNinja250R は、

どちらかというと、

前かがみ系(前傾)の部類に属するバイクなのだが、

僕にとっては、

このライポジが最適なのだ。

というのも、

もともと腰痛持ちの僕は、

腰に負担のかかる姿勢を長く続けられない。

しかし、

上半身が垂直になったり、

後ろにそったりするタイプのバイク
だと、

上半身の体重がすべて腰にかかってきて、

腰への負担が大きくなるため、

腰を傷めやすくなってしまうのだ。

その点、

Ninja250R のように、

上半身が前かがみ(前傾)になるタイプの場合は、

上半身の体重が、

ハンドルをにぎる手や腕にも分散するので、

その分、腰への負担が軽くなり、

結果として、

腰にやさしくなるというわけだ。


実際、僕の場合、

愛車に乗る前には腰痛に悩まされていても、

何時間か乗ってるうちに、

自然とそれが治ってしまうことがほとんどなのだ。

こうなると僕の愛車は、

まさに、腰痛治療器!


もっとも、

これはあくまでも、

僕一個人のケースなのであって、

同じ腰痛持ちでも人によっては、

これに当てはまらない場合があるかもしれない。



この微妙な前傾姿勢が、

腰への負担を軽くしてくれる。 d (=^▽^=)


                 

画像



下は、1993年当時の旅人。

愛車は1990年式ホンダNSR250R。

ご覧のようにハンドルが低く、

腰に負担がかからないのはよいのだが、

逆に低すぎて、

手の方に負担がかかってしまい、

手首に腱鞘炎のような痛みが出てきたりした。



DVDをテレビで再生し、

その画面をデジカメで撮ったもの。

絵画みたいに味のある画像でしょ。 (=^▽^=)

                 

画像


旅人の、

ライディング時の姿勢がわかる動画。

撮ってくれる人がいないので、

定点カメラで撮影。(笑)


                 







            *        *        *


ガソリンを入れるため、

スタンドに立ち寄り、

ついでにエアチェックをしてもらったところ、

店員さんから次のように言われた。



前後輪とも

タイヤに亀裂が入ってますね

そろそろ換え時じゃないですか




驚いて、

店員さんの指さす方を見ると、

タイヤのサイドに、

確かに亀裂らしいものが見える。

画像


まだスリップマークも出てなかったんで、

安心してたんだけど、

まさか、

サイドの方に問題が起きてるなんて、

考えてもみなかった。

20年以上バイクに乗ってて、

こんなこと初めてだ。


もっとも、

かつては今よりずっと距離乗ってたから、

タイヤが経年劣化を起こす前に、

スリップマークが出て、

タイヤ交換してたんだろうな。

それにくらべ、

今はあまり乗ってないから・・・


いずれにしても、

足まわりのトラブルは、

大きな事故につながる恐れがあるので、

ショップでみてもらうことにした。


ということで、

ショップに行ってみてもらったところ、

店長さん曰く、


この程度ならまだ心配ないですよ


とのこと。


ホッとした。

これで安心して乗ってられる。

それに、

両方のタイヤを換えるとなると、

たとえノーマルタイヤでも、

けっこうな出費になっちゃうから。

ただ、

タイヤの場合、

接地面と違ってサイドの部分は弱いから、

注意を怠らないようにしようと思った。

年数もそれなりにたってるし。


帰る途中、

コンビニに立ち寄って、

ソフトクリームを食べた。

バニラ味。

カキ氷やアイスキャンデーより、

コクがあっておいしいかも。 ( ^一。^ )

真夏じゃないからね。

画像



帰宅して、

愛車を車庫に入れ、

マフラーが冷めたら、

シートカバーをかける。

いつもながらのことで、

もう何百回もやってることなんだけど、

カバーをかけ終え、

そこにたたずむ愛車を見てると、

自ずから、

愛おしさや、

誇りに思う気持ちが湧いてきて、

ほのぼのとした幸せに包まれる。




今日もお疲れさま!



画像



            *        *        *


今から15年くらい前、

90年代後半の頃に買って、

数回着たきりで、

洗濯もせずそのまま放置していた、

ライダー用ジャンパー。

画像

       右胸(向かって左側)にプリントされた文字に注目。

久しぶりに着てみようと思い、

とりあえず洗濯することにした。


で、

洗濯してみたら・・・


なにかわからないが、

白っぽい小さな“切れはし”みたいなものが、

いっぱいついてる。

画像

       見えにくいけど、小さな白いゴミみたいのが・・・

そいつは、

いっしょに洗濯したパンツとかにも、

ついてた。 (´д `)


洗濯カゴにも、

画像


陰干しするために干した廊下にも、

ついてた。

画像


しょうがないので、

外に出て、

その白いものをはたき落とした。


衣類については、

裏返して裏側もすべて。

それでもとれないものは、

乾いてからガムテープでとることにした。


洗濯機の中のものは掃除機で吸いとった。


やれやれ、えらい目にあったな

それにしても

この白いものはなんなんだろう?



と、

考えるうち、

あることに思い当たった。


もしかして、

ジャンパーにプリントしてあった文字?


見ると、

確かに洗濯する前にはあった、

右胸部分にプリントされていた文字がなくなってる。


下の写真と、

この章冒頭のジャンパーの写真を比較してみて。

画像

       右胸(向かって左側)にあった文字がなくなってる!


これだ!!

間違いない!




ジャンパーにプリントされていた文字がはがれ落ち、

細かい“切れはし”となって、

いろんなものにくっついてしまっていたのだ。


あらためてよく見ると、

背中の部分にプリントされていた文字もなくなっている。



どうしてこんなことに・・・

経年劣化によるものだろうか?

それでなくとも、

昔のバイク用品は、

今と較べて格段に質が落ちたからな。


それとも、

洗濯のしかたが悪かった?

タグを見ても、

なんだかよくわからなかったんで、

そのまま洗ったんだけど。


まさかの手洗い?


手洗いするにしても、

ライダー用は汚れがはげしいから、

かなりゴシゴシこすらないと、

落ちないと思うよ。



洗濯後、

ほとんど見えなくなったタグ。

画像


ま、

文字なんてなくなっても支障ないし、

そろそろメッシュのジャンパーじゃ寒くなってきたから、

この次乗る時から着るとしよう。


            *        *        *


8月上旬までに、

13回にわたって行なってきた草とりだが、

同中旬以降は暑さのため、

まったくできない状態が続いた。


しかし、

9月に入り、

ようやく涼しくなってきたので、

そろそろはじめなければならないのだが・・・


猛暑で満足に寝られなかったり、

夏風邪をひいたりして、

夏のあいだに、

すっかり体力が落ちてしまったこの身体。

おまけに、

長いあいだ重労働から遠ざかっていたため、

すっかり怠けグセがついてしまった。

こんなことで、

今までのようにやりおおせるのかと、

一抹の不安が心をよぎる。


そうした思いから、

“今度、また今度”と、

先送りしてきたのだが、

9月も下旬となり、

いよいよやらないわけにはいかなくなってきた。

これほど涼しくなってきたのに、

庭を草ぼうぼうにしとくのは、

さすがに気がとがめる。


というわけで、

思いきってやってみたのだが、

思いもよらず順調にことがはこんだ。

涼しいせいか、

ほとんど汗もかかず、

疲労も感じずに、

その日の目標を達成することができたのだ。



助かったよ

マジで




これで秋以降もなんとかいけそうな気がした。

今後の生活のめどがついた。

なによりも、

門のところから、

電気のメーターやガスのメーターのある場所までの通路を、

きれいにできたのがよかった。

検針の女性たちに、

いやな思いはさせたくなかったから。



今回の草とりの成果。

意地と誠意と努力の結晶。

パンパンにふくらんで、

ズッシリと重い袋を前にして、

僕は、

ささやかながら、

誇りみたいなものを、

感じたのだった。

画像



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ライポジ、洗濯、草とり 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる