夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS AKB握手会、海 etc

<<   作成日時 : 2015/05/06 22:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

AKB握手会会場での出来事、海に行ったこと、最近の自身の生活



初めにことわっておくけど、

この記事のタイトルについてる “etc” という言葉は、

有料道路の銭取りマシンのことじゃないからね。

フランス語の「エトセトラ」の略で、

「その他いろいろ」ってほどの意味だから。 d (`・ω ・´)





バイクで、

横浜の「みなとみらい」に遊びに行ってきた。


空は快晴。

画像



ぶらぶらしてるうちに、

お昼になったので、

ランチを食べに、

パシフィコ横浜へと向かった。


パシフィコ横浜は、

90年代にしばしば訪れた、

思い出の場所。


というのも、

当時、ここで、

東京モーターサイクルショーが、

何度か開催されたからだ。


特に、

1999年のそれは、

つむぎちゃんという、

すごくきれいなキャンギャルと出会えた、

思い出深い回だった。


つむぎちゃんは、

カワサキのキャンギャルとして働いてて、

その時会場にいたキャンギャルの中でも、

一番の美人だったんだ。

僕好みの、

明るく健康的な感じの子だった。


で、

彼女の方でも、

僕に対して、

まんざらでもないような印象を、

抱いてくれてるように思えた。


下の写真(アナログ)が、つむぎちゃん。

画像

       つむぎちゃん


この写真を撮った時、

どういうわけかフラッシュがたかれなかったんだけど、

美しい彼女を前にして舞い上がってた僕は、

そんな気はしたものの、

撮り直しはせず、

そのまま放置した。


結局、

出来上がってきた写真の暗さを見て、

フラッシュがたかれなかったことを、

確認することになったのだった。


そういえば、

撮影後の彼女、

不安そうな表情を浮かべてたっけ。

明らかに、

フラッシュがたかれなかったことに、

困惑してたようだった。



さあ、

その思い出のパシフィコ横浜へ、GO!!

画像



2階の入口を入ると、

まず、「AKB48握手会会場」と書かれたプラカードが、

目に飛び込んできた。

画像




へえー、こんなとこでやってんだぁ ( ´д ` )


なんて、思いながら、

そのまま、

手を洗うためにトイレに向かった。

駐輪場で愛車の前輪にチェーンを取り付けた際、

手が汚れたんで、

食事の前に洗いたかったからだ。


トイレに入ると、

入口を入ってすぐのところに、

首からカードをぶら下げた、

あやしい男が立っていて、

鋭い目で僕を一瞥(いちべつ)した。


その突き刺すような視線に、

一瞬、たじろいだが、


なんだこいつ!


って思いながらも、

無視して、

洗面所で手を洗いはじめた。


顔をあげて鏡を見ると、

そこには、

その男がものすごい目つきで、

こちらをにらんでる姿が映ってた。


やっぱり・・・


おそらく、

その男はイベントの警備関係者で、

不審な者が来ないか見張ってたんだろう。

昨年の、

AKBの握手会での斬りつけ事件以来、

運営サイドは、

会場の警備に神経をとがらせてるんだと思う。


しかし、

それにしても、

不快なことこのうえない。

トイレには、

ほかにもたくさん人がいたのに、

僕だけを見てたのが気に入らないし、

その男の目は、

まるで犯罪者を見るような、

憎しみのこもったものだった。


なんで、

ただトイレを利用しただけで、

そんな無礼な態度を、

とられなければならないのか?


もちろん、

警備の必要性や、

それが厳しくならざるをえない事情はわかる。

不審者に目を光らせるのは、

当然のことだろう。


しかしながら、

不審者でもなんでもない者を、

“敵意むきだしの目でにらみつける”

という手法はどうだろう。

あまりに子供じみた、

稚拙なやり方じゃないだろうか?

人を観察するにしても、

なにも目を三角にする必要はないだろう。

ごく普通に、

穏やかな視線で、

相手の素性を見きわめることだって、

できるはずだ。


アイドルというのは人気商売だし、

そのイベントは人々を楽しませることを、

目的とするもの。

だったら、

犯罪とは無関係な人間、

ましてや、

ファンとして好意を抱いてるような人間に、

不快な思いをさせることは、

厳につつしまなければならない。



それにしても

オレって

そんなにあやしく見えるんだろうか?


今まで

やさしそうに見られてるとばかり

思ってたんだけど


子供や動物に好かれる方だし




ランチのあと、

1階に降りてみると、

なるほど、

握手会が行われてた。

画像



ちなみに、

ランチはカレーライスを食べた。

画像



            *        *        *


4月下旬、

久しぶりに海に行ってきた。



海はいい


潮騒(しおさい)を聴き

潮風に吹かれながら

陽光きらめく

遙か彼方の水平線を見つめていると

いやなことも忘れられる


心が広く大きくなって

日常のささいな出来事なんて

どうでもよくなる


海は、僕の魂を解放してくれる


自由になった僕の魂は

希望に満ちた未来に向かって

大海原の上をはばたいてゆく


画像

       鎌倉の由比ガ浜の駐輪場にて。


この写真で気に入ってるのは、

海の色。

写真が小さいので、

わかりにくいかもしれないけど、

水平線に近い遠くの方が紫がかった色で、

手前の岸に近い方が淡い青色をしてるのだ。


少し拡大してみる

画像



この手の色合いは、

千葉の海で何度か見かけたが、

神奈川の海では、

少なくとも70回くらい来てる中で、

初めて見る。

非常に珍しい。


世界的保養地、

メキシコのカンクンの海の色は、

鮮やかな水色で、

そういう色の海は世界でも少ないと思うのだが、

今回、由比ガ浜で見た海の色は、

それに近いと思う。


ただ、

当然のことだけど、

カンクンのように、

いつでもそういう色というわけじゃない。

今回、たまたま光の加減かなんかで、

そう見えたにすぎない。

何十回も見てるのに、

今までそんな色に見えたことなど、

一度もなかったんだから。


ちなみに、

日本の伊豆半島から薩摩半島までの、

太平洋側の海の色は、

僕が見たかぎりでは緑色。

水色に見えたことはない。



話は変わるが、

実を言うとこの写真は、

僕的には奇跡の1枚なのだ。


というのも、

この日は薄曇り(花曇り)だったんだけど、

こういう日に逆光気味の状況で、

海の写真を撮った場合、

僕のデジカメの性能では、

色彩をうまく捕らえられず、

みな、墨絵のような白黒写真になってしまう。

実際、これ以外の写真は、

すべてそうなってしまった。


汚くて、

見る気もしないような写真になった
 

画像

       鎌倉の由比ガ浜。


ところが、

帰りがけに、

“なんとなく撮った”

1枚(最初に掲載したバイクと海の写真)だけが、

撮影時に、

たまたま太陽が顔を出してくれたおかげで、

色彩のある写真になったのだった。


それと、

今回のツーリングの目的の一つは、

この由比ガ浜の駐輪場で、

海を背景とした愛車の写真を撮ることだったのだが、

いざ、来てみると、

強風のもと、

スーパーの袋みたいな白いビニール袋が、

あちこちに散乱しており、

それが風に乗って、

そこらじゅう飛びまわってるような状態だった。

写真を撮れば、

どうやったってそいつらが写り込んじゃう。

そんな、よく目立つゴミがいくつも写った写真なんて、

とてもじゃないけど見る気になれない。


でも、

最近は、なかなか出かけられなくなってるし、

今度、いつこれるかわからないし・・・


ということで、

ここは、目をつぶって撮るしかないと思った。


愛車を撮影後、

砂浜に降りて、

何枚か写真を撮ったのち、

帰宅すべく再び愛車のもとに戻ってきた。


その時、

前述のように、

“なんとなく、

もう一度、

愛車の写真を撮ろう”
と、

思ったのだった。


で、

ここからは帰宅後の話なのだが、

その最後に“なんとなく撮った”1枚の写真を、

パソコンで見ていて、

あることに気づいた。


それは、

あんなにいくつも落ちてた白いビニール袋が、

一つも見あたらない


ということ。


すなわち、

不快なゴミどもが、

まったく写真に写ってない!! ( °д  °)


ということだった。


みんな、

どっかに飛んでってしまったんだろうか?

写真を撮ってる時は、

まったく気づかなかったけど・・・



こりゃ奇跡だ!!



撮るつもりはなかったのに、

“なんとなく”

撮ってしまった写真。

でも、

その“なんとなく”のおかげで、

色彩があって、

ゴミが写ってない写真が、

撮れたのだった。






ま、

こんなもんなんだろうな。

一生懸命がんばって撮った写真が、

1枚もまともに撮れてなくて、

撮るつもりなんてなかったのに、

ただ、“なんとなく撮った”写真が、

イメージどおりに撮れてる。


世の中

所詮、運なんだよ

運!!




やさぐれて

こんなこと言ってるわけじゃない

これが真実なんだ



            *        *        *


今年も3分の1が終わった。


時間のたつのは早いって、

常々、思うわけなんだけど、

逆に言うと、

そう思いながらも、

生きながらえてるってことは、

まあ、なんとか、

大過なくすごしてるってことであり、

めでたいことなのかもしれない。


ということで、

投稿が少ないこのブログ、

前回の投稿から、

だいぶ間があいてしまったので、

その間の旅人の生活ぶりをお伝えすべく、

3月にさかのぼって書いてみることにした。



今年も、

毎年恒例になってる、

多摩川堤(たまがわづつみ)の河津桜見物を行なった。


3月上旬には満開になるこの桜は、

僕に、新たな1年の始まりを感じさせてくれる。

画像


画像



うーむ、

平成も、

もう27年目に入ったのか。

なんもいいことないのに、

がんばって生きてるなぁ、

自分・・・


そんな僕が、

何を楽しみに生きてきたかというと、

オートバイ

そして、AKB(48グループ)

そして、食べ物



オートバイは、

僕を、“夢と冒険とロマン”の世界に、

誘(いざな)ってくれる。

気分を高揚させ、

生きてることの喜びを感じさせてくれる。


僕が、今乗ってるNinja250Rは、

ライディングポジションが素晴らしく、

腰が痛い時でも、

これに乗れば治ってしまう。


オートバイというアイテムは、

心身を健康にしてくれる、

理想の健康器具みたいなものだ。




AKB(48グループ)は、

僕たちに生命(いのち)の息吹(いぶき)を吹き込んで、

生命(いのち)を燃焼させてくれる。

彼女たちは、

生きたアートであり、極限のアートであって、

人類史上最高の美の化身(けしん)だ。

母亡きあと、

僕は、AKB(48グループ)のおかげで生きてこれた。




食べ物に関して言うと、

一般的なグルメなどには、

興味も関心もなく、

かといって、

料理もできない僕にとって、

最高のごちそうは、

昔から好きだった、

袋メンの、

サッポロ一番しょうゆ味(卵2個入り)

画像



キャベツを入れると、

もっとおいしくなるんだけどね。 ( ^ 一。 ^ )


あと、

ナポリタンやミートソースなどの、

スパゲッティーなども大好き。

画像



量が少ないんで、

一度に2種類楽しめる。 (=^▽^=)



7年前に母を亡くしてからは、

毎朝、パンを食べてるんだけど、

そのパンの袋を閉じてる、

“なんとかクロージャー”も、

こんなにたまった。

画像



これは、

母亡きあとひとりぼっちになった僕の、

生きてきた証(あかし)だ。



1987年頃からためはじめた、

有料道路の領収書も、

こんなにたまった。

画像



その中でも、

一番古いものの一つ、

1987年12月29日に、

箱根方面にツーリングに行った時の、

厚木・小田原道路小田原料金所の領収書。

画像



この年の12月下旬は、

暖かい日が多く、

この日も東京の最高気温が17度まで上がって、

標高千メートル余の箱根大観山の頂上でも、

まったく寒さを感じなかった。


で、

下の写真は、

まさに、その1987年12月29日に、

箱根大観山の山頂で撮影したもの。

画像



若いねぇ


この頃は

家事なんかいっさいやらずに

遊びまわってたなぁ

まだ、人生に希望をもってたし・・・






今は

レジャーより家事

草むしりに追われてるよ

今年は3月から大忙しだ

画像

       45リットルの袋にびっしり満杯。





●旅人のAKB48関連ブログ一覧

  クリック プリーズ!

         

★AKBの恋愛問題に思う
★あるアイドルの言葉
★レコード大賞批判
★いろいろ(2015年7〜10月)
★AKB握手会、海 etc
★HKT48 森保まどか
★2人のアイドル、高橋みなみの卒業
★AKB48 渡辺麻友の事件について
★AKBの女の子
★命のたぎり
★AKB大組閣の意図について
★AKB48のファンをやめる(ペナントレース制に異議あり)
★秋元康氏は天才!
★オートバイ、そしてAKB48
★AKB48篠田麻里子の卒業
★AKB48の本領
★旅立ちの日に〜前田敦子卒業、頂点に立つ者の宿命とは
★ファースト・ラビット
★AKB48前田敦子卒業
★おめでとうAKB48
★AKBの実力は少年野球なみ?!
★AKB48会いたかったツーリング
★AKB48は美しい!






                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
AKB握手会、海 etc 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる