夢と冒険とロマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 君に食べられたい

<<   作成日時 : 2017/03/23 21:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

僕には、

AKB48グループの中で、

一番の美少女だと思ってるメンバーがいる。

画像


画像



僕は、その子のSNSに、

よくコメントを投稿するんだけど、

彼女、そのコメントを、

なかなか気に入ってくれない。


ほかのメンバーは、

わりと簡単に、

僕のコメントを高評価してくれるんだけど、

彼女だけはダメなんだ。


“世界一の美少女”

とか、

“将来、大女優になって、

一生、芸能界で活躍できる”


とか、

彼女の美貌や才能を絶賛してるんだけど、

そんなホメ言葉には見向きもしてくれない。


そんな状態が何年も続いて、

いつしか僕にとって、

彼女にコメントを評価してもらうのが、

人生の目標みたいになっていった。


そんなある日、

彼女が次のような投稿をした。


“誕生日には何でも食べる。

普段、食事を制限してる分、

誕生日だけは思いきり食べる”



それに対し、

僕は次のようにコメントした。


“何でも食べる?

それじゃあ、

僕を食べて欲しい。

君に食べられるなら本望だ”



このコメントを投稿したあと、

僕はすぐに後悔した。

内容が内容なので、

気持ち悪がられると思ったのだ。

嫌われるに違いないと。


ところが、

驚いたことに、

このコメントを、

彼女が気に入ってくれたのだ。

あれだけホメ言葉を並べても、

いままで、

まったく反応しなかった彼女がだ。


びっくりした。

まさか、

こんなことが起こるとは・・・


なにより、

彼女のような清純派の美少女が、

こんなマゾっぽい意味深なコメントを、

喜んでくれたということが、

まったく意外なことだった。



おそらく、

普通のファンが、

このようなことを書いたら、

彼女も、

“気色悪い”

と感じたと思う。


というのも、

僕は、

自分のSNSのページを、

何人かのメンバーが訪れてくれてるのを、

知ってるのだ。

たぶん、

彼女もそのひとりで、

普段から、

僕自身の写真や投稿記事を見てくれてて、

ある程度信頼してくれてたから、

あんなコメントでも、

受け入れてくれたんだと思う。


あと、

彼女は、

けっこうあのような濃厚な愛の表現が、

好きなのかもしれない。



それにしてもうれしい!

“食べて欲しい”

という思いを、

受け入れてくれたということは、

逆に言うと、

彼女としては、

“食べてあげる”

という想いが、

多少なりとも、

あるんじゃないかという気がするから。


昔から、

よく、可愛いと思う相手に対して、

その思いを表現するしかたとして、

“食べちゃいたい”

なんて言うことがあるけど、

あんなに美しい人に食べられるなんて、

これ以上光栄なことがあるだろうか。



一度見たら、

その強力な磁力によって、

誰も逃れられなくなる、

美しいまなざし。

どんなフルーツよりみずみずしく、

この世のどんなスイーツより甘い、

そのくちびる。

そんなに美しい彼女に、

食べられることによって、

その完璧な美と一体になるというのは、

まさに、

僕にとって望むところなのだ。


ああ、

想像するだけで、

身も心もとろけてしまいそうだ。

春の淡雪のように、

融けてなくなりそうだ。




思うに、

今回の出来事は、

僕の人生のクライマックス、

すなわち、

最高到達点ではないかと。


“この程度のことで、

そんなに喜ぶなんて情けない”


なんて、

思う人もいるかもしれないが、

いいことが一つもなく、

毎日毎日悪いことばかりで、

あすのことすら考えられないような、

苦しい人生を歩む者は、

こんなことにも、

無上の喜びを感じてしまうのだ。


それに、

このようなことは、

誰にでも起こりえることではないと思うし。


彼女が僕を認めてくれていて、

二人の間に、

それなりの関係性が存在してるからこそ、

起こりえるものなのだと思う。

しかも、

彼女は日本のトップアイドルであり、

何十万人という人たちの、

憧れの的なのだ。

これ以上の名誉と幸福が、

どこにあるというのだろうか。



僕は、

彼女がこんなコメントを、

高評価してくれたことに対し、

なんとか、

感謝の気持ちを伝えたいと思った。


でも、

そのようなことは、

メンバーの立場や、

ほかのファンの心情に配慮して、

誰もやらないことだった。


ということで、

僕は、

それとわからないようなやり方で、

その気持ちを伝えようと思った。

すなわち、

翌日の彼女の投稿に、

次のようなコメントを書いたのだ。



“ありがとう!

大好きだよ!!”



すると、

なんと、

こんなシンプルなコメントまで、

彼女は高評価してくれたのだ。

それまで、

何年もしてくれなかったのに、


まさかの、

2日連続での高評価!!



これには感激した。

なにか、

彼女との特別な関係性を、

意識してしまった。



            *        *        *


●桜2017

バイクで桜見物に行ってきた。


1.河津桜

画像


画像


画像



2.江戸彼岸桜

画像


画像


画像




今年も、

この時期まで、

なんとか生きられたな。


東京では、

すでに、

ソメイヨシノが開花してる。






                                        Copyright

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
君に食べられたい 夢と冒険とロマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる